インタビュー

kmmbciv
  • インタビュー
  • |
  • ナイツ&マジック
  • ココだけ

人気小説をアニメ化した異世界ロボットファンタジー!『ナイツ&マジック』キャストインタビュー(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月2日よりTOKYO MX、BS11他にて好評放送中の『ナイツ&マジック』! エルネスティ・エチェバルリア役の高橋李依さん、アデルトルート・オルター役の大橋彩香さん、アーキッド・オルター役の菅原慎介さんによるキャストインタビュー後編をお届け! 劇中に登場するロボット「幻晶騎士=シルエットナイト」の印象や、本作の見どころのほか、アフレコ時の面白エピソードも飛び出しました!

●キャストインタビュー前編はこちら


私のお気に入りであるグゥエールが動いているところを、
これからたくさん観られると思うと“胸熱”ですね(笑)[大橋]


アールカンバー

──劇中に登場するロボット「幻晶騎士=シルエットナイト」の印象は?

高橋私は今ロボットについて勉強中なんですけど、その中で感じたのは、ロボットの顔が人の顔に似ている作品が意外と多いことでした。でも、この『ナイツ&マジック』に登場するロボットは必ずしも目が2つではなかったり、それぞれがとても特徴的な顔をしているんです。個人的にロボットを知らない人は最初に顔の印象から入るかなとも思うのですが、この作品のロボットは顔で見分けられるのが素敵なところだと思いました。



グゥエール

大橋私はロボットが大好きで、ずっしりとした重量感が特に好きです。先ほど第1話を拝見させて頂いたのですが、シルエットナイトが動いた時の画面の揺れる感じとか、金属が擦れ合う音だとか、ロボットの重量感がすごく伝わってきました。私のお気に入りであるグゥエールが動いているところを、これからたくさん観られると思うと“胸熱”ですね(笑)。

菅原ロボットを扱った多くの作品は、ロボット同士が戦いますが、本作のシルエットナイトはどちらかというと人々を守ることに特化した存在なのかなと。フレメヴィーラ王国やそこにいる人たちと、とても距離感が近いロボットで、そういうのがすごく不思議に感じています。そういったロボットは今まであまりなかったように感じていて、すごく面白いなと思いました。あとは、ロボットを創っている過程や、創っている人に対してもフォーカスが当たるところが好きですね。ディー先輩がグゥエールを塗装しているシーンがあって、そういうシーンを一つとっても、ロボットを創っている人たちの苦労が垣間見られるのはいいですよね。僕の中では農家の人たちの顔が浮かぶ野菜を見ているような気持ちというか(笑)。そういったものが感じられるシルエットナイトは、すごく不思議で面白くて大好きです。

まさかアフレコについて聞かれて、
ウーパールーパーの話になるとはビックリです(笑)[菅原]

──アフレコ現場の雰囲気はいかがですか? 面白いエピソードなどがあれば教えてください。

高橋第1話のアフレコ収録の時に、ディー先輩役の興津(和幸)さんとウーパールーパーを育てるアプリゲームの話題になったんです。それで興津さんが「じゃあ、育ててみるか」という話になり、翌週のアフレコの時に「ウーパールーパー、どうなりましたか?」って聞いたら、お世話をしなかったのか死んでしまったそうで…。「じゃあ、私もやってみます」と。その次のアフレコの時に「興津さん、育てられました!」と報告したら、「すごいじゃないか!」って褒めてくださったんです! けれど、それが嬉しくて結局その三日後くらいに死んでしまって…。そうしたら、へごちゃん(大橋さん)が「じゃあ、今度は私がやってみる」って(笑)。

大橋そうなんです。「じゃあ、私がいきますよ。このマメの大橋がやってやりますよ!」となって、なんと今も生きているんです。昨日で3週間経って、今日で3週間と1日目です。4日以上お世話をしないと死んでしまうんですけど、私は毎日餌をやり、水を変えています。

高橋毎日やっているんですよ。4日に1回でいいのに!

大橋空腹度とか何個かのゲージがあって、そのMAXが100%なんですけど、それを毎日絶対に100%にしておかないとという義務感があります。

高橋もし、へごちゃんのウーパールーパーが死んだら、次は菅原くんに育成係をバトンタッチしよう(笑)。

菅原絶対に無理だと思います。

大橋何で? マメそうなイメージだけど。

菅原えっ、本当ですか? じゃあ、やってみようかな(笑)。でも、まさかアフレコについて聞かれて、ウーパールーパーの話になるとはビックリです(笑)。


左から、大橋彩香さん、高橋李依さん、菅原慎介さん

エルくんの偉業は、無念の記憶を引き継いだ上で
達成されているんだと噛みしめられ、一段と違う喜びだなぁと感じます[髙橋]

──印象に残っているセリフやシーンがあれば教えてください。

高橋印象に残っているセリフは、エルくんの前世となる倉田翼さんが第1話のアバンパート部分で言う「大丈夫、できますよ」ですね。実は異世界に転生した後のエルくんも同じセリフをバトソンとの掛け合いのシーンで言っていて。二人が同一人物であることを改めて感じることのできる言葉だなぁと。他にも、顎の下で指をトントンする仕草など、第1話では特に強く感じられる箇所が多いと思います。そういうちょっとした前世との繋がり方が垣間見え、エルくんの偉業は、無念の記憶を引き継いだ上で達成されているんだと噛みしめられ、一段と違う喜びだなぁと感じます。また、倉田翼役の阪口(大助)さんとお仕事をいつかご一緒したいと思っていた矢先だったので、役者としても嬉しかったです。でも、まさか生まれ変わりという形で共演させて頂けるとは思っていませんでした(笑)。

大橋私が印象に残っているシーンは、ショートヘア姿のアディちゃんです。実は第1話のAパートにだけ、髪の毛の短いアディちゃんが登場します。黒髪外ハネショートで今よりも活発さが窺えて、私もお気に入りなので、みなさんにも幼少時代のアディちゃんを目に焼き付けて欲しいなと思います。

菅原印象に残っているシーンやセリフという訳ではないのですが、実は第1話のAパートとBパートでキッドは声変わりをします。最初に、Aパートで小さい頃のキッドを東内(マリ子)さんが演じられていて、「菅原さんの作ってきたキャラクターのイメージと違ったらごめんなさい」と仰ってくださったんです。でも、実際にその声を聞いたら「完璧にキッドだ」とすごく感動しました(笑)。なので、最初は東内さんがやられた方向を引き継いで演じていくことも考えたのですが、キッドが一番わかりやすく成長することで、作品のテンポ感の良さが出ると思い、Bパートではあえて自分なりのキッドを演じさせて頂きました。

アディちゃんの“エルくん愛”に注目して楽しんで欲しいです[大橋]

──本作の見どころやオススメポイントを教えてください。

高橋ロボットが好きな方は、その映像美を何度でも楽しんで頂きたいです。そして、ロボットに触れたことがない方は、作品を見返して頂ければ全て説明されていますので、何を言っているのか、絶対にわかります! 私でもわかったので大丈夫です(笑)。最終話まで一緒についてきて頂けると嬉しいです。

大橋いろんな楽しみ方がある『ナイツ&マジック』ですが、個人的には最終話までにアディちゃんが一体何回「エルくん」と言うのかを数えて頂きたいですね(笑)。あと、アディちゃんが何回エルくんに抱きついたのかもすごく気になります。なので、アディちゃんの“エルくん愛”に注目して楽しんで欲しいです。

菅原この作品は、いろいろな立場の人の目線で楽しめる作品だと思っています。例えば、エル目線で転生した身になってロボットを創るっていう視点でもいいですし、それに巻き込まれる周りの人でもいいですし、ロボットを創る側の人に注目しても面白いと思います。僕的にオススメなのは国王目線です(笑)。また、いろんなところに目を配るとまた違う発見があるのかなと。キッドや先輩たちの格好良いシーンもあるので、ぜひ注目して欲しいですね。そういった多くの要素をこぼさず受け取って欲しいですし、世界観にもどっぷり浸かって頂きたいです。先ほど僕も第1話を拝見させて頂きましたけど、映像がとても綺麗でした。心から楽しんで頂ければ嬉しいです。

PROFILE

高橋李依(たかはしりえ)
2月27日生まれ、埼玉県出身。81プロデュース所属。代表作は『恋愛暴君』藍野あくあ役、『Re:ゼロから始める異世界生活』エミリア役、『この素晴らしい世界に祝福を!』めぐみん役、『魔法つかいプリキュア!』朝日奈みらい&キュアミラクル役など。多数の人気作に出演している。

PROFILE

大橋彩香(おおはしあやか)
9月13日生まれ、東京都出身。ホリプロ所属。主な代表作として『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズの島村卯月役をはじめ、『コメット・ルシファー』フェリア役、『ドキドキ!プリキュア』シリーズのランス役などがある。

PROFILE

菅原慎介(すがわらしんすけ)
8月28日生まれ、茨城県出身。クレアボイス所属。代表作となる『ふらいんぐうぃっち』倉本 圭役で、初のメインキャラクターを務める。その他、『Lostorage incited WIXOSS』白井翔平役、『アリスと蔵六』林 一郎役など人気作に出演している。


<放送情報>
TOKYO MX、BS11他にて大人気放送中!
■TOKYO MX:毎週日曜22時30分〜
■KBS京都:毎週日曜23時〜
■サンテレビ:毎週日曜24時30分〜
■BS11:毎週火曜24時〜
■AT-X:毎週日曜21時〜
※放送日時は都合により変更になる場合がございます。


<Blu-ray発売情報>
ナイツ&マジック Blu-ray第1巻
2017年10月27日発売
¥12,000(税抜)


<商品発売情報>
ROBOT魂TRI<SIDE SK>アールカンバー
ROBOT魂TRI<SIDE SK>グゥエール
2017年10月発売予定
価格:各¥4,000(税抜)
発売元:バンダイ

ROBOT魂TRIサイト
http://tamashii.jp/special/knights_magic/

ナイツ&マジック 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「ナイツ&マジック」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE