go3mb
  • インタビュー
  • |
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起
  • ココだけ

シャアの誕生秘話を描く『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』柿原徹也キャストインタビュー全文掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

累計発行部数1000万部を誇る安彦良和原作による大ヒットコミックス『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』のアニメ化第3弾『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN III 暁の蜂起』は、2016年5月21日よりイベント上映されると大ヒットを記録した。そんな大反響を巻き起こした第3話には、ザビ家の四男であり末弟ガルマ・ザビがシャアの学友として登場。彼を演じる柿原徹也さんが、役さながらにシャアへの愛を語る。

全てはシャアのために、僕はガルマを演じていました

──ガルマを演じることが決まった時の率直な感想を教えてください。

柿原 どんな作品でもオーディションを受けさせて頂けるだけで有り難いのですが、今回の役が決まった時は飛び上がるほど嬉しかったです。今は多くの声優がいて、オーディションさえ受けられない人がたくさんいる中で、タイトルに『機動戦士ガンダム』という冠が付いている作品のオーディションに声を掛けて頂けたことは本当に光栄なことでした。しかも、自分がその前にやっていたのが『機動戦士ガンダムUC』という作品で、それこそ(池田)秀一さんが演じられているフル・フロンタルを敬愛するアンジェロ・ザウパー役として出演させて頂いていたので、まさか『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』でもシャア・アズナブルの傍にいることになるガルマという役を頂けるとは正直思っていませんでした。それだけ『機動戦士ガンダムUC』で培った秀一さんへの愛、そういうもの全て含めて僕のシャア・アズナブルへの愛が伝わったのかなって(笑)。アンジェロを演じたことで、秀一さんから発せられる『ガンダム』に対しての熱量を長い間感じていましたし、本当に色々なものを勉強させてもらいました。自分も『ガンダム』という作品の尊さは分かっているつもりではいるので、そういう意味で、ガルマという役を「やっていいよ」ってガンダムの神様が、僕に役を降ろしてくれたのかなって思っています。もちろん責任は感じていましたけど、それ以上に役者としても人間としても、面白味のあるキャラクターを演じられるという楽しみの方が強くて、ゾクゾクしましたね。

──ガルマを演じるにあたって、意識したことや心掛けたことなどは何かありましたか?

柿原 僕も当然ながら『機動戦士ガンダム』を観ていましたが、『機動戦士ガンダム』ではアムロが主役で、敵対するシャアがいて、そんなシャアの仲間としてガルマが出てくるという立ち位置だったんですけど、この『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、シャアが主役で、シャアの士官学校の同期という形でガルマは登場するので、『機動戦士ガンダム』の時の距離感とは全然違うと思うんです。ですので、昔の『ガンダム』作品で出てきているガルマは一切なぞらないということを決めました。自分の中で台本を読んで、映像を見た時に生まれたものが全てで、隣にいる秀一さんのお芝居を見て、それを僕が受け止めて、その生の声を聞いて、僕が発した言葉の全てがガルマになると思っています。それこそ『ガンダム』は、作品の持つエネルギーが凄いので、僕がどんなセリフをどういう風に言い回そうが、どんな形でも成立するようにできているのが『ガンダム』という作品だと思うんです。そういう意味では気取らず、本当に自分の感性で受け止めたものを、スタッフのみなさんや『ガンダム』を観てくださっている方たちのことを信用して、格好をつけずに素直に出すのが一番良いんじゃないのかなって思っています。もちろん、『機動戦士ガンダム』で、ガルマが迎える結末は知っているんですけど、演じている時はそれを頭からは取っ払っていましたね。先のことを考えるのではなく、そこにはシャアへの愛しかないですね。全てはシャアのために、僕はガルマを演じていました。

秀一さんとお芝居をできるということに対しては感謝の気持ちしかない

──シャアを演じる池田秀一さんと『機動戦士ガンダムUC』以来、久々に共演された感想は?

柿原 先程も少し触れましたが、『機動戦士ガンダムUC』でのアンジェロは、最初からフル・フロンタルを溺愛している状態から始まっていて、アンジェロにとっては完璧な上司で、もしかしたら神様のような存在で、彼を崇拝するという関係性でした。それに対して、この『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』でのガルマは、士官学校に入ってきたお坊ちゃんで、右も左もまだ全然分からないようなキャラがシャアに出会って変化していくという関係性でした。ですので、秀一さんとの距離感が『機動戦士ガンダムUC』の時とはまるで違いますよね。今回、秀一さんが投げかけてくるお芝居だったり、僕と喋ってくださる何気ない会話は、同期生という温度や目線の違いなのかなって。それは演じていて、秀一さんの方から歩み寄ってくださっているっていうのが当然伝わってきますしね。ご本人の前では言いたくないですけど(笑)、秀一さんが現場にいるといないとではやっぱり空気が違いますから。でも、それは当たり前のことだし、安っぽくなるので「さすがです!」とかは口にしたくないんです。秀一さんは大ベテランで、僕なんかまだまだ若手って言われてしまう世代です。そんな若手の一人に過ぎない僕が、秀一さんと一緒にお芝居をできるということに対しては、本当に感謝の気持ちしかないです。僕にとっては秀一さんもシャアも生きる伝説ですからね(笑)。今回の第3話の中に、漫画にはないシャアの言葉で「赤いな、実に良い色だ…」っていうセリフがあるんですけど、秀一さんが「あのセリフ、おいしいんだよね。シャア的には」と仰っていたんです。確かに格好良いセリフなんですけど、秀一さんが演じるからこそ存在感が違うものになるんです。あの圧倒的なシャアという存在感と、秀一さんがずっと演じられてきた声の深み。だから『ガンダム』はズルいなって本気で思いますね。例えば、どこかで聞いたことがあるようなセリフであっても、『ガンダム』のキャラクターたちが言うと、「これは歴史に残るだろうな」って悔しいけど思ってしまうんです。この第3話が上映された時、僕の口癖は「実に良い色だ!」になっていると思います(笑)。決して特別なセリフではないのに、こんなにも残る…これが『ガンダム』なんだなって改めて思いましたね。

──ちなみに、ガルマで歴史に残るだろうと思われるセリフはありましたか?

柿原 それはやっぱり「触るな、僕に指一本触るな」ですね(笑)。これはオーディションにもあったセリフで、自分で言うのも何ですけど、渾身の「触るな」がオーディションの時にできたなと思っているんです。あんな汚い声は今まで出たことがないっていうくらい、見すぼらしい「触るな」が出たんです。でも、あのシーンはガルマの中で、死にたいと思うくらいのことじゃないですか、いっそのこと殺してくれっていうくらいの。その気持ちが出た「触るな」は、オーディションと本番の一回だけかなって思います。どうしても役者って格好つけたくなっちゃうんです(笑)。綺麗な声とか渾身の格好良い声とか、そういうものを出してしまいがちなんですけど、アンジェロでそういう声は十分出してきたので(笑)。ガルマは本当に人間臭く演じていきたいと個人的には思っています。ただ、常に思っていることは、僕らが子供の頃にシャアやアムロが言っていたセリフを覚えていたように、ガルマの一言一言をガンダム史に残したいと言ってくれる子供たちが出てくるんだろうなって。なので、全てのセリフが歴史に残るものと思って、気を引き締めて演じています。

シャアみたいな男が本当にいたら、誰でもやられちゃいますよね(笑)

──第3話の見どころやオススメポイントを教えてください。

柿原 本当に全部ですね。観始めたら面白くて、ついつい止まらなくて全部観てしまいました。それにしても同期生であんなに頼もしい、シャアみたいな男が本当にいたら、誰でもやられちゃいますよね(笑)。そういう意味では、良い雰囲気のシャアとガルマに注目して頂けたらと思います。

──柿原さんにとって『機動戦士ガンダム』とは?

柿原 僕はサブカルチャーに対して、子供の頃あまり興味がなかったんです。興味を持つきっかけになったのが、幼稚園の先生を一年間ドイツでやっていた時のこと。そこはドイツ人の子供たちだけでなく、日本を含む世界中の子供たちが通っている幼稚園だったのですが、子供たちが僕の言うことを全然聞いてくれない時に、日本のアニメ―ションに救われたんです。日本のアニメはドイツでもとても盛んで、ちょっとキャラクターの声真似をして「友達と喧嘩しちゃダメだよ」とか「お父さんとお母さんの言うこと聞かなきゃだめだよ」と言ってみたら、子供たちが興味を持ってくれて聞いてくれたんです。日本人には日本語で、ドイツ人にはドイツ語で、両方ともやりました。声は似てなくても、内容さえ伝われば世界共通なんだと実感して、僕の父母の母国である日本人が作っているサブカルチャー“ジャパニメーション”はすごいんだなって改めて痛感したんです。それがきっかけで、サブカルチャーに対して、絵も描けない、本を書く才能もない僕に何ができるのかを考えるようになって、子供たちに声なら届けることができるのかなと思ったんです。その時の思いが今にも繋がっています。声優・役者になろうと思って日本に飛び出してきた時に改めてサブカルチャーの力を使って子供たちに何かを伝えられないかと考えました。その時、世界から注目を浴びている日本が誇るサブカルチャーは、やっぱりアニメーションなのかなと思ったんです。そして、ここまでサブカルチャーと言われるアニメーションやロボットを普及させた作品は何だろう? って考えてみると、やっぱり『ガンダム』なんだよなって思いました。『ガンダム』という作品に初めて携わらせて頂いた時に、僕はようやくサブカルチャーの一部になれたのかなって思いましたね。ようやく日本へやって来て結果が出たというか。決してゴールではないですけど、ここまで道を踏み外さずにやってこられて、『ガンダム』という作品に出演できたことは、僕の中では本当に役者としての誇りの一つです。

──本作のBlu-ray&DVDが発売間近ですね!

柿原 音声特典として収録されるオーディオコメンタリーに出演させて頂いたんですけど、秀一さんやセイラ役の潘めぐみちゃんと色々な話をさせて頂いて、とても勉強になりました。本編は当然なんですけど、特典もファンの方が楽しめる内容になっていますので、ディスクが擦り切れるほど何度も何度も観て頂けると嬉しいです。発売まで楽しみにしていてください。

の付いたインタビューはV-STORAGE online限定の記事です。

PROFILE

柿原徹也(かきはらてつや)
12月24日生まれ、ドイツ出身。Zynchro所属。幼少期から18歳までドイツに在住。主な出演作に『FAIRY TAIL』ナツ・ドラグニル役、『天元突破グレンラガン』シモン役、『機動戦士ガンダムUC』アンジェロ・ザウパー役などがある。


<Blu-ray&DVD発売情報>
機動戦士ガンダム THE ORIGIN III Blu-ray Collector's Edition【BVC限定】
好評発売中
¥10,000(税込)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN III Blu-ray&DVD
2016年6月10日発売
Blu-ray:¥6,800(税抜)
DVD:¥5,800(税抜)


<上映情報>
機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜
2016年秋、上映決定!


<イベント情報>
ガンダム LIVE EXPO〜ジオンの世紀〜
日時:2016年6月12日(日)
<昼公演>開場:13時/開演:14時 <夜公演>開場:17時30分/開演:18時30分
会場:パシフィコ横浜 国立大ホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
出演:池田秀一、潘めぐみ、森口博子、米倉千尋、MIQ、
石田匠、菊地成孔、ICI a.k.a.市川愛、Aimer

機動戦士ガンダム THE ORIGIN【BVC限定】Blu-ray Collector's Edition 特設サイト

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式サイト

ガンダム LIVE EXPO〜ジオンの世紀〜 イベント特設ページ

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE