インタビュー

gangsta_iv_bnr
  • インタビュー
  • |
  • GANGSTA.
  • ココだけ

『GANGSTA.』諏訪部順一×津田健次郎×能登麻美子キャストインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月よりいよいよTV放送がスタートする、アニメ「GANGSTA.」で主演を務める諏訪部順一さん、津田健次郎さん能登麻美子さん。放送が迫った今回は、第1話のアフレコ終了後に本作への想いをお伺いした。

スタイリッシュさと“低音”主演3人が語る作品の魅力!

――アフレコ収録、第1話を終えてのご感想は?

諏訪部順一(以下、諏訪部) ドラマCDの時とは違って画に合わせて芝居をする必要がありますので、テンポ感など若干の変化はありましたが、大きなギャップを感じることはなかったですね。むしろ初アフレコとなる第1話でしたが、思っていたよりも自然な感じで作品に入っていけたような気がします。

津田健次郎(以下、津田) 僕はスーパー難しかったです(笑)。ニコラスは聴力を失っているキャラなので、実際に、東京都聴覚障害者連盟さんに取材に伺い、お話もさせていただきました。アニメでは何を喋っているのかは、分からないといけないから、リアルであればいいわけではなく、バランスにすごく気を使っています。

能登麻美子(以下、能登) やっぱり絵がある分、迫力はありました。アニメという新たな舞台に立ったアレックスを演じていて新鮮な気持ちになりました。

――本作の見どころとは?

諏訪部 シブい低音ボイスのキャラクターがたくさん登場するところが、本作の大きな見どころ…いや、聴きどころの一つではないかと。低音男声好きにはたまらないラインナップとなっております。それと、メインキャラであるウォリック&ニコラスをはじめ、男性キャラがゴツイ! 細身のイケメンキャラが多い昨今、ここまでマッチョタフガイてんこ盛りな作品は他に無いのでは。

津田 確かに諏訪部さんが言うように、今時珍しい、萌え要素一切無しで冒険していて、とても攻撃的に攻め込んでいる作品であることが、僕としては非常に魅力だと思っています。やっぱり、ハードボイルドでかっこいいんですよ。

能登 第1話も低音の皆様の素晴らしいお芝居が(笑)。私個人としては、スタイリッシュさとか、かっこよさも勿論なんですけど、この作品から“渇き”を感じます。とても孤独だったり、何かを必死に求めているけれどでもどこか渇いてる、みたいな…。そういうところが魅力だと思っています。

諏訪部 イイ声祭りですので、耳の肥えた声フェチの皆さんには特に注目していただきたい作品です。この夏一番の低音作品であることは間違いありません。素晴らしいキャストのみなさんがおられる中、メインキャラを演じさせていただけて本当に光栄です。より多くの皆さんにアニメ『GANGSTA.』をご覧いただけると幸いです。


PROFILE

諏訪部順一(すわべじゅんいち)
3月29日、東京都生まれ。『テニスの王子様』(01)では跡部景吾役で不動の人気を獲得。近年では『黒子のバスケ』(12~)の青峰大輝や、『スペース☆ダンディ』(14)のダンディを好演。ドラマCDに引き続き『GANGSTA.』(15)のウォリック・アルカンジェロを演じる。

津田健次郎(つだけんじろう)
6月11日、大阪府生まれ。『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』(00)の海馬瀬人役や『テニスの王子様』(03)の乾貞治役で抜群の知名度を誇る声優。低音ボイスの二枚目から、『TIGER & BUNNY』(11)のネイサン・シーモアのようなオネエキャラまで、幅広い演技で活躍を見せる。アニメ『GANGSTA.』(15)ではニコラス・ブラウン役を熱演。

能登麻美子(のとまみこ)
2月6日、石川県生まれ。多くのファンを魅了する独特の声を持ち、『ケロロ軍曹』(04~)シリーズのアンゴル・モアや『マリア様がみてる』(04~)シリーズの藤堂志摩子、『地獄少女』(05)の閻魔あいなど、少女役で人気を博している。一方で『有頂天家族』(13)の弁天や『GANGSTA.』(15)アレックス・ベネデッドのような大人の女性も好演。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE