acca0321
  • インタビュー
  • |
  • ACCA13区監察課
  • ココだけ

ドラマチック群像エンタテインメント! 『ACCA13区監察課』下野紘×田中敦子キャスト対談全文掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組織に生きる、男たちの粋様(いきざま)。巨大統一組織“ACCA”を舞台に、一癖も二癖もある個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる人間ドラマと群像劇が魅力のオノ・ナツメ原作による『ACCA13区監察課』の放送も遂にクライマックス直前! そこで今回は、「もらいタバコのジーン」の異名を持ち、組織きっての食えない男ジーン・オータスを演じる下野 紘さんと、誰からも一目置かれるACCA本部本部長モーヴを演じる田中敦子さんに、キャラクターの印象や実際に演じられてみた感想などを伺った。

シーンによって雰囲気が全く変わる作品だなと思いました

──本作はオノ・ナツメ先生による人気コミックが原作ですが、まずは原作コミックをご覧になられた時の感想からお聞かせください。

下野スタイリッシュで少し影のある雰囲気の作品だなと思いました。読み進めていくと、「あれってもしかして」と思ってもう一度最初から読み返したくなるタイプの作品ですね。そういう大人でも楽しめる作品に関われることが嬉しかったです。

田中絵のタッチや雰囲気が、漫画というよりは一コマ一コマがアートのようで、そのまま切り取って美術館に飾ってあってもおかしくないような、そういうイメージでしたね。そんな作品がアニメーションになって、どういう風に動いていくのかとても楽しみでした。

──完成したアニメをご覧になられた感想は?

田中やっぱり一つの芸術作品を観ているような印象ですね。人にしろ、建物にしろ、一つ一つのカットが本当に格好良いんです。

下野原作に対して影があるイメージが強かったので、アニメの色彩が本当に鮮やかだなと感じました。全体的に思っていたよりも明るい作品という印象を受けました。だからこそ怪しげな雰囲気がより鮮明になる。シーンによって雰囲気が全く変わる作品だなと思いましたね。

ミステリアスな部分は多いんですけど、個人的にはジーンは可愛くて好きです

──ジーンは秘密主義というか、あまり感情を表に出すタイプではありませんが、そういう少し影のあるような“謎めいた男性”をどのように思いますか?

下野ジーン以上に周りの人たちが怪し過ぎるので…(笑)。だから、ジーンに対しては謎めいた男性というよりは何を考えているか分からないというイメージがありますね。

田中確かにミステリアスな部分は多いんですけど、個人的にはジーンは可愛くて好きですね。

下野なんか敦子さんに言われると照れますね(笑)。もちろん、僕ではなくジーンのことだということは分かっていますけど、やっぱり嬉しいです(笑)。

田中遠くから眺めているのは好きですけど、ミステリアス過ぎて近寄り難いというか、何を考えているか分からないから怖い感じはありますね。

──一方、巨大組織ACCAの中で、男性たちとも対等に渡り合うモーヴのような“できる女性”をどのように思いますか?

田中単純にすごいなって(笑)。これまでも私は強くて逞しい女性を演じることが多かったですけど、こういう女性って本当にすごいなって純粋に思っています。女性と男性って圧倒的に体力や精神力が違うように思うので、そういう中で5長官ら強者たちを相手にしていけるモーヴってどれだけ精神力が強いんだろうって思います。

下野女性ならではの見方ができるというイメージがモーヴにはありますね。あと、Blu-ray BOXとDVD BOX第1巻に封入されている特典のスペシャルCDでは、TVシリーズでは絶対に観ることのできないモーヴの意外な一面が楽しめるので、ぜひ聴いてギャップを楽しんで欲しいですね。

すごく繊細な作業をしていて、でも、それがキャラクターの魅力に繋がっている

──演じる際に気を付けていることや心掛けていることなどがあれば教えてください。

下野ジーンは基本的に感情を表に出さないので、自分の中で殺していこうと気を付けて演じています。

田中この作品は会話劇で淡々と進行しているようで、見た目とは違う感情の動きが結構あるんです。でも、どうしても絵の雰囲気に合わせようと思ってしまうので、そういう狭い幅の中での感情表現に毎回苦労しています。

下野すごく繊細な作業をしている気持ちになりますね。でも、それがキャラクターの魅力に繋がっていくように感じています。

──本作には個性溢れるキャラクターたちが数多く登場しますが、演じられているキャラクター以外に、気になる人物がいれば教えてください。

下野かなり個性的な人たちが本当に多いので、正直な話、全員って言いたいくらいですね(笑)。他の区にいるACCAのメンバーたちやモブレベルのキャラですら気になるくらいみんな濃いんです。それだけ気になる人たちがいる中で、あえて挙げるとするならば、上田耀司さんが演じている監察課のオウル課長です。しっかりしているんだかしていないんだか分からない、あの感じが気になりますね。

田中私も全員って言いたいんですけど、この作品は男性が多いので、やっぱりロッタちゃんの可愛さにいつも癒されています。ロッタちゃん自身もすごく可愛いんですけど、そこに悠木碧ちゃんのピュアな演技がプラスされて、とっても可愛らしいなって。

下野碧ちゃんの喜ぶ顔が浮かびますね(笑)。

──アフレコ現場の雰囲気はいかがですか? また、印象に残っている収録時のエピソードなどがあれば教えてください。

下野色々ありすぎてしまって、何を挙げたらいいのかよく分からないんですけど…(笑)。僕もジーンと一緒で巻き込まれ型なので、なぜか現場ではイジられることが多いですね。自分のこと以外で言えば、碧ちゃんが敦子さんを大好き過ぎて、アフレコ中も碧ちゃんは自分の出番が終わっていたら敦子さんの演技を食い入るように見ていますね。敦子さんの出番がない回は本当に寂しそうです(笑)。

田中今はもう本当に和気藹々とした楽しい現場で、休憩中も色んな話で盛り上がったりしているんですけど、最初はやっぱりみんな緊張していて、その空気を壊してくれたのが下野さんだったんです。第1話の台本で、パンの表現が“フワフワ”ではなく“フクフク”って書いてある誤植があったんです。それをそのまま読んでくださって、あれで一瞬にしてスタジオの張り詰めていた空気が和んで、あそこから良い雰囲気になったと私は思っています。

下野こういう独特な表現の仕方もあるのかなと思っていたら、スタッフさんから「ごめんなさい。これ誤植で、“フワフワ”です」って言われて、やっぱり違っていたのかと(笑)。

田中スタジオの中でも“フワフワ”じゃないって思っている人と、私みたいに“フクフク”っていう表現もあるのかなって思っている人がいたと思うんですよね(笑)。

下野そういうのも含めて、本当に良い現場だなと。若手もいれば大ベテランの方たちもいる中で、休憩時間は和気藹々としていて、いざ本番になるとピリッとする、すごく心地の良い現場ですね。

モーヴはすごいことをサラッと言うなって思いましたね(笑)

──第3話、モーヴに食事へ誘われたジーンが、それが接待だと知って恥ずかしがるシーンがありました。普段見せないジーンの表情や仕草がとても印象的だったのですが、あのシーンは演じられていかがでしたか?

田中ジーンの恥じらう姿がとても可愛かったですね。

下野原作コミックを読んだ時からそうでしたが、自分の中でのジーン像が一気に変わったシーンでした。ただ単に、ジーンは言葉や表情に出さないだけなんだって気付いたところですね。あと、第2話のラストでモーヴに食事へ誘われるシーンは、ミスリードっぽく怪しげな陰謀めいた雰囲気で終わるのかなと想像していたんですけど、オンエアを観たらジーンの心をそのまま音楽で表現していたんです。自分が思い描いていたものと違う雰囲気になっていたんですけど、それが良い意味で裏切られた感じがして、印象深いシーンですね。この作品にはそういうシーンが結構あるんです。

田中私はこの一連のシーンの中で、モーヴがジーンに対して言う「君は私と同じ秩序を望む者だ」というセリフがすごく印象に残っています。実はこのシーンのアフレコの時、モーヴはドレスアップして行っているのでジーンを誘っているように見えた方が面白くなるのかなっていう、ミスリード的な演技プランを持っていったんですけど、そうではない方向での演出だったので、どうにかこねくり回そうと思っていた自分が恥ずかしかったです(笑)。モーヴはそういうタイプではないし、選んだお店のマナーとしてドレスアップしているだけなんです。

下野もしも僕がジーンだったら「なんだ、接待なのかよ」って思いますよ(笑)。

田中男性はあの状況下なら、やっぱりちょっとは期待するものなんですか?

下野それは期待しますよ。ちょっとどころじゃないですよ(笑)。

──第7話、モーヴがジーンの血筋を告げるシーンを演じられていかがでしたか?

田中この人(モーヴ)はすごいことをサラッと言うなって思いましたね(笑)。

下野原作コミックを読んだ段階では、実はジーンはそのことに薄々気付いていたのかなと思っていたんですが、演じてみて本当に知らなかったんだと思いました。モーヴに血筋のことを告げられて、ジーンは一見淡々と受け答えしていますけど、ジーンなりに動揺しているという気持ちで演じました。

──最後にファンへメッセージをお願いします。

下野ここから本当に怒涛の展開になっていくので、最終回まで一つ一つのシーンとセリフを余すことなく観て聴いて頂きたいですね。

田中全てが繋がって見どころになっていると思いますので、本当に一言も聴き漏らさずに最後までみなさんも一緒に駆け抜けて頂きたいです。

の付いたインタビューはV-STORAGE online限定の記事です。

PROFILE

下野 紘(しものひろ)
4月21日生まれ、東京都出身。アイムエンタープライズ所属。代表作に『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズの来栖翔役、『ジョーカー・ゲーム』三好役などがある。2016年より声優デビュー15周年を記念したソロプロジェクトとして、アーティスト活動も行っている。

PROFILE

田中敦子(たなかあつこ)
11月14日生まれ、群馬県出身。マウスプロモーション所属。代表作に『攻殻機動隊』シリーズの草薙素子役、『うたわれるもの』カルラ役などがある。その他、吹き替えやナレーションなど幅広く活躍している。


<放送情報>
TOKYO MX他にて毎週火曜23時〜放送中
3月28日(火) 最終話放送!!


<Blu-ray&DVD発売情報>
ACCA13区監察課 Blu-ray BOX&DVD BOX 第1巻
2017年4月21日発売
Blu-ray BOX特装限定版:¥13,000(税抜)
DVD BOX特装限定版:¥11,000(税抜)

ACCA13区監察課 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「ACCA13区監察課」関連記事一覧

ACCA13区監察課
もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE