インタビューココだけ | 学園ベビーシッターズ

可愛すぎるベビーズとイケメンベビーシッターたちが贈るスクール子育てスクランブル!『学園ベビーシッターズ』西山宏太朗×梅原裕一郎キャストインタビュー[前編]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時計野はり原作の人気コミックをTVアニメ化、2018年1月からTOKYO MX他にて絶賛オンエア中の『学園ベビーシッターズ』のBlu-ray&DVD第1巻が3月23日発売! そこで今回は、可愛いベビーズたちのお兄ちゃんを演じる西山宏太朗さんと梅原裕一郎さんのキャストインタビューを前後編の2回に分けてお届け。前編では、ご自身が演じるキャラクターの印象や本作の見どころなど、ここでしか聞けない話が盛りだくさん! お二人の本音トークを見逃すな!

●インタビュー後編はこちら


竜一は本当に真っすぐで優しくて、
自分のことを後回しにしてしまうような子です(西山)

──お二人が収録を通して感じる『学園ベビーシッターズ』の魅力とは?

西山先にドラマCDの収録をした時、キャラクターたちの声が聞こえてくることに改めて感動したんですけど、アニメでも第1話の台本をもらった時から、みんなの声が文字から飛び出してくるような感覚がありましたね。そういうところがすごく楽しい作品だなと思います。

梅原ドラマCDでも子供たちの可愛さは感じていましたが、アニメで動きや声以外の音が合わさると、その可愛さがよりグッと来るんじゃないかなと思いました。単純に観ていて優しい気持ちになれますし、ちっちゃくて可愛い子たちをメインに、本当に幸せな雰囲気が流れている作品ですね。

──主人公の鹿島竜一については、どんな印象をお持ちですか?

西山本当に真っすぐで優しくて、自分のことを後回しにしてしまうような子ですけど、そんな彼もたまに怒ったりするんですよね。でも、それは自分のためというよりは、誰かのために怒ることが多くて、その正義感に人間らしさを感じて、より竜一というキャラクターが好きになりました。

梅原竜一は両親を亡くしたという痛みを負っているからこそ、人に優しくできるんだろうし、自分の気持ちよりも常に他人を第一に考えている。とにかく純粋で真っすぐなんですけど、虎太郎にも似たようなところがあって、そこに同じメンタルを持った兄弟感を感じますね。竜一は虎太郎のために何かしてあげようとするけど、虎太郎も竜一のために全力で頑張る。兄弟共に心の清らかなキャラクターだなと思います。

隼は竜一とはまた違う実直さみたいなものを
持っているキャラクターだなと思います(梅原)

──では、狼谷隼についての印象は?

梅原見た目的には怖いお兄ちゃんなのかなと思わせますけど、決してそんなことはなく、ぶっきらぼうで感情がわかりにくいところもありますが、彼も彼で周りのことをよく見ているんですよね。他人に興味がないわけではなくて、竜一のこともフォローできるし、ブレない真っすぐな芯を持っている。竜一とはまた違う実直さみたいなものを持っているキャラクターだなと思います。

西山ただただ、人として憧れますね。隼みたいなタイプに憧れる男性は多いんじゃないかなと。ドライのように見えてドライじゃなく、スポーツマンでカッコイイ部分もたくさんある。口数が少ないからこそ一言一言に重みがあって、その言葉に竜一も救われているんだろうなと思います。第1話でもそうですけど、彼は自分が必要だと思えばすぐに人のために動いてくれるし、本当に魅力的なキャラクターですね。

──それぞれに“お兄ちゃん”として意識しているところはありますか?

西山竜一は、子供と目線を合わせるようにしているなと思います。原作でもアニメでも子供たちと話す時は必ず屈んでいるので、子供の目線になって、ちゃんと理解できるように話をするという彼の気持ちを僕も意識しました。「黙って俺についてこい」というよりは、優しく「一緒に頑張っていこうね」というタイプだなと感じます。

梅原隼については音響監督さんから「子供を子供扱いしない」という指示をいただいていて、彼は小さい弟に対しても“人”として接しているのを感じますね。だから、怒る時はちゃんと怒るし、対等に向き合う。竜一が子供と並んで歩くタイプなら、隼は「背中で見せる」的なクールな相対し方で、それが隼なりの“お兄ちゃんらしさ”なのかなと思います。

──すぐに鷹に手が出てしまうところもありますが…。

梅原隼もお母さんによくされているので血は争えないというか、そこは狼谷家の伝統なんでしょう(笑)。

キャラクターたちの豊かな表情に注目していただきたいです(西山)

──竜一と隼の友達関係については、どんなことを感じますか?

西山竜一はベビーズを相手にしていることが多いので、同級生である隼と話しているシーンでは、めちゃめちゃ心がゆるっとしていますね(笑)。安心して言葉のキャッチボールができるというか、信頼関係もものすごく感じますし、より等身大の高校生という雰囲気で会話ができているのではないかなと思います。

梅原お互いにおしゃべりなわけでもなく、ベタベタ仲良くするわけでもなく、なんとなく同じ空間にいて、なんとなく意識を共有しているというのが、男の友情としてはリアルだなと思わせてくれますね。僕らも演じる上で本当に無理せず、それぞれが竜一らしく、隼らしくいれば自然と友達になっている感じがするので、彼らも無理のない関係性なんだろうなと思います。

──では、本作の見どころをお聞かせください。

西山キャラクターたちの豊かな表情に注目していただきたいですね。この作品は1話でも楽しめるものになっていて、ふと思い立った時に観ていただいても「いいなぁ」と思ってもらえる作品だと思います。皆さんの生活の中に『学ベビ』があったら、僕も嬉しいです。

梅原このシーンでこのキャラクターの心理はどうなのか…とか、そんなことは考えずに観ていただきたいですね。本当にただ可愛いベビーズと、それに振り回されつつも楽しく過ごしている少年と大人たちに癒される作品だと思います。西山君も言ったとおり、1話完結のエピソード集なので、難しいことは考えずに楽しんでいただけたら嬉しいです。

後編は、3月20日(火)公開予定! お楽しみに!!


左:西山宏太朗さん 右:梅原裕一郎さん

PROFILE

西山宏太朗(にしやまこうたろう)
10月11日生まれ。神奈川県出身。81プロデュース所属。主な出演作:『TSUKIPRO THE ANIMATION』堀宮英知役、『戦刻ナイトブラッド』内藤昌豊役、『美男高校地球防衛部LOVE!』鬼怒川熱史役、ほか。

PROFILE

梅原裕一郎(うめはらゆういちろう)
3月8日生まれ。静岡県出身。アーツビジョン所属。主な出演作:『アイドルマスター SideM』鷹城恭二役、『クジラの子らは砂上に歌う』オウニ役、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』ユージン・セブンスターク役、ほか。

<放送情報>

学園ベビーシッターズ
■TOKYO MX:毎週日曜23時〜
■サンテレビ:毎週火曜24時〜
■BS11:毎週火曜24時30分〜
※放送情報は変更になる場合がございます。



<Blu-ray&DVD発売情報>

学園ベビーシッターズ 第1巻
2018年3月23日発売
Blu-ray特装限定版:¥6,800(税抜)
DVD特装限定版:¥5,800(税抜)

学園ベビーシッターズ 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.