opm_iv_bnr3
  • インタビュー
  • |
  • ワンパンマン
  • ココだけ

10月放送新番『ワンパンマン』古川慎×石川界人キャストインタビュー全文掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBコミック界のカリスマ・ONE×ジャンプ最強遺伝子・村田雄介の超強力タッグで贈る人気コミック『ワンパンマン』がTVアニメ化され、10月より放送スタートする。そこで今回は、主人公・サイタマを演じる古川慎さんと、サイボーグの青年・ジェノスを演じる石川界人さんを直撃。作品の印象、演じるキャラクター、本編の見どころなどを伺ったインタビューの模様をお届けしよう。

エンターテインメントとして誰もが楽しめる作品

──まず最初に、『ワンパンマン』という作品に対する印象から教えてください。

古川 慎(以下、古川) 一発のパンチで敵を倒していくという潔さだったり、気持ち良さだったり、やっぱり爽快感がありますよね。何も考えずに読めるというのは語弊がありますが、本当にエンターテインメントとして誰もが楽しめる作品だと思います。

石川界人(以下、石川) 最初はタイトルしか知らなくて、どういったものなのか内容を全く知りませんでした。そんな中、オーディションの話が来て、その時に初めて原作を読ませて頂いたんです。先程も古川さんが仰っていましたけど、読んだ後の爽快感が半端ないんです。パンチ一発で終わってしまうことに対して、サイタマは思うところがあるようですけど、観ている方としては気持ち良いですよね。テンポが良いのでサクサク読めるし、気軽に読んでいるにも関わらず、フィードバックとしての爽快感がすごく大きい作品だと思います。

──出演が決まった時の率直な感想は?[V-STORAGE online 限定]

古川 僕で良いんですか…?という感じですね(笑)。マネージャーさんから「この前受けたサイタマ、決まったから」って言われて、一瞬状況が飲み込めなくて、聞き返してしまいました。オーディションの時、実はそんなに考え込まずに受けたんです。サイタマって掴みどころがないというか、あの顔からどういう声が出てくるのか、まるで想像がつかなくて。なので、そのままの自分というか、変に役作りをせず自然に演じてみようと思ったんです。それを評価して頂けたというのは素直に嬉しかったです。

石川 僕はオーディションでサイタマとジェノスの両方を受けていました。ジェノスを受けた後に、スタッフの方からサイタマもやってみてもらえますか?と言って頂けたんです。ジェノスはサイタマに比べるとキャラがハッキリしているので、自分なりに「こういう方向でやっていこう」と決めながらオーディションを受けたんですけど、サイタマに関してはキャラが掴めなくて、作りようがなくて。演じていてもハマらないというか、ピンとこなくて、ふと思ったのは「サイタマは僕にはまだできないんだな」と。それで、サイタマがどんな声になるか読めないので、ジェノスも読めなくなったんです。主役と一緒にいるキャラって、声の相性的なものがあると思うんです。主役の声が想像つかない時点で、ジェノスの声も全く想像つかなくなって。サイタマを受けた後に、自分はジェノスで何をやったんだって分からなくてなってしまったんです。それから暫くして、マネージャーさんから「ジェノス受かりました」って連絡があったんです。もちろん役が決まって嬉しかったんですけど、まず最初に確認したのが、サイタマの声は誰が演じるんですか?だったんです。そうしたら「古川さんです」と。それを聞いて少し安心したんです。実は古川さんとは別の作品でご一緒したことがあって知っていたので、そこで気持ちが楽になりました。


僕は僕にできることをやろうと思って取り組んでいます

──ご自身が演じるキャラクターについての印象は? また、演じる上で意識していることはありますか?

古川 サイタマはマジ顔とボケ顔という二つの顔を持っているので、その演じ分けというか、メリハリは凄く大事にしています。アフレコの際に夏目監督からは、普段のボケ顔の時に強い印象を与えないで欲しいということは言われています。強さが見えるのは、サイタマが本気になっている時だけで、あとは自然体のまま一発で怪人を倒していくように、と。それを受けて演じるんですけど、どうしても色々と考えてしまって。例えば、ここは殴るシーンだから力を入れなくちゃ駄目だろうと自分で考え込んでしまい、音響監督さんから「ちょっと力んでいるよ」って言われたり、力の抜き加減が本当に難しいですね。

石川 僕は最初、ジェノスはとてもクールで頭の切れるキャラクターだと思っていたんですけど、実はかなり熱血な人なんです。それこそ初登場の時なんてすごくサイボーグ然としているんですけど、その後サイタマと出会って…どうなっていくのかは本編を観て欲しいんですけど、僕はそこのギャップにビックリしましたし、演じていて楽しいなと思いました。アフレコが始まる前に、夏目監督からジェノスの演技について言われたことは特になくて。もちろん演技面での細かいディレクションはありましたけど、ジェノスはこういうキャラクターです、という紹介的なものはなかったんです。だから逆に怖くて(笑)。とりあえず、僕は僕にできることをやろうと思って取り組んでいます。

──アフレコが始まっていますが、夏目真悟監督の印象は?[V-STORAGE online 限定]

古川 普段はほんわかした印象なんですけど、アフレコ現場では厳しい表情もお見かけするので、作品に対する真剣さを改めて感じます。演技指導をして頂く際も、その熱意が伝わってくるので、僕もそれに応えたい!と思って収録に臨んでいます。

石川 サイタマそのものなのかなって。アフレコ現場だといつもと目つきが違いますし、これぞ仕事人という印象ですね。でも、一旦現場を離れると物腰が柔らかい方でノリも良くて、僕がムチャぶりをしても応えてくれるんです(笑)。それについては、9月20日にニコニコ生放送で配信される『「ワンパンマン」放送開始もうすぐ特番(2撃目)』で確認して頂ければと思いますので、こちらもお楽しみに!

──他のヒーローや敵の怪人など、共演者には豪華な顔ぶれが揃っていますが…。

石川 誰が演じるか知らないで観て頂いた方がインパクトがあって面白いと思います。特に敵キャラに関しては絶対に聞かない方が楽しめるはずです。

古川 第1話の冒頭からビックリされると思います。まさか、あの人があのキャラをって! 早く本編を観て欲しいですね。

──ご自身が演じるキャラクター以外で、注目のヒーローや怪人などがいれば教えてください。

石川 無免ライダーです。僕は中村(悠一)さんが演じる正義感の強いヒーローが大好きなんです。作品名は言えないので、盾を持っているアメリカのヒーローとだけ言っておきますが(笑)、僕はそのヒーローが大好きなので、中村さんが演じられている無免ライダーに注目しています。声優としても尊敬しているので、本当に憧れます。

古川 僕はゾンビマンが大好きなんです。櫻井さんが演じてらっしゃるゾンビマンが素晴らしいんです! それは8月4日に発売された原作コミックス第9巻に同梱されるドラマCDを聞いて頂ければ分かると思います。とにかく素晴らしいの一言なので、ぜひ聞いて欲しいです。

石川 特に自己紹介が素晴らしくて、僕ら役者からしたら目から鱗の自己紹介をされたんです。本当に何気ない自分の名前を名乗るだけの自己紹介なんですけど、とても端的なんです。

古川 そこからゾンビマンというキャラクターが彩り豊かに見えてきて、今ではゾンビマンから目が離せなくなりましたね。


あのセリフにはサイタマの全てが詰まっている

──実際にキャラクターたちが動いている映像をご覧になった感想は? 作品の仕上がりはいかがですか?

古川 とにかくアクションが格好良いエンターテインメント作品になっていると思います。本当に丁寧に作られていて、とても感激しました。

石川 ヒーローものということでアクションがとても大事になってくる中で、キャラクターだけじゃなく、建物の破壊シーンや爆発シーンも本当に迫力があってすごいんです。改めて音が付いたのを観て「ここはこういう音なんだ」というのが分かって、自分たちの演じ方も変わってくるなと思いました。キャラの動きに合わせて、僕たちの芝居の精度も上げていかないといけないので、改めて身の引き締まる思いでした。臨場感のある映像に負けないように、気合いを入れ直して今後のアフレコに臨みたいと思います。

──印象に残っているセリフなどがあれば教えてください。[V-STORAGE online 限定]

古川 第1話の冒頭で「行くか」というセリフがあるんですけど、あのセリフ、実はめちゃくちゃリテイクを繰り返したんです。強さを見せていくのか、見せないのか、どのラインでいくのか迷いがあったんです。町で巨大な怪人が暴れ回っている中で、サイタマはどういう反応をするのか。だから、あのセリフにはサイタマの全てが詰まっていると言っても過言ではないのかなって思います。

石川 これはPVの中にも出てくるんですけど、「それでは先生が若くしてハゲているということに…」というセリフが印象に残っています。あれはジェノスがサイタマのもとで修行していくことになる中で、彼のキャラが定まる重要なセリフなんです。あそこでわざとらしくハゲを立てるのか、それともさらっとやって本当に疑問に思うのかで、ジェノスの作品内での立ち位置が変わると思ったので、すごく大事に演じた覚えがあります。

──作品の見どころ&オススメポイントを教えてください。

古川 サイタマがパーンとやる度に、皆さんの心をパーンと晴らしていきたいですね。怪人に嫌いな人の顔を思い浮かべてもらって、パーンみたいな(笑)。そういう爽快感が見どころだと思います。

石川 この作品は本当にエンターテインメントなんです。舞台とかと同じだと僕は思っていて、現実では起こり得ないけど、観ているとクスっとくる、その面白さを味わって欲しいです。舞台と同じと言ったのは、舞台の上で役者は本気でその人として生きている訳で、『ワンパンマン』のキャラクターたちも本気であの世界を生きていて、本気であの発言をしている。そして、その本気度に笑って欲しいなと思います。


ピエロになりたがるところはありますね

──お二人は様々な作品で共演されていますが、お互いの印象を教えてください。[V-STORAGE online 限定]

古川 石川さんは最初、すごく真面目な人だなと思っていたんですけど…。

石川 それ上げて落ちるやつじゃないですか? 上げて上がるならいいですけど。

古川 石川さんは本当に色々なことが良く見えていて、凄い人だなと思っています。僕には見えてないところも見えていて、さり気なくフォローしてくれたり、教えてくれたりするので、とても有り難い存在です。

石川 すごく真面目な方だと思います。一本軸が通っているってことですかね、今も昔も印象が変わらないというのは。初めて会ったのが今から2、3年前なんですけど、古川さんが初主演された作品だったんです。とても緊張されていて現場にも原作を持っていらっしゃっていて、色々と教えて頂いて「良い人だな」って。一緒にラジオもやらせてもらったんですけど、起承転結をつけて話をされたり、フリートークコーナーがあればネタを準備してきたり、仕事に対して真摯に取り組む人だなと思いましたね。

──プライベートなことも少しお聞きしたいのですが、普段の自分を客観的に見ると、どんな人ですか? 自己分析をお願いします。[V-STORAGE online 限定]

古川 自分でも頭が固いなって思う部分はありますね。あと、おっちょこちょいですね。最近も、マネージャーさんからスタジオに11時入りって言われていたにも関わらず10時に行ってしまい、まだ誰も来てないということがありました。誰にも迷惑を掛けていないことがせめてもの救いですね(笑)。

石川 頑張り屋さんだと思いますね(周りにいるスタッフ一同笑)。嘘でしょ、めちゃくちゃ笑われているんですけど…。自分ではお調子者だとは思いますね。こういうインタビューを受けていても、真面目な話ばかりだと自分自身が嫌なので、変に笑いを取りにいったり、ピエロになりたがるところはありますね。でも、そんな部分も含めて自分大好きです(笑)。


誰かの心を震わせられる声優になりたいと思っています

──最近ハマっていることや、マイブームがあったら教えてください。[V-STORAGE online 限定]

古川 神社や寺などのパワースポットを巡っています。神社や寺にも、それぞれ属性というものがあるらしいんです。これは誕生日と血液型から割り出せるんですけど、自分の属性と相性の良い神社に行って、お願い事をしたり、おみくじを引いたりしています。相性の良い神社が家の近くにあって、そこでお参りをして「仕事ください」ってお願いをしたすぐ後に本当に仕事が決まったこともありました!

石川 最近は自分の空腹の限界に挑戦しています。ふと、俺はどこまで腹を減らすことができるんだろう?と思いまして、一日一食にしてみたり、お腹が減っても減ってないと思い込んでみたり、そんな感じて空腹の限界を試しています。

古川 何それ、悟りを開きたいの?

石川 大体途中で挫折してしまうんです。仕事帰りにコンビニにふらっと立ち寄っておにぎりを食べてしまったり…。でも、食べる時にどれだけ少量のもので済ませられるのか?というのを今やっています。

──声優としての今後の目標や、これから目指していきたい声優像を教えてください。[V-STORAGE online 限定]

古川 誰かの心を震わせられる声優になりたいと思っています。それは作品を通してはもちろん、こういったインタビューだったり、舞台挨拶の一言一言でも、誰かの心を感動させられるようなお芝居や言葉を紡ぐことができたら素晴らしいですし、そういう声優になりたいなと常々思っています。

石川 お芝居ができる声優になりたいですね。お芝居というのは本当に難しいので、自分の中で「ちゃんと前に進んでいるよ。できているよ」って、きちんと自分で認めてあげられるような声優になりたいなと思っています。それが何時になるかは分からないですけど、それを目指していきたいですね。


スタッフ&キャスト全員が魂を込めて作っています

──では最後に、放送を楽しみにしている視聴者の方へメッセージをお願いします。

古川 放送開始まで、遂に1ヵ月を切りました。ここでお話させて頂いた通り、素晴らしいエンターテインメントになっています。放送まで暫く我慢して頂いて、一緒にスッキリしましょう!

石川 スタッフ&キャスト全員が魂を込めて作っている作品なので、その熱量は画面を通しても皆さんに伝わると思います。ぜひ楽しみにしていてください。期待は裏切りません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「ワンパンマン」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE