しんちゃんとなかまたちスペシャルインタビュー

narahashi
  • しんちゃんとなかまたちスペシャルインタビュー
  • |
  • クレヨンしんちゃん
  • ココだけ

『しんちゃん通信』 スペシャルインタビュー「野原みさえ役 ならはしみき」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シリーズが始まった当初、みさえは初めての母親役だったと話すならはしみきさん。 しんのすけを「子ども」ではなく「しんのすけ」として向き合うみさえ、そして野原一家の魅力について伺った。
(文 / 大山くまお)

――映画『クレヨンしんちゃん』が25周年を迎えました。大変な偉業だと思いますが、現在のお気持ち、感慨などがありましたらお教えください。

こういう作品にめぐりあえて、本当に自分は運が良かったですね。続けたくても続けられない作品もある中で、25年も同じ作品が続くのは奇跡的なことだと思います。

――シリーズが25年続いた要因、秘訣はどのようなところにあるとお考えでしょうか?

今までにない子どもと母親の描かれ方が新鮮だったからではないでしょうか。昔のアニメに出てくるような「良い子」も「良いお母さん」も出てこなくて、のびのびと育っている子とのびのびと育てている母親が出てきたわけですからね。「みさえ~」は衝撃だったと思います(笑)。

――あらためて、ならはしさんが考えるみさえの魅力、凄さをお教えください。

メンタルの強さですね。へこたれないですし、基本的に「ま、いっか」というところがあるんです。怒ることもありますが、「ま、いっか」と本当に思えるところが強いですよね。

――25年、みさえを演じられてきて「変わったこと」「変わらないこと」はどのようなことでしょうか?

基本的に何も変えていません。スタートした頃は、私も母親役は初めてでしたし、藤原(啓治)さんも父親役は初めてでしたので、夫婦が初めて子育てしている初々しさや切羽詰まっている感じがリアルだと言われたことがあるんですよ。

みさえは相手を「子ども」ではなく「しんのすけ」だと思っているんでしょうね。できた方って、お子さんと話すときに子ども目線で話しますが、私は子どもが苦手でそれができなかったんです。しんのすけとみさえは1対1の関係だから、しんのすけの言うことを真に受けたり、本気で反応したりする。そういう芝居をずっと続けてきましたね。

――以前、「主婦の代表として演じないようにしている」とおっしゃっていましたが、今のお話にも通じるところがありますね。

そうですね。みんな一人一人違うはずですから、「主婦の代表」や「母の代表」を想像して演じるのは何だか違うと思っています。肩書は気にしないで演じていきたいですね。

――映画『クレヨンしんちゃん』25作の中で、ならはしさんがお好きな作品3本と、その理由をお教えください。

ずっと『オトナ帝国』と『戦国』が2トップでしたが、『ロボとーちゃん』がそこに食い込んできました。ひろしとロボとーちゃんが腕相撲するシーンがとても印象的です。みさえはひろしを選びましたが、私はロボとーちゃんも一緒にいてもいいんじゃないかと思っていたので……。本番前日の下見(事前に映像を見る)のとき、ラストでみんな泣き出して、「本番で泣いちゃったらマズいよね」と言い合っていました(笑)。

脚本の中島かずきさんの「劇団☆新感線」が大好きなので、すごくテンションが上がりました。打ち上げでお話をしたとき、あまりアニメであることを意識せず、夫婦の会話として脚本を書いたというお話をしていただいたのですが、私と藤原さんも同じように感じていて、2人で距離の近い芝居をしていたので、演じる側としても好きな作品です。

『オトナ帝国』と『戦国』は衝撃でした。原(恵一)さんが子どもを気にしないで好き勝手に作った2作品だと思います(笑)。『戦国』は又兵衛さんが死ぬラストシーンが印象的ですね。『オトナ帝国』は、ノスタルジックな方向に行ってしまう大人たちの気持ちがわかってしまうんですよ。未来に立ち向かうより、楽しかった過去に戻るほうが簡単ですから。でも、リアルで精神年齢的に逆行している人は困りますよね。お話の中で夢見るだけにしておこうよ、と思います。

――映画『クレヨンしんちゃん』にはたくさんのユニークなキャラクターが登場しますが、ならはしさんが最もお好きなキャラクターとその理由をお教えください。

ロボとーちゃんは挙げておきたいですね。あとはやっぱり、ぶりぶりざえもん。しんちゃんの想像から生まれたキャラクターは常識が通じないので楽しいです。ひっかき回しますけど、大勢に影響しないところもいいですよね(笑)。

――映画『クレヨンしんちゃん』収録中のエピソードがありましたらお教えください。

映画の収録は人の出入りが多いんです。とにかく必死で時間との戦いが多いですね。人数が多いのにマイクが4本しかないので、導線を考えなければいけなかったり。物理的なことの思い出が多いですね。

――『クレヨンしんちゃん』の人気の根っこには野原一家の魅力があると思います。「25年間、変わらない野原一家の魅力」とは、どのようなものだとお考えでしょうか?

「順位のない家族」ですよね。お給料を入れるお父さんが一番偉いかというと、そうは思えない(笑)。ある意味、最強なのはひまわりですし。みんな、差がない友達のような一家なんです。何かあったとき、ひろしとみさえがしんのすけの意見をちゃんと聞いているのもすごいと思います。

――映画『クレヨンしんちゃん』はたくさんのファンを魅了し、今後もたくさんのファンを生み出していくと思います。今後の抱負についてお聞かせください。

自信や自負はあってもいいですが、慣れあってしまうとそこから崩れていってしまう気がするので、これからも適度な緊張感を持って演じていきたいですね。

PROFILE

ならはしみき
1月25日生まれ、東京都出身。アーツビジョン所属。『ちびまる子ちゃん』みぎわ花子役や、『勇者王ガオガイガー』シリーズではスワン・ホワイトを演じている。アニメの他にナレーションや、ゲーム『太鼓の達人』シリーズで主人公・和田どん(2代目)を演じるなど、多方面で活躍。

<発売情報>

映画 クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ
2017/11/10発売
BD ¥4,800(税抜)/DVD ¥3,800(税抜)

<発売情報>

映画 クレヨンしんちゃん DVD-BOX 1993-2016
好評発売中
¥33,333(税抜)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「クレヨンしんちゃん」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE