しんちゃんとなかまたちスペシャルインタビュー

shin-02-02head2
  • しんちゃんとなかまたちスペシャルインタビュー
  • |
  • クレヨンしんちゃん
  • ココだけ

『しんちゃん通信』 スペシャルインタビュー「野原ひろし役 森川智之」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「藤原(啓治)さんが演じていた部分もしっかり受け継いで演じたい」という気持ちで、映画シリーズ25周年の25作目に出演した森川智之さん。初の映画『クレヨンしんちゃん』出演にどのような気持ちで臨んだのか伺った。
(取材・文 /大山くまお )

――映画『クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』で野原ひろし役を演じられました。初の映画『クレヨンしんちゃん』出演ですが、どのような気持ちで臨まれましたか?

25周年の25作目ということなので、ものすごいプレッシャーでした。もうちょっと違う半端な数字なら良かったのに(笑)。楽しみにしているファンの方も大勢いらっしゃるので、野原一家のバランスを崩さないよう気をつけて演じようと思っていました。

25年続いているわけですから、ほかのキャストの方が自然にできることも、僕の場合は一旦ブレイクして考えないとできなかったりしたので、収録中は集中力が必要でしたね。

――普段のテレビシリーズと映画版の違いは演じていて感じられましたか?

すごく違いを感じました。映画版はかなり特殊な設定に置かれるので、「ひろしだったらどうするんだろう?」をよく考えなければいけませんでした。「ひろしだったらどうするんだろう?」と「そのときどうセリフを言えばいいんだろう?」を考え続けましたね。考えることが2倍以上ありました。

――『シリリ』では、ひろしが10歳の子どもになってしまいます。これは演じていて難しくはありませんでしたか?

25周年だから25歳若返るんですよね。トレーラー(特報)の収録をしたとき、子どもの姿のひろしが登場したので「ヤバい」と思ってました(笑)ひろしがそのまま10歳になった感じなので話していることは一緒ですが、体が小さくなっているので、表現が変わるんですよ。声も少し変えています。そのさじ加減がとても難しかったです。やることも考えることも多くて大変でした(笑)。ひろしはシリリにどう接するんだろう……とか。

――『シリリ』でのひろしのセリフでお気に入りのものがありましたらお教えください。

「俺は……例え子どもになっても家族は俺が守る!」ですね。普段は少し腰が引けたダメな父親の面を少しコミカルに出していますが、最終的には「お父さんは家族の大黒柱」という部分がバン! と出る。見ている家族もグッと来るようなセリフだと思います。

「家族は俺が守る」って普通言わないじゃないですか? 普段からそんなこと言ってたら絶対に怪しいですよ(笑)。そう思っているかもしれないけど、言わないのが親父の美学でしょう。でも、極限の状態に置かれたときにドンと出るセリフの良さがありますよね。

――森川さんが、ひろしを演じているときに心がけていることをお教えください。

長く歴史が積み重なっているものなので、それを壊さないようにしています。声帯が違うので今までのひろしとは違う声ですが、それを抜きにしても、見ている方たちに違和感を持たれないようにしなければいけない。藤原(啓治)さんが演じていた部分もしっかり受け継いで演じたいと思っています。毎週、収録前には立ち戻って考えてから、収録に臨んでいます。

藤原さんとはデビュー時期も近いですし、30年のキャリアの中で共演作も多く、身近な存在だったので、彼の言い回しやお芝居の感覚は肌で感じてきました。「彼だったらこういう(芝居の)組み立て方をするだろうな」と。そのあたりは良かったですね。とても素晴らしい役者さんですし、僕も一緒にお仕事をすることで勉強させてもらうこともたくさんあったので、なんという運命だろう、と思いながら演じさせてもらっています。

キャストのみなさんに温かく迎えていただいたのも嬉しかったですね。今は毎週毎週、楽しく収録しています。

――では、森川さんが考えるひろしの魅力、凄さをお教えください。

「親父の代表」ですよね。日本中の親父たちが野原ひろしでありたいと思っているんじゃないでしょうか。「拠りどころ」みたいな感じもありますよね。「ひろしがいるから頑張ろう」というか。スーパーマンでもなければ超人的な能力があるわけでもない、足が人一倍臭いだけの等身大の親父なのがいいんです(笑)。

何より家族想いですよね。休日でも基本的に家族と一緒。家族でいることが多いってのは、素晴らしいお父さんだと思います。

――『クレヨンしんちゃん』の人気の根っこには野原一家の魅力があると思います。森川さんがお考えになる「野原一家の魅力」とは、どのようなものでしょうか?

宇宙人のシリリとも分け隔てなく接することができる、ひろしとみさえの人柄がとても素晴らしいですよね。最初、宇宙人だったシリリが、旅の途中からだんだん「人」に見えてくるんですよ。それはシリリと野原一家の距離が縮まったからだと思うんです。愛情がすごいんですよね。

――映画『クレヨンしんちゃん』にはたくさんのユニークなキャラクターが登場しますが、森川さんが最もお好きなキャラクターとその理由をお教えください。

みんな好きなんですけど、園児たち(かすかべ防衛隊)が出てくるエピソードは僕(ひろし)があまり出ないので、普通に視聴者としてスタジオの中で楽しませてもらっています。自分たちが子どもの頃にも、こういう子がいたかもしれない。園児たちのエピソードを見ると、幼稚園の頃のアルバムを見たくなります。

――映画『クレヨンしんちゃん』はたくさんのファンを魅了し、今後もたくさんのファンを生み出していくと思います。今後の抱負についてお聞かせください。

しんちゃんは永遠に5歳ですし、ひろしも年齢は変わらないので、みんなと一緒に年をとっていくことはできませんが、いつ見ても『クレヨンしんちゃん』が楽しめるように、僕もひろしとして頑張っていきます。大人になって辛いこととがあっても、『しんちゃん』を見たときに、ふっと心のつっかえているものが取れたりするといいな、と。映画も26作目がありますし、テレビシリーズも続きますから、みなさんと一緒に『クレヨンしんちゃん』を大切にしていきたいですね。

PROFILE

森川智之(もりかわとしゆき)
1月26日生まれ。神奈川県出身。アクセルワン代表取締役。アニメ、洋画作品など幅広く活躍する人気声優。『幕末Rock』土方歳三役、『戦刻ナイトブラッド』織田信長役、トム・クルーズやキアヌ・リーブスの吹き替えほか多数担当。

<発売情報>

映画 クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ
2017/11/10発売
BD ¥4,800(税抜)/DVD ¥3,800(税抜)

<発売情報>

映画 クレヨンしんちゃん DVD-BOX 1993-2016
好評発売中
¥33,333(税抜)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「クレヨンしんちゃん」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE