インタビュー

iv-naitsuma3-top02
  • インタビュー
  • |
  • ナイツ&マジック
  • ココだけ

豪華スタッフ&キャスト陣が贈る異世界ロボットファンタジー!『ナイツ&マジック』内匠靖明×興津和幸×伊藤静キャストインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦の友社100周年記念&ヒーロー文庫初のアニメ化作品としても大きな話題を呼んでいる異世界ロボットファンタジーアニメ『ナイツ&マジック』の放送も遂にクライマックス! そこで今回は、エドガー・C・ブランシュ役の内匠靖明さん、ディートリヒ・クーニッツ役の興津和幸さん、ヘルヴィ・オーバーリ役の伊藤静さんによるキャストインタビューをお届け。アニメ本編の感想や、自身が演じるキャラクターの印象などについて話を伺った。ここでしか読めないキャスト陣の本音トークを見逃すな!

ロボットの重厚感だったり、走ったりする動きひとつとってもそうですし、
細かく観れば観るほど楽しいですね[内匠]

──まずは、アニメ本編をご覧になっての感想をお願いします。

内匠収録している時は「実際どういう風に動くんだろう?」と想像しながら演じているので、オンエアを見た時に「こういう感じか!」と感慨深い気持ちになるんです。ロボットの重厚感だったり、走ったりする動きひとつとってもそうですし、細かく観れば観るほど楽しいですね。監督含めスタッフさんの作品へのリスペクトや愛を感じます。

興津僕は「グゥエール、格好良い!」と思いましたね(笑)。自分が乗っているというのもありますが、贔屓目に見なくても赤い機体で刀を振り回している姿はとても良いですね。

内匠アールカンバーの白い機体も良いですよ。赤はライバル機だけど、白は主人公機かなって(笑)。何色にも染まっていない感じが良いですよね。

伊藤内匠さんには申し訳ないですけど、私もグゥエールが好きです(笑)。

内匠えっ、ちょっと待ってくださいよ〜(笑)。

伊藤作品自体がロボット<シルエットナイト>メインの話なので、シルエットナイトの動きとかも凄いんですけど…私としては時間の流れがすごく早いのが収録していても観ていても、いつも新鮮に感じます。アニメって割と短い期間、例えば、ほんの数ヵ月間のことを描いたりすることが多い中、この作品では何年も経っていく…しかも1話の間に(笑)。それが、とても印象的だなと思います。

興津テンポが良いから、次から次へと新しいシルエットナイトが登場して、毎週楽しみですよね。

内匠原作小説や漫画とはまた違う角度から、アニメでは「ここを観て欲しい!」という山本(裕介)監督の想いも伝わってきますよね。

ディーは一番の成長株。イケメン風なのに最初は完全にヘタレでした[興津]

──ご自身が演じているキャラクターの印象について教えてください。また、演じる上で意識していることや気を付けている点は何かありますか?

内匠最初、オーディションの時に頂いた設定や、エドガーについて聞いていたことは、真面目で質実剛健というものでした。プラスして自分的には見た目が少し大人びているように見えたので、その印象で演じようと思っていたんです。ただ、第1話を収録した時に「もっと若く」というディレクションを受けまして。先輩キャラを意識しすぎてしまったのか、特に前半はキャラクターを掴むのに少し時間がかかってしまいました。ただ、声のトーンを上げることで若くするのは違うかなと思っていて、話している中でつい出てしまう若さみたいなものを上手く表現できたら良いなと自分なりに四苦八苦しながら演じました。後で山本監督とお話をする機会があって、その時に「エルと出会った時からエドガーは凄いキャラクターではあるけど、彼は彼で成長していくので、最初から完璧になり過ぎるよりかは成長も見せたい」という話をしてもらったんです。そこからはしっかりエドガーの成長を見てもらえるように、さらに気を付けて演じましたね。

興津ディーは一番の成長株じゃないでしょうか。イケメン風なのに最初は完全にヘタレでした(笑)。だけど、べへモスとの戦いでのトラウマを乗り越えて“漢”になっていくというところがディーを演じる側としてのやり甲斐でもありましたし、とても楽しかったですね。…実際は、格好良いところより、ヘタレなシーンの方がやっていて楽しかったんですが(笑)。物語序盤でドラマとして見せられる一番大事なキャラクターだと思っていたので、ちゃんと演じておかないとディーの見せ場はもうないかもしれない、という気持ちで一生懸命やらせて頂きました。グゥエールは最初の主役機ですからね(笑)。

内匠僕はまだ認めてはないですけどね(笑)。たまたまエルがグゥエールに乗っただけですし…。

興津グゥエールを赤く塗ったのはきっとディーですよね。

内匠戦闘で目立つ色ってどうなのかなというのはありますけどね…バレない方がいいんじゃないですか?

興津大丈夫、強いから。自信持っているからそれでいいんです!

伊藤もう、喧嘩すんなよ〜!

一同爆笑

興津これからも紅の騎士として、頑張っていきたいと思います(笑)。

内匠なんか、いちいち格好良いんですよね!

伊藤ヘルヴィは数少ない女性キャラの一人ということで、もちろん戦闘にも参加しているんですけど、どちらかというと、周りのサポート役という印象が私の中ではありますね。あと、最初にアフレコをした時に、内匠さんが「もっと若く!」って言われたのを聞いて「ハッ!!」となって(笑)。

内匠えっ? どういうことですか?

興津私にも言っているのかしらって?(笑)

伊藤そう! 本当はもっとどっしりした感じで演じようと思っていたんです。でも、そこから若さばかり意識するようになって…(笑)。「これは私もディレクションで言われるパターンだな」と思ったので、そこから「彼女はまだ若い」って考え直して、その場で演技プランを変更しました(笑)。

興津まだ学生ですからね(笑)。

伊藤そうですよね。第3話で、テレスターレのテストパイロットとしてエドガーと戦うんですけど、その頃は「この子がいれば、私あんたなんかに負けないわよ」とか言ってしまう男勝りな部分があったんです。でも、そういうところが徐々に成長していって、支えるというか、周りをサポートしていく立ち位置に繋がるんだっていう方向にシフトチェンジして…(笑)。

内匠さすがです。ある意味、僕はアールカンバーと同じで、みんなの盾となって攻撃を食らっているんです(笑)。

興津上手い!上手いな〜(笑)。

割と男っぽいというか、負けず嫌いなところは似ているかなと思います[伊藤]

──ご自身が演じているキャラクターとの共通点があれば教えてください。

内匠真面目なところは似ているのかなって。あと、髪型も若干似ていると思います。互いに惹かれ合うものがあったのか…共通点は髪型ってことで(笑)。

興津僕は、いつも格好良いところじゃないですかね(笑)。

伊藤そうだよね〜。興津さんはいつも格好良いもんね。

内匠なんだ? なんだ?

興津いつでも格好良いところ! そんな感じでいいんじゃないですかね(笑)。

内匠どうした? どうした、これ? いつもこんなんじゃないぞ!

伊藤興津さんはヘタレないの?

興津大抵ヘタレてます。

一同爆笑

興津周りにバレないよう隠しています。ビビっても、ビビってない振りをしますね。

伊藤だから、いつも割と表情に出さないでいるんだ。

興津そうです、黙っています。クールを装っています(笑)。

伊藤いつも今みたいな微笑みの表情なんですよ、ずっと。

内匠常に温和というか、ゆとりがあって、落ち着いて、気さくですよね。

興津本当は、いつもビビってますよ(笑)。アフレコでマイクの前に立つ時も、いつもビビリながら立っています。でも、僕は逃げないですからね、そこはディーとは違うところです。心の中では心臓バクバクですけど、立ち向かう。

伊藤私はみんなを包み込む一面もありつつ、竹を割ったような性格ですかね。割と男っぽいというか、負けず嫌いなところは似ているかなと思います。あと、子供の頃、男の子がやるような遊びがとても好きだったので、男の子と一緒になって遊んでいました。なので、いつも「負けるか、男なんかに!」っていう気持ちでいます(笑)。

内匠確かに女性のナイトランナーって、そんなに多くないですもんね。

興津勝てる気がしない…。

話数を重ねる度にパワーアップしていくところも楽しみで、
次はどんなものが生まれるんだろうと期待してしまいます[内匠]

──シルエットナイトをはじめ、本作に登場するメカの印象を教えてください。

内匠アールカンバーが一番格好良いと本当に思っています(笑)。10月には「ロボット魂TRI」からフィギュアが発売されますので、一度お手に取って頂ければと思います(笑)。

興津グゥエールも出ます!(笑)。

内匠登場する機体それぞれに良さがありますよね。あと、話数を重ねる度にパワーアップしていくところも楽しみで、次はどんなものが生まれるんだろうと期待してしまいます。出来上がった機体を見た時に「そうきたか!」とか、「今回新しく取り付けた部分はここか!」とか。あとは先を想像しながら観るのも楽しみの一つですね。それを具現化していくこの作品はすごく面白いなと改めて思います。

興津僕自身は『SDガンダム外伝』シリーズの世代なのですが、“西洋甲冑を着たロボット”がリアルになったという感動がとても大きいです。本作に登場するシルエットナイトは魔法も使うので、「こういうロボットもいいな〜!」って思いました。

伊藤本当に色んなシルエットナイトが登場するので、それがすごく面白いなと思います。今まで見たこともないような、「これをロボットにしちゃうの?」みたいなものもあるんです。私自身、自分でロボットを操縦したいタイプで、自分でロボットをカスタマイズすることのできるゲームも大好きなので、それに近いものを感じています。あとは、ちょっと変わった機体に乗ってみたいという気持ちもあるので、ツェンドルグに乗るアディたちが本当に羨ましいなって(笑)。

全く戦わない話数が急にあったりして、“とにかく作るだけの回”とか(笑)。
それがすごく衝撃的でした[伊藤]

──これまで放送された話数の中で、印象に残っているシーンやセリフなどはありますか?

内匠「エルネスティ・エチェバルリア」と、ちゃんと言えて良かったです。

一同爆笑

内匠物凄く緊張しました(笑)。主人公の名前を間違えるのは、シャレにならないので…。難しい言葉がいっぱい出てくる中で、しっかり確実に言おうと思いました(笑)。あと、思い出深いシーンで言えば、ヘルヴィとのシーンや、「トランドオーケスの無念、晴らさせてもらう!」とケルヒルトを討ち取ったシーンは特に印象に残っています。

興津最初は逃げてしまったんですけど、第5話のディーは格好良かったです。多分、べへモスとの戦いの後、ディーは一人ですごく悩んだのだと思います。そのお陰で、ピンチの仲間がいたら、俺が守るしかないと思えたのではないかと。まるで勇者みたいに成長し過ぎて怖いです。そろそろ、へタレに戻って何かやらかすんじゃないかとヒヤヒヤしています(笑)。最近は、剣だらけのソードマンも出てきて、あいつにやられてしまうんじゃないかと不安です。乗っているグスターボはバカですけど(笑)。そういえば、王様と王子様が二人ともバカでしたね。

一同爆笑

興津あの親子対決は、テンション上がりました。戦うオヤジって、格好良いですよね。本作には戦うオヤジがいっぱい出てくるので、僕もいつかああいうオヤジになりたいなと思っています(笑)。

伊藤私は第5話のラストが印象に残っています。エドガーが「私とアールカンバーがあれを取り戻す。君の相棒を賊の好きにはさせない」と言って、ヘルヴィが「期待してる」と返すシーン。エドガーとの模擬戦に負けた後のやり取りとかで、ふんわりと恋模様があって、それからの「俺が取り戻す」だったので、すごく良い感じの雰囲気でしたね。あとは、全く戦わない話数が急にあったりして、“とにかく作るだけの回”とか(笑)。それがすごく衝撃的でした。ずっとメカばかりイジっているし、知らない人がどんどん出てくるし、良い意味で「何だろう? このアニメ!」って思いましたね(笑)。でも、すぐに機体が出来るんじゃなくて、「これは駄目だ〜」みたいな失敗が何回もあって、少しずつ「じゃあ、ここを改良していこう」という細やかな試行錯誤のやり取りもすごく面白いなと思っています。

大事なのはロボットの性能じゃない。最後は、勇気だ![興津]

──物語はクライマックスを迎えますが、今後の注目ポイントを教えてください。

内匠もしかしたら、エドガーの見せ場は終わってしまったのかもしれないですけど(笑)、銀鳳騎士団としての見せ場はもちろんまだあるので、そこを観て欲しいです。シルエットナイトを作る人たちがいて、それに乗る人たちがいて、チームとしてどんどん成長してきている。若いメンバーが集まっているからか、感覚的にちょっと部活っぽいノリがあったりするんですが、その中で失敗して、成長してっていうところも僕は好きなんです。みんなで一緒に一つの目的に向かって成長して戦っていって、最後にどういう結末を迎えるのかっていうところに注目して観て頂ければなと思います。

興津僕的には、怪しい発明好きがもう一人増えることに注目して欲しいです。あの人たちは一体どうなってしまうのか? 僕たちはもうついて行けないんじゃないかと今から不安ですが(笑)、銀鳳騎士団の結束力をもって、強大な敵に立ち向かっていく訳です。大事なのはロボットの性能じゃない。最後は、勇気だ!

一同爆笑

伊藤私の中では、最終話になると全てのロボットが一つのロボットになるかもしれない…という期待が膨らんでいて(笑)。どんなロボットが出てくるか、毎回予想もつかないものが登場するので、「嘘でしょ!?」みたいなのが出てきて欲しいな〜(笑)。とにかく、期待を込めて観て欲しいなと思います。あと、エルくんとアディの関係とかは大丈夫なんですかね…? 私は女の子を応援したいので…(笑)。

興津親目線(笑)。アディ、頑張っていますもんね。積極的な女の子。

伊藤ねっ! 色々アピールしているのに、全然気付かないエルくん…その構図が面白い(笑)。そこは最後まで貫いて欲しいなとも思ったりしています(笑)。

我々は、前世の因縁で集められた勇者の一行かもしれないってことですよね?[興津]

──エルは前世の記憶を持ったまま生まれ変わりましたが、自分の前世などに興味はありますか?

内匠興味はあります。

伊藤みんな、前世、何だろうね?

内匠改めてちゃんと考えたことないですね。見える人がもしそこにいたら、「教えてください」とは言います(笑)。

興津我々は、前世の因縁で集められた勇者の一行かもしれないってことですよね? 前世があるとか言い出すとそういうことになりますよね。

伊藤・内匠そうですね〜。

一同爆笑

興津あとは前世が虫じゃなければいいなって思いますね。

伊藤私は特にあまり…(笑)。今の人生を楽しく生きているので、前世にも来世にも興味が今のところないです。今を生きる女です(笑)。

内匠・興津格好良い!


左から興津和幸さん、伊藤静さん、内匠靖明さん

ボタン一つで色んな髪型になるヅラがあれば嬉しいです[伊藤]

──エルは劇中で自分だけのシルエットナイトを作成していますが、世界に一つだけのオリジナルのものを何でも作ることができるとしたら、どんなもの(アイテム)を選びますか?

興津汗をかいても、絶対に汗をかいているって気付かれない服。あると便利だと思います。

内匠でも、世界に一個…(笑)。

興津あっ! いつも同じ服を着ることになるから、ダメだ! どの写真を見ても「いつもこの服だね」って言われちゃう。

一同爆笑

興津大量生産できないとダメだ! 季節によっても変えなくちゃダメですし、残念です。

内匠僕はロボットはロボットでも四次元的なポケットが付いてるやつがいいです(笑)。

興津四次元的なポケットの中身、自分で揃えなきゃダメですよ?

内匠えっ!

興津そりゃそうですよ。空っぽからのスタート、中身は別売りですからね。

内匠中身は別売りって!(笑)

興津別売りですよ、きっと、未来のデパートとかにありますから。

内匠ポケットは四次元に繋がっているだけ?

伊藤四次元とは繋がっているけど、四次元倉庫みたいな感じだよね。中身を用意しないと。

内匠それだと話が変わってくるな、難しいな(笑)。静さんは何かありますか?

伊藤ボタン一つで色んな髪型になるヅラがあれば嬉しいですね。私、昔からずっと今の髪型なんです。変なところに旋毛(つむじ)があったりして、髪型を変えづらくって。メイクさんに色々と試してもらうんですけど、ショートにしてみたいとか、前髪を作ってみたいとか、色んな要望があるのにずっと同じで。あと、自分で髪をいじれないので、例えば、髪をアップにするのも“ピッ”ってやったら“サッ”となるみたいな機能があればね。なんだか、楽しそうじゃないですか? そんなヅラが欲しいです。

僕は、みんなを笑顔にできる魔法が使えたらいいかなって[内匠]

──本作の登場人物たちは魔法を使えますが、どんな魔法も一つだけ使うことができるとしたら、どんな魔法を選びますか?

興津汗をかかなくなる魔法。

一同爆笑

内匠どれだけ汗をかくんですか!? というか、汗をかかなくなっちゃったら、身体に良くないですよ。

興津ほどほどな感じで…。

内匠じゃあ、「ほどほどに良くなれ〜☆」って魔法ですね(笑)。

興津それが欲しいです。それなら同じ服を着なくて済むので、魔法で解決!

内匠僕は、みんなを笑顔にできる魔法が使えたらいいかなって。

興津腹立つわ〜。

内匠今の顔は笑ってなかった気がする!(笑)

伊藤でも、素敵ですね。私は、人身を掌握できる力!

一同爆笑

伊藤一瞬だけ言いなりにできるみたいな。

興津怖い、怖い!

内匠教祖になりたいの?(笑)

伊藤教祖にはなりたくないです(笑)。責任は伴いたくないので、人を操りたいとか、そういうのではないんですけど…(笑)。なので、ちょっと「はい」って言わせたい時に「はい」って言わせる魔法にしようかな…。

一同爆笑

内匠そうしたら滞りなく、物事が進みますよね。でも、言っちゃった人は「何で俺、今『はい』って言っちゃったんだ…!?」ってなりますよね。

興津そこで、伊藤さんが「録音しているわよ」って(笑)。

ワクワク感やドキドキ感を最後まで感じて頂ければ[内匠]

──では最後に、ファンの方へメッセージをお願いします。

内匠はじめにも言いましたが、自分も演じている時に、どういう映像や音で物語が繰り広げられていくのか本当に一人の視聴者としても楽しみでした。そしてその想像を超えるクオリティにいつも感動しています。ロボットものとしての面白さに加え、ファンタジー要素が盛りだくさん。そのワクワクやドキドキを最後まで感じて頂ければ嬉しいです。山本監督をはじめ、スタッフの皆さんが素晴らしい最終回にしてくださると思いますので、最後まで一緒に楽しんで欲しいです。

興津ファンタジーアニメしか観ない人も楽しめるロボットアニメであり、ロボットアニメしか観ない人も楽しめるファンタジーアニメです。なので、ぜひ普段趣味の話で喧嘩している友達にも、「『ナイツ&マジック』面白いよ」と、勧めて頂きたいです。そして、作品を観ると何か作りたくなるアニメなので、工作意欲を湧かせて色んなものを作ってみると良いんじゃないでしょうか。そうしたら、みんな魔法にかかって笑顔になれるんじゃないでしょうか!

一同爆笑

内匠さっき僕が言ったやつ?(笑)

伊藤この二人の後に言うの、嫌なんですけど…(笑)。

興津締めてください…。

内匠なんとかまとめてください…。

伊藤エルくんのロボットに対する想いや努力だったり、色んなものがどうまとまっていくのか、楽しみにしていて欲しいです。山本監督の熱い想い、エルくんの熱い想いを皆さんのもとにお届けできたらと思いますので、最後まで応援宜しくお願い致します。

PROFILE

内匠靖明(たくみやすあき)
10月23日生まれ、愛知県出身。東京俳優生活共同組合所属。2007年に声優デビュー。代表作に『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』昭弘・アルトランド役、『プラスティック・メモリーズ』水柿ツカサ役などがある。舞台俳優としても活躍している。

PROFILE

興津和幸(おきつかずゆき)
3月8日生まれ、兵庫県出身。ケッケコーポレーション所属。『ジョジョの奇妙な冒険』ジョナサン・ジョースター役で一躍話題となる。代表作に『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』千早群像役、『ガンダムビルドファイターズトライ』サカイ・ミナト役などがある。

PROFILE

伊藤 静(いとうしずか)
12月5日生まれ、東京都出身。賢プロダクション所属。代表作に『美少女戦士セーラームーン Crystal』セーラーヴィーナス役、『暗殺教室』イリーナ・イェラビッチ役、『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』九条櫻子役などがある。その他、アーティスト活動など幅広く活躍している。

<Blu-ray発売情報>

ナイツ&マジック Blu-ray第1巻
2017年10月27日発売
¥12,000(税抜)

ナイツ&マジック 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「ナイツ&マジック」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE