trickster_160930_top_bnr_02
  • インタビュー
  • |
  • TRICKSTER-江戸川乱歩「少年探偵団」より-
  • ココだけ

完全オリジナルTVアニメ『TRICKSTER-江戸川乱歩「少年探偵団」より-』山下大輝×逢坂良太キャスト対談全文掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸川乱歩の不朽の名作「少年探偵団」を原案にした完全オリジナルTVアニメーション『TRICKSTER-江戸川乱歩「少年探偵団」より-』が、2016年10月3日よりTOKYO MX、読売テレビ他にて放送スタート! キャラクターデザインを「ローゼンメイデン」「しゅごキャラ!」などで人気の漫画家・PEACH-PITが担当。オープニング主題歌を歌うGACKTが、怪人二十面相役で声優に挑戦することも大きな話題を呼んでいる。そこで今回は、メインキャラクターの小林芳雄&花崎健介を演じる山下大輝さん&逢坂良太さんによるキャスト対談の模様をお届けする。

小林は死ねない宿命を背負ったことで、辛い時期があったのではと想像しています

──原案は江戸川乱歩の「少年探偵団」ですが、作品の予備知識として何か情報を集めたりされましたか?

逢坂原案が有名な作品なので驚きはありましたが、予備知識を蓄えることはあまり考えませんでした。江戸川乱歩の『少年探偵団』が原案ということや、小林・花崎という名前を使ってはいますが、舞台は近未来ですし、キャッチコピーにもあるようにオリジナル作品に参加しているという気持ちだったので。殺人事件があったから捜査をしていきましょうというわけでもなく、どちらかというとアクションが見どころな部分も多くて。例えるなら『ルパン三世』のような印象を受けるのではないでしょうか。

山下僕も逢坂さんが仰ったように、『少年探偵団』という枠組みを借りつつ、オリジナル作品のキャラクターを演じている気持ちで臨んでいます。

──お2人が演じる少年はどんなキャラクターですか?

山下小林は死ねない宿命を背負ったことで、14年間いろいろと大変なこと、辛い時期があったんじゃないかなと思ってます。すごく勝手な自分の想像なんですけど。そういうのも考慮して、人付き合いでも、あえて避けることを意識してますよね。あと、演じる僕にも死ねなくなった理由や、謎のもやが身体に付いた経緯はまだ明かされていないんです。演じていくにつれてキャラクターを理解していけるのが楽しみでもありますね。でも、素直になれないという性格については、話数によって見え方がちがうなと思います。監督に言われたんですけど、たとえば1話では、すごく可哀想な子に見えたらいいなと。だから僕も、弱くて可哀想に思わせるお芝居をしました。でも3話だと生意気な成分を少し強めに出したり。だから僕自身もまだ「こういう子です」と小林を定義づけることができないんです。ただ、きっと花崎とのやり取りに何か感じるところがあって一緒にいるんじゃないかな、って。

逢坂僕が演じる花崎は直情的なので、あんまり難しいこともないですね。監督も「おバカなキャラっぽく、明るく元気にやってもらえれば大丈夫です」みたいな(笑)。説明としても、少年探偵団を引っ張るムードメーカー、っていうところですかね。

怪人二十面相を演じるのがGACKTさん…キャスティングに衝撃を受けました(笑)

──本作には個性的なキャラクターが多く登場しますね。

山下二十面相はまずキャスティングにびっくり! 一番衝撃を受けました(笑)。

逢坂「GACKTさんなんだ!」って衝撃が走ったよね。二十面相は、やっぱり今後もずっと関わっていくキャラクターだと思うので、やっぱりラスボスなんじゃないのかと妄想しています。

──最初に本作を知ったときに、面白いと思った点はありますか?

逢坂一番最初に「おっ」て思ったのが、江戸川乱歩を取り扱うのかっていうところですね。細かいところはあまり書いてなかったので…小林の場合だと、死ぬことがテーマになっているというか。死にたいという衝動を常にかかえているので(笑)。意外とこのご時勢、攻めてる内容だなと感じてます。これだけ闇が深い子はなかなかいないんじゃないかなって思いますし。

──小林の側に花崎のようなキャラクターがいるのは、それが理由かもしれませんね。

逢坂2人の対比はわかりやすく陰と陽なので。光と闇みたいな。

山下わかりやすいですよね。

逢坂ちょうどいいバランスなんだなって感じながら演じていて。あとは、先が見えないことが楽しみだなって思うので、オリジナルならではというか。次の回は何が起きるのか、とか。だからこそ先のことをあまり聞きたくないんですよね。

山下ゴールがわかってると、そこに向かって演技しちゃうかもしれませんよね。

逢坂そうなんですよ。それが芝居に出てきちゃう人もいるので。今は自分の思う花崎のままでいきたいなって。重大な秘密とか知っちゃうと嫌ですもんね(笑)。その秘密を知ったうえで、芝居にいい効果を発揮させられるなら別ですけど。僕は花崎のリアルな心の変化っていうのを出していきたくって、それに対して計算を入れた芝居をしたくはないんですよね。台本の流れがあるにはあるので、その読み方をどう変えて、反射神経で即興に演じるというか。まぁどっちかというと山下くんがリードしてくれる側なので、それを見つつ(笑)。

山下僕自身、まだ小林っていうキャラクターを掴みきれていないのですが、リードしていけるようにがんばります(笑)。

──本作は舞台や漫画をはじめとしたメディアミックス展開が最初から企画されています。

山下アニメはアニメ、漫画は漫画、舞台は舞台、っていう形で、それぞれがそれぞれの良さを出した作品になっていければいいですね!

逢坂アニメに引っ張られない形で、それぞれのジャンルが強みを発揮して作り上げていってほしいです。そっちのほうが観ていて面白いと思うんですよ。いろんな味わいがあって。

人の意見に左右されることなく、自分の観たまま、思ったまま楽しんでほしい

──本作は近未来の2030年代を舞台にしていますが、現実世界の2030年代ではお2人はどうなっていると思いますか?

山下実はそんなに遠い未来じゃないんですよね。スーパー近い未来なんですけど、作中だとスーパー発達した世界になってる。花崎が使うワイヤーアクションもかっこいいですし。あんな未来が待ってるのかなぁって楽しみにしてます。

逢坂でも14年以上後だよ? けっこう歳は…。

山下…ホントだ! 歳のことまで考えてなかった(笑)。

逢坂僕はハゲてなければいいかな〜(笑)。

山下それ大事ですね。

逢坂大事ですよね。

山下死活問題です。

逢坂なんとか、楽してハゲない方法を…(笑)。

山下今一緒に収録をしている先輩方と同じくらいの年齢になってるわけじゃないですか。…まだこの業界にいれればいいなって思いますよね(笑)。

逢坂それはそのとおり(笑)。

山下ずっといろんな作品に携わり続けていきたいなって思います。

──現実世界の2030年では、どのような声優でありたいと思いますか? お2人ともキャリアもスキルも磨きがかかっているかと思いますが…。

逢坂そうあってほしいですね、逆にその頃には今のような役柄は出来ないんじゃないかなと思うので、今できることを頑張らないと(笑)。

山下明智小五郎役を演じられている小野大輔さんみたいなポジションに、僕もいつかなれるんでしょうか! ああいう渋い役を僕も演じられたいいなと思う…んですけど、声質的には若干ジャンルが違うかなとも感じています(笑)。

逢坂そのポジションではないよね、声質的に(笑)。

山下でもずっと少年役をできるポジションにいたいっていう気持ちもありますね。

逢坂阪口大助さんみたいな?

山下そうそう! 山口勝平さんとか!

逢坂僕はどんどん声が低くなっていっているので、どんな役でもできればいいなと思っています。実際の年齢と演じる年齢に差があっても演じている先輩方はたくさんいらっしゃいますし。「この人だったんだ、気づかなかった!」と、クレジットで確認するまでわからない人を目指してます。観ている方に中の人を意識させたくないんですよ。

山下それはすごいわかります。

逢坂意識しちゃうと、その人の声にしか聞こえないって言うときがあると思うので。それが固定ファンの方なら別なんですけどね。絵と、音楽と、声、その他もろもろが合わさって1つの作品が作り上げられています。なので、観る時は作品全体を観てほしいと思うんですよね。その中に好きなキャラクターがでてくればそれで良しだし。「逢坂さんが出演されてるので観てます」と言われるのは、個人的に嬉しい反面、「作品自体はどう受け止めてもらってるのかな」と不安も感じます。本作でもしファンの方と実際にお会いするような機会があれば「『TRICKSTER』が好きです」って言ってもらいたいんです。「その中でも花崎が好きです!」って言われるようにベストを尽くしたいです。

山下自分の観たまま、思ったまま楽しんでほしいですよね。そのうえで、その人の思い出に残る作品になってくれればいいかなと。人の意見に左右されることなく、自分が好きだと思える作品に出会ってほしいです。

逢坂アニメを観るっていう、純粋な楽しみを忘れないでいてほしいですね。

の付いたインタビューはV-STORAGE online限定の記事です。

PROFILE

山下大輝(やましただいき)
9月7日生まれ、静岡県出身。アーツビジョン所属。出演作に『弱虫ペダル』小野田坂道役、『僕のヒーローアカデミア』緑谷出久役などがある。

PROFILE

逢坂良太(おおさかりょうた)
8月2日生まれ、徳島県出身。EARLY WING 所属。出演作に『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』ミクリオ役、『甲鉄城のカバネリ』巣刈役などがある。


<放送情報>
■TOKYO MX:2016年10月3日より毎週月曜25時5分〜
■読売テレビ:2016年10月3日より毎週月曜25時59分〜
■BS11:2016年10月4日より毎週火曜25時30分〜
※放送日時は予告なく変更となる可能性がございます。

TRICKSTER-江戸川乱歩「少年探偵団」より- 公式サイト

続きを読む


その他おすすめの注目記事

ARCHIVE