• エウレカプレス
  • |
  • エウレカプレス 第5弾 脚本 佐藤 大 インタビュー
  • ココだけ

エウレカプレス 第5弾 脚本 佐藤 大 インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の劇場版3部作でも脚本を担当した佐藤 大さん。
レントンにフォーカスした『ハイエボリューション1』の見どころはもちろん、 キャラクターとしてのレントンの魅力や、脚本作りの苦労について話を伺った。

――『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』はレントンにフォーカスした内容でした。佐藤さんにとってレントンはどんなキャラクターですか?

もちろんカワイイし、大切なキャラクターなんですけれど……13年前にTVシリーズで書いた時から苦労は多かったキャラクターですね(笑)。難しかったのはモノローグで、説明的になってもいけないし、それが全部レントンの本音だって思われるのも難しい。そこで当時はいまはいない姉のダイアンに向かって語るという体裁を選んだんです。

――『ハイエボリューション1』でもレントンのモノローグは印象的に使われていました。

今回の企画は、途中まではモノローグが入らない予定だったんですけど、映画の内容が現在の形に決まる前後で京田(知己)監督との打ち合わせで「やはりモノローグは必要だろう」と。「また来た!」と思いましたよ(笑)。今回はモノローグにアッパーな感じがほしいと京田監督からのオーダーもあったんですが、これが難しくて。言っている内容は愚痴みたいなものなので、ちゃんとアッパーにしないと、おもしろさが出ないというか、単なる愚痴になっちゃうんです。一度書いて提出したんですけど、どうしてもしっくりこなくて、アフレコの2日前にまた頭から書き直して、ようやくしっくりきたものが書けました。

――そういう時はやはりノリを確かめるために音読したりするのでしょうか。冒頭のモノローグで、崩壊、復興、再建、覚悟、夢と言葉を重ねていくところなどはかなり音楽的でした。

音読はします。今回のモノローグに限らず、大事なセリフのところは、句読点が変なところに入って流れが崩れていないか確認するためにも声に出して読みますね。今回のモノローグはそのうえで、アフレコで三瓶(由布子)さんがバシッと演じてくれまして、それでしっかりレントンの言葉になったと思いました。

――『ハイエボリューション1』では、TVシリーズに登場した場面も、作画で加筆したり、セリフも変更が加わっています。

そうですね。たとえばわかりやすいシーンだと、レントンがチャールズに連れられてトラパーの滝を見にいくシーン。TVシリーズでは、チャールズはフリーランスという生き方について説明しているんですが、今回はまったく違うセリフになっています。レイブ会場でチャールズと会うところも、TVでは初対面ですが、こちらは家出先で再会した会話になっている。このへんはもとのセリフの長さに合わせてセリフを変えたところが多くて、どうしても入らないところは口パクの長さを変えたりもしています。

――普通の脚本と違って、セリフの長さがある程度決まっているところに書くのは大変ではないですか?

大変です(笑)。そのキャラクターらしい言い回しで、かつ伝えなくてはならないことが伝わるように、いろんな言い回しを列挙しながら、文字数を数えながら書きました。そういう意味では、曲先でそこに歌詞をつけていく作詞家に似た作業でしたね。

――2018年には『ハイエボリューション2』が控えています。

ティザーポスターでもわかるとおり、次はアネモネのお話になります。『エウレカセブン』は作り手側が試される作品という実感がありますが、特に『ハイエボリューション2』は三部作の真ん中なので、難しい部分が多い作品です。そこで予定調和を崩しながら、なおかつ『エウレカセブン』という作品だと思える作品になることを目指していますので、楽しみに待っていただければと思います。

PROFILE

佐藤 大(さとうだい)
●脚本家。 主な参加作品に『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(脚本)、『FREEDOM』(シリーズ構成・脚本)、TVドラマ「ノーコン・キッド〜ぼくらのゲーム史〜」(脚本)

今回、登場いただいた佐藤 大さんも出演する生番組配信が決定!!

番組名

エウレカセブンPresents Blu-ray&DVD発売記念
『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』SPECIAL!!

配信日

2018年2月22日(木)
19:00-21:00 『ハイエボリューション1 SPECIAL TALK!!!』
出演:京田知己(総監督)、佐藤 大(脚本)、藤津亮太(アニメ評論家)、上野俊哉(和光大学教授)

21:00-23:00 『ハイエボリューション1 SPECIAL DJ SET!!!』
DJ:HIROSHI WATANABE a.k.a KAITO(Transmat / Kompakt)

配信サイト

DOMMUNE http://www.dommune.com

 Blu-ray& DVD 2月23日発売記念!m‐flo☆Takuによるスペシャル対談動画公開中!



<商品情報>
感動のTVシリーズから12年。京田知己、佐藤大、吉田健一オリジナルスタッフが再集結し、劇場版3部作で映画化!
交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1

 


<商品情報>
劇場版3部作の公開を記念してTVシリーズ全話を収録したBOX<全2巻>発売中!
TVシリーズ 交響詩篇エウレカセブンBlu-ray BOX/DVD BOX

 

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • エウレカプレス 第5弾 脚本 佐藤 大 インタビュー

こちらの記事もいかがですか?

「交響詩篇エウレカセブン」関連記事一覧

もっと見る
  • エウレカプレストップに戻る
  • エウレカプレス 第5弾 脚本 佐藤 大 インタビュー
  • エウレカプレス 第4弾 アドロック役 古谷徹 インタビュー
  • エウレカプレス 第3弾 レントン役 三瓶由布子 インタビュー
  • エウレカプレス 第2弾 洗練のニルヴァーシュから無骨なオリジネート・ゼロへ デザインワークス 齋藤将嗣
  • エウレカプレス 第1弾 藤津亮太が語る 「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリーション1」 3つの魅どころ

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.