matoi_161214_top
  • インタビュー
  • |
  • 装神少女まとい
  • ココだけ

最終話放送直前!大人気の和風魔法少女アニメ『装神少女まとい』諏訪彩花×大空直美キャスト対談全文掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実力派スタジオ「WHITE FOX」初のオリジナルアニメーション『装神少女まとい』の放送も、遂にクライマックス! 監督に『天体のメソッド』の迫井政行、シリーズ構成・脚本に『ガンダムビルドファイターズ』シリーズなどで知られる黒田洋介ら気鋭のスタッフ陣で贈る和風魔法少女アニメが待望のBlu-ray化! そこで今回は、皇まといを演じた諏訪彩花さんと草薙ゆまを演じた大空直美さん主演声優二人に、本作の“これまでの軌跡”と“これからへの想い”を伺った。

まといはビジュアルがすごく可愛くて、魔法少女で可愛らしい、
ザ・ヒロインみたいな女の子だと思っていました

──オリジナル作品に出演することへのプレッシャーはありましたか?

諏訪最初に「『装神少女まとい』まとい役で出演決まりましたよ」って連絡を受けて「主人公じゃないですか!?」って言っちゃいました。オーディションは、まといとゆま両方を受けたんです。まといはビジュアルがすごく可愛くて、魔法少女で可愛らしい、ザ・ヒロインみたいな女の子だと思っていました。オーディションで演じる時には「ひいい、どうしよう」って思っていたんです。でも決まった時は、プレッシャーよりワクワクや喜びの方が勝っていました。

大空一般的なオーディションというのは、一次審査でテープ審査をして、二次審査ではスタジオで直接お芝居をして、どんどん関門をクリアしていって合格! というイメージがあったんですけど、今回はテープ審査の時点で「受かりましたよ」って事務所から連絡が来たのでびっくりしました。「ホントに私!?」って。

──演じる側としては、原作があるほうがやりやすいですか?

大空演じる上でのヒント・手がかりがいっぱいあるのは原作ものですよね。オリジナル作品は、自分で作っていく部分が多いのですごく燃えてきました!

諏訪オリジナル作品は、アフレコで皆さんが演じて「あ、このキャラはこういう感じなんだ」ってそれぞれのキャラクターとの関係性や世界観がよりわかるので、皆さんの演技を聞いて吸収しようという想いがありました。

大空私もです。置鮎龍太郎さん演じるゆまのお父さんが、すごく面白くてひょうきんで明るく元気だったので、「このDNAをゆまに反映したい」と思って、置鮎さんのお芝居をじっくり聞きました。

諏訪私にとっては伸吾くんがそうでした。東地さんの演じられる伸吾くんが本当にとても魅力的で大好きなんです。伸吾くんへの愛は自然にまといとシンクロしています。なので2人の会話のシーンは、先輩である東地さんに引っ張って頂いている部分がすごくあると思います。だから伸吾くんのまといのことを想う気持ちに私も全力で応えられるようにしたい!っていう気持ちはいつもあります。

──その場で吸収するものが大きかったんですね。

諏訪『まとい』はそうかもしれないです。そういった意味ではそらそら(大空さん)とこんなに仲良くなれて嬉しいですよ。とても影響が大きかったので。

大空私も嬉しい! お芝居の話がたくさんできるので。

──お互いの第一印象を教えてください。

諏訪第一印象から親近感があって、最初から話しやすかったです。

大空私も。最初から話しやすい感じでした。

諏訪たぶん感じていることが一緒なんだと思います。何か出来事があって、それに対して思うことが似ているんだと思いますね。

大空私は勝手に相性がいいんだと思っています。

諏訪それだー!(笑)。私、めちゃくちゃ助けられてるんですよ! 本番前は「大丈夫大丈夫」って言っちゃって、そらそらが「あそこちゃんと考えておかなきゃ」って言ってるのに「大丈夫だよ、その場の流れで」なんて言うんですけど、いざやってみたら私がめちゃくちゃ大失敗して、そらそらがフォローするみたいな(笑)。私は本当に本番に弱くて、それをすごくフォローしてくれるんです。

大空こちらこそです。困った時に、「はい諏訪ちゃん!」って振るとアドリブというか、その場で言うコメントが神懸かっていて、すごく面白いこと言ってくれるから(笑)。

諏訪いやいやそれでめちゃくちゃすべってるから…。

大空安心感があるから、バディって感じ!

諏訪バディ! 格好いい。

大空でしょでしょ。

諏訪物語の最初の方は、まといとゆまの2人で話を展開させることが多かったので、コンビとして一緒に頑張ろう、乗り越えていこうって思えます。

大空先輩が多数いらっしゃる現場での若手2人ですから。キャリアも結構似ているので、自然と一緒にいることも多くなりますしね。

ゆまは思いつく四字熟語がいっぱいあって、
猪突猛進とか天真爛漫がよく似合う子、本能で生きている感じです

──演じているキャラクターについて教えてください。

諏訪まといはまだ中学2年生なんですが、家庭環境が複雑ですね。小さい頃にお母さんが行方不明になって、お父さんである伸吾君の仕事が忙しいからと祖父母の家に長い間預けられていた。だから伸吾君とはちょっと距離があるんですよね。こんな環境だから、まといは両親と3人で穏やかに平和に暮らしたいって願っています。ゆまと話しているときも、暗い話や自分の心情は言わない。普通に優しくて明るい、普通の女の子です。でも、彼女自身も知らないうちに、神様を纏創(てんそう)して戦う退魔の巫女になってしまうんですよね。

大空よく、巻き込まれ型ヒロインと言われています。

諏訪まといが「ザ・巻き込まれ型」だというのは、監督・音響監督から言われていました。第1話からずっと、本当に事あるごとに巻き込まれていますね。最初は「普通な感じで」って言われていたのに、「巻き込まれ型」がまといの一つのキャラであるとは。

大空優しいよね、まといは。

諏訪巻き込まれつつ「纏創しちゃったー!」となりながらも、誰かが傷ついていたら後先考えず行動してしまうほど正義感が強い子。そんな子です!!

大空ゆまは思いつく四字熟語がいっぱいあって、猪突猛進とか天真爛漫がよく似合う子、本能で生きている感じです。憧れが強くてちょっとミーハーなところがあって。まといの夢の「普通に生きていたい」に対して、ゆまの夢は「超セレブと結婚したい」と、神社の巫女の血を引いているにもかかわらず、すごく煩悩が強いんですよね(笑)。お父さんも煩悩が強くて、お金儲けが上手でお金が好きだったり、俗っぽい。そういうところがまた魅力的だったりするんです(笑)。台本を読んで深く掘り下げようというよりは、感じたままを演じようと思いました。いい意味で空気をよまないキャラって貴重なのかもしれません。彼女なりの正義で動いている、根拠のない自信をもっているところが面白い女の子だなと思っています。ストーリーが進むにつれて、結構真面目な部分も見えてきて、纏創するようになってからは危機感を持つようになりましたよね。徐々にストーリーに溶け込んでいけてるなと思います。最初は浮世離れしているマスコットキャラという感じがしたのに、段々人間らしくなっていて。

諏訪後半になるにつれて、本気のゆまが見れるようになりますよね。

──これまでのアフレコで面白かったことはありますか?

大空第1話でカレーに入れる香辛料が台本ではウコンだったんですけど、川澄さんはお料理が出来る方なので、「ウコンだと苦くならないよね」って気づかれたんですよ。その流れで香辛料は何がいいかをみんなで話しあった時は楽しかったですね。クミンになったのは川澄さんの意見なんですよ。やっぱりみんなで会議して作るのって楽しいですよね(笑)。

諏訪結構そういうことがありましたよね。「ここのセリフって…」って話し合って「あ、そういうことか」って落ち着いたり。みんなで話し合うのって新鮮な感じでした。

大空原作があったら、「原作ではこうだから」ってなるんですけどね。

諏訪音響監督や監督が悩んでいる時は、私たちも一緒に悩んだりして、お互いの意見を聞いて決まったみたいなこともありますからね(笑)。

日常をリアルに描いている部分が『まとい』ならではの特徴なのかなと思います

──第9話、第10話で物語が急展開を迎えます。

諏訪お買い物に行ったり、海に行ったりしていたのに、急に「コレは大事だぞ」っていう展開に。今のこの暮らしが壊されてしまうという状態になった時に、みんながそれぞれ考えるんですけど、その成長っぷりがすごいんですよ。

大空みんな後半になるにつれてどんどん変わって行ってるよね。

諏訪「私の本当の願いってなんだろう」「纏創して私に出来ることってなんだろう」とか、後半に入ってから急に大人びて、自分の気持ちに真面目に向き合うんですよね。まといにとっては、自分の本当の気持ちを理解して、それをみんなに伝えることになるので、この辺りが後半の重要なテーマなのかなと思います。…キャラぶれしてないかな。だいぶ大人びてちゃって、「誰?」みたいに思われないかな(笑)。

大空そんなことないよ。まといちゃんの成長だよ。すごくキリっとした顔を見せるようになったよね。

──和風魔法少女というジャンルは珍しいかと思いますが、どんなところに面白さを感じますか?

諏訪魔法少女って言っているけど、魔法というか。

大空私たちの印象ではゴーストなバスターだよね(笑)。

諏訪「退魔少女」って言って悪霊退散するんですけど、八百万の神様の力を纏って変身するっていうのが日本ならではの発想ですよね。日本と海外でそれぞれ纏う神様も違うし、そういったところも面白いですね。

大空変身するときに、服を供物として神様に捧げてその力で変身できるっていうシステムが、斬新でよく考えられているなって思いました。

諏訪監督から「神様の力を借りているので、供物として自分の服を捧げているということなんですよ」と、変身が解けると全裸になってしまう理由を明確に教えていただいて、感動しました(笑)。ジャンルとしてはファンタジーですけど、ファンタジーというよりは日常の中に潜む非日常という感じがします。日常をリアルに描いている部分が『まとい』ならではの特徴なのかなと思います。

大空森と神社の赤い鳥居とか背景がすごく綺麗ですよね。すごく目に焼き付いています。

諏訪BGMも超和風の曲が素敵なんです。

大空ただの和風じゃなくて、和の楽器を使わなくても和に聴こえるのが凄いんです!

──まといと伸吾の距離が話数を経て少しずつ縮まっていきますが、演じるにあたって距離感などを意識されたことはありますか?

諏訪「こうしたい」「これ聞きたい」と思っているんだけど、お互いを傷つけたくないし嫌われたくない。2人とも気遣い屋で不器用なんだなと感じました。関係が壊れるのを恐れていて、一歩踏み出せずにいた。第1話・第2話はぎこちない会話が多かったと思います。勇気を振り絞って、まといが伸吾君にお母さんのことを聞いて、伸吾君がお母さんとの出会いや思い出を話してくれた。それでまといは、自分が伸吾君とお母さんに愛されて生まれたんだって、すごく安心できたんじゃないかと思うんです。そこからは自分の気持ちをちょっとずつ伸吾君に伝えられるようになって、伸吾君も自分の気持ちを少しずつ伝えてくれて、壁を乗り越えられたんじゃないかなと感じました。

大空最初は遠慮しあっている2人だったのに、だんだん心を通わせている感じが伝わってくるから、後半は2人の会話で泣いちゃうんですよ!

諏訪こんなこと言われたらって、私もビデオチェックのときに泣きました。台本もらった時点でも「ええええ!」ってなっていたんですけど(涙)。

大空まといも伸吾君も、お互いがお互いのことを想い合っていて、本当にいい親子関係だよね。

クライマックスは心にジンジンくるので、ハンカチを用意して見守ってください

──お2人は魔法少女に憧れた思い出は?

大空変身願望が強すぎて、すごくあります。

諏訪私も変身願望はあるよ! この歳になっても変身できるなら変身したい…。『セーラームーン』世代なので、ごっこ遊びでは毎回セーラー戦士をやっていました。

大空私も幼稚園の時には『セーラームーン』が大好きで。セーラー戦士の服を着ていましたね。いい女が好きだから、真っ赤なハイヒールにセーラー服っていう、セーラーマーズのレイちゃんが好きだったんです。だけど、ツインテールに憧れていたから、セーラームーンの衣装を買ってもらったんですよね。あと、魔法も好きだったなぁ。ノートにオリジナルの魔法陣も書いていましたね。

諏訪私も公園に木の棒とかで魔法陣書いてたよ。やっぱり魔法少女とか変身って、女の子の夢だよね。

大空今でも変身願望があるんですよね。ウィッグとかいっぱい持ってるもん。

諏訪え、そうなの!?

大空でもウィッグをつけて出かけたことや、人に見せたことは一回もないですね〜。被ってちょっとボーイッシュな私とか見て満足して、スッとまた日常に戻ります(笑)。

諏訪私はファッションでするかな〜。ファッションでボーイッシュな感じにまとめてみるとか。今は髪を伸ばしてるけど、短くしたりとか。

大空もしかしたらファッションに憧れる女の子は変身願望から来てるのかもしれないですよね。

諏訪女の子はそれあると思うな〜、お着替え大好きだし。

──第11話の見どころをお教えいただければと思います。

大空頭からお尻まで全部好きですね。親子の絆という部分、お互いがお互いを想い合っているというのがすごくよく出ているんです。私が行ったら伸吾君が、一人になっちゃうっていう、まといの葛藤もあって。

諏訪第11話は全部見どころの塊なんですよ。まといは、伸吾君のために「じゃあ私は行く」って決心して、寂しいけど頑張るという想いがある。でも…だからこそ伸吾君には辛い展開だと思うんですよ。お母さんも私もいなくなったら、誰が伸吾君のそばにいてあげるの?ってね。まだ14歳の子供ですけど、「伸吾君を寂しくさせたくない」って健気に想っているところが切ないんです。そのぐらい大きな覚悟…決意を表すところなので、胸が苦しくなります。

大空クライマックス行きます! という感じで、第11話はすごく大事な回なので見逃さないで欲しいですよね。親子の関係性やいろんな伏線もあきらかになって、絶対に最終話を見守りたくなります。

諏訪みんながそれぞれに、何ができるかどうしたらいいのか考えて、大人たちの本音や複雑な思いも描かれるから、グッときちゃいます。

──最後に、読者の方々にメッセージを!

大空『まとい』をここまで見守ってきてくださった皆さんはすごくドキドキしていると思います。すごく魅力的なキャラクターたちの、気持ちの揺れ動きも見守りつつ、最後まで見逃さず楽しんでいただければと思います。また『まとい』を観てないよという方がいれば絶対観て欲しいです。心にジンジンくるので、ハンカチを用意して見守ってください。

諏訪本当に応援してくださって、ありがとうございます。『まとい』は、クライマックスに差し掛かり、最初はされるがままというか、流れのままに纏創していたまといも、色んなことがあって成長して、伸吾君との距離も縮まりました! 自分の本音を表すのが苦手な子ですが、自分の気持ちと向き合って決意して、自分なりの理由を持って敵と戦って、自分の思い描いている幸せを掴もうと頑張っています。是非まといたちを応援して見守ってくれたら嬉しいです。よろしくお願いします。

大空最後は皆が笑顔で終われるといいよね!

諏訪ね!!

の付いたインタビューはV-STORAGE online限定の記事です。

PROFILE

諏訪彩花(すわあやか)
5月27日生まれ。愛知県出身。アーツビジョン所属。アニメ『弱虫ペダル』寒咲 幹役で注目を集め、以後『悪魔のリドル』東 兎角役、『コメット・ルシファー』オット・モトー役、『田中くんはいつもけだるげ』越前役など、メインキャラクターを多数演じている。

PROFILE

大空直美(おおぞらなおみ)
2月4日生まれ。大阪府出身。青二プロダクション所属。2012年に声優デビュー。『いなり、こんこん、恋いろは。』伏見いなり役や、『アイドルマスター シンデレラガールズ』緒方智絵里役、『ももくり』水山のりか役を好演し、話題を呼んでいる。


<Blu-ray発売情報>
装神少女まとい Blu-ray Box 壱【初回限定生産】
2017年1月27日発売
Blu-ray Box:¥21,000(税抜)

装神少女まとい 第1巻
2017年1月27日発売
Blu-ray特装限定版:¥7,000(税抜)

装神少女まとい 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「装神少女まとい」関連記事一覧

装神少女まとい
もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE