インタビュー

gangsta_iv_bnr
  • インタビュー
  • |
  • GANGSTA.
  • ココだけ

好評放送中アクションアニメ『GANGSTA.』前野智昭×橋詰知久キャストインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原作:コースケ×監督:村瀬修功×アニメーション制作:マングローブが贈る、死に損ない共のトラジック・アクション『GANGSTA.』。Blu-ray&DVD第1巻の発売をひかえ、現在放送中の本編もクライマックスに向けて目が離せない展開が続いている。そこで今回は、モンローファミリーの一員であるヤンを演じる前野智昭さんと、デリコを演じる橋詰知久さんにインタビュー。演じているキャラクター、アフレコ現場の雰囲気など、様々な話を伺った。

疾走感あるアクションが『GANGSTA.』の強み

──お二人が演じているキャラクターの印象を教えてください。
前野智昭(以下、前野) ドラマCDに引き続きヤンを演じさせていただく事になったんですが、お茶目な一面もあり、人懐っこいところもあったりと、退屈しないキャラですね。モンローさんに深い忠誠心を持って従っていて、でも黄昏種トワイライツという存在に差別なく物事を判断できる器の大きい部分も持ち合わせていて、演じるのが楽しいです。 橋詰知久(以下、橋詰) デリコは恩義を感じている人にとても忠実で真面目で、それが仕事に対するストイックさと言うものにも繋がっているんだろうなと。突っ走ってしまうところをヤンに色々とフォローして貰っているので、ヤンがいなかったらデリコは組織の中で一匹狼みたいになってしまうのかなって、少し心配しながら演じています。

──改めて、アニメとして動いた彼らを見てどう思いましたか?
橋詰 やっぱり格好いいです。原作の漫画を読んでいても動きが1枚の絵で伝わってくる感じがあったんですよね。それがそのまま映像で動いているところを見ると、すごく壮観だなと思いました。 前野 僕もアニメになったら戦闘シーンがより映えるんじゃないかなと思ってたんですけど、やっぱり動きが非常に分かりやすくて、スピード感、疾走感がアニメならではだな、と強く思いましたね。
──それぞれご自身の演じるキャラに似ている部分、ここは違うという部分はありますか?
前野 僕はヤンほど人懐っこくはないですが、たまにとんでもないドジをやらかしてしまうところは似ているかもしれないですね(笑)。あとは、デリコってヤンがいなくても大抵のことは何とか出来ちゃう人だと思うんですけど、それでもヤンはデリコにとっての兄貴分的なところに自分を置いておきたいんですよね。そういう部分が少し似ているかもしれないですね。僕がいなくても大丈夫だけど、兄貴面したいなという(笑)。 橋詰 僕はデリコが、誰かが隣にいないと突っ走ってしまいそうなところが、自分と少し似てるなと思います。誰かが止めてくれないと、やりすぎちゃったりとか。違うところといえば…まぁ見た目は全然違うな、と感じていますよね(笑)。デリコ、これだけ綺麗な顔してるので(笑)。

男性キャストでいっぱい“男祭”な楽しい収録現場

──ダークでハードな世界観の本作ですが、アフレコ現場の雰囲気はいかがですか?
橋詰 現場はとても和やかですね。 前野 楽しいですよね。和気藹々わきあいあいとした感じで。アフレコ初日はすごく緊張していたのですが、スタジオに向かう途中高速道路の分岐を間違えて、遅刻しそうになりまして。予定通り到着して間に合ったので、それで安心して緊張がほぐれました(笑)。
──本当に間に合ってよかったですね(笑)。前野さんにはハプニングもあったようですが、橋詰さん、アフレコはいかがですか?
橋詰 『GANGSTA.』は男性キャラクターが多いので、気がついたらスタジオの中が女性1人で、あとは全員男性という“男祭”になった時があったんですよ。その時の皆さんの会話がお茶目で凄く楽しかったです。これだけ幅広い年齢層のキャストが一挙に集まる現場というのも、昨今珍しいのではないかなと思います。
──では最後に、読者へのメッセージをお願いします。
前野 『GANGSTA.』は、キャラクターがみんな心の中に何かを抱えてて、凄い人間味があふれているんですよね。だから、1クールと駆け足ではありますが、その中でもいろんな心の葛藤が描かれています。作品全体のこれからの盛り上がりを是非楽しんでいただきたいと思います。 橋詰 原作にあったけどアニメでは描ききれなかったという話が少なからずあると思いますので、いつかそういうシーンもアニメとして、皆さんに披露できる日が来るように…原作ともども『GANGSTA.』の応援をよろしくお願いします。

GANGSTA. Blu-ray&DVD第1巻 9.25 ON SALE

PROFILE
前野智昭(まえのともあき) 5月26日、茨城県生まれ。少年から中年まで幅広く役をこなす実力派。『図書館戦争』(08)堂上篤のような好青年のほか、『終わりのセラフ』(15)柊暮人や、『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%』(13)カミュなど、低音ボイスの青年の演技にも定評がある。 橋詰知久(はしづめともひさ) 4月13日、兵庫県生まれ。CMやテレビ番組のナレーションを中心に活躍。アニメの代表的な出演作に『テラフォーマーズ バグズ2号編』(12)ティン、『進撃の巨人』(13)ベルトルト・フーバーなど。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE