インタビュー

mdmb2
  • インタビュー
  • |
  • マクロスΔ
  • ココだけ

豪華特典満載のBlu-ray&DVDが遂に7/22発売!! 2回目の登場!『マクロスΔ』鈴木みのりキャストインタビュー全文掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要キャラクターたちの人間ドラマと、シリーズ屈指の迫力で描かれるバルキリー編隊同士の空中戦が話題を呼んでいるマクロスTVシリーズ最新作『マクロスΔ』が、戦術音楽ユニット「ワルキューレ」の1st LIVEのチケット優先先行抽選申込券など豪華特典を満載したコレクターズ仕様のBlu-ray&DVDが7月22日にいよいよ発売! そこで今回は、本作のヒロインであるフレイア・ヴィオン役を約8000人の中からオーディションで射止めたシンデレラガール・鈴木みのりさんに再び話を伺った。最初の頃と現在とでは、どのような心境の変化と声優としての成長があったのか、新歌姫の心境に迫る!

一人のファンとして観ることで役の性格と口調が浸透し始めた

──放送をご覧になった印象はいかがですか?

鈴木 アフレコ中はフレイアの気持ちに没入してしまうのですが、放送を観ている時は自分がフレイアを演じていることを忘れて、ひとりのマクロスファンとして楽しんでいます。アフレコは、絵がまだ仕上がっていない状態で演じているので、放送を観て「やっぱりマクロスってすごい」と再認識しました。

──鈴木さんが演じているフレイアというキャラクターとご自身の共通点はありますか?

鈴木 前向きで、すごくまっすぐ進むところや、「こうする!」と決めたことでも、揺らいだり何度も悩んだりする部分が似ているなあ、と。改めてフレイアは、そのまま私だなあって感じることが多いですね。

──鈴木さんは愛知県のご出身ということですが、フレイアの方言のイントネーションなどに、普段の話し言葉が影響されるといったことはありますか?

鈴木 最初から、フレイアが話す言葉が、私がいつも使っている愛知県の三河弁に似ていると思っていたので、「こう読もう」と考えるよりは、本当に自分が使っている気持ちで読んでいます。最近は三河弁にはないフレイア弁が自分に浸透してきて、三河弁で話している時、たまにフレイア弁が出ちゃうようになりました(笑)。近頃はフレイアを三河弁に寄せるというより、自分がフレイアに引っ張られています(笑)。

──アフレコの際、音響監督から演技指導を受けると思うのですが、最初の頃と現在とで違いはありますか?

鈴木 最初は、台本を読んで「この自分のセリフはこう読もう」だったり、訛りのイントネーションのことばかりを考えていたんですけど、第一話の時に、音響監督の三間雅文さんからキャラクターの心情をしっかり考えるようにご指導いただいたことが印象に残っています。最初の頃はとても指導が多かったんですけど、今は少なくなってきたので、「フレイアのことを少しずつ理解できてきたのかな?」とちょっと嬉しい部分もありつつ、「まだまだなんだろうな」と思って今がんばっています。

作品愛溢れる歌姫が好きなのは、やんちゃな末っ子キャラ

──各キャラクターの人柄が丁寧に描かれているところも『マクロスΔ』の魅力ですよね。鈴木さんが気になる男性キャラクターは誰ですか?

鈴木 これは鈴木のただの好みですが、ボーグが好きです。ボーグがルンを光らせているところがたまらなく可愛いです。ああいうやんちゃキャラがデレたらどうなるんだろうかとか勝手に想像して…(笑)。あとボーグとヘルマンの関係がとても微笑ましいところも好きです。…ちょっとオタク全開になってしまいましたね(笑)。

──『マクロスΔ』には、動物も登場しますが、鈴木さんが好きな動物キャラクターは?

鈴木 海猫のキュルルとドンですね。実は、キュルルって意外と唇が厚いんですけど、そこもまた可愛らしいですよね。キュルルのキャラクターグッズが早く欲しいなって思っています。質感も、犬っぽいのかアザラシっぽいのか気になるところですが、個人的にはぬめっとしてて欲しいです(笑)。

フレイアの成長を通して声優としての成長が見える

──「V-STORAGE Vol.5」でのインタビューの際に、鈴木さんはフレイアを演じているご自分について「現時点では0点だけど、最終回の頃には100点になるようにさまざまな経験を積み重ねていきたい」とおっしゃっていました。現在、中間地点に近い時期になりましたが、今は自分に何点をつけますか?

鈴木 今でも0点ですね。フレイアとともに、私もいろいろ経験させていただいていているんですけど、やっぱりまだまだだなと思いますし、ここで中途半端な点数とか良い点数をつけてしまうと、きっと自分はそれに甘んじてしまうので、自分に厳しく生きようかなと(笑)。

──物語が進むにつれてフレイア、ハヤテ、ミラージュの関係性にも変化の兆しが見えてきましたね。

鈴木 最初は、フレイアがハヤテやミラージュをはじめ、みんなを引っ張っていたので、これからもそういう関係性なのかなって思っていました。でも最近はハヤテが主人公らしく、みんなを引っ張る力が強くなってきたなと。ミラージュも女の子らしくなってきて…。周りの人たちが変化していく中で、根本的な性格は変わりませんが、フレイアも回を重ねるごとに大人っぽくなってきていると思います。そのフレイアの変化にちょっとハヤテが気づき始める中で生まれる三人の関係性の変化に注目して欲しいです。その一方で、美雲さんは未だに何者か全く分からないので、これからの展開を私自身楽しみにしています。

──最後に読者へのメッセージをお願いします。

鈴木 Vol.5を読んでくださった方に、フレイアの成長と私の成長がアニメを通して感じていただけていたら、とても嬉しいです。もっともっと成長できるよう、0点からせめて50点を目指して、頑張ります。『マクロスΔ』とワルキューレとフレイア・ヴィオンと鈴木みのりをよろしくお願いいたします。ぜひライブにも遊びに来ていただけたら嬉しいですね。

PROFILE

鈴木みのり(すずきみのり)
1997年10月1日生まれ、愛知県出身。応募総数約8000人のオーディションという狭き門を潜り抜け、新人声優として見事デビューを果たした。


<放送情報>
■TOKYO MX:毎週日曜22時30分〜
■毎日放送:毎週火曜27時〜
■テレビ愛知:毎週水曜26時5分〜
■テレビ北海道:毎週水曜26時5分〜
■TVQ九州放送:毎週月曜26時30分〜
■BS11:毎週火曜24時〜
※放送日時につきましては放送局の編成の都合により、変更となる場合がございます。


<Blu-ray&DVD発売情報>
マクロスΔ 第1巻
2016年7月22日発売
Blu-ray特装限定版:¥7,800(税抜)
DVD特装限定版:¥6,800(税抜)

<プレゼント情報>
鈴木みのりさん直筆サイン入りアフレコ台本を1名様にプレゼント!
プレゼントページはコチラ! >

マクロスポータルサイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「マクロスΔ」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE