インタビューココだけ | DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

INTERVIEW FILE【PART:5 天﨑滉平(キリル役)☓ 永塚拓馬(アップル役)】 [ダブデカNavi]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよクライマックスへと向けて舵を切りはじめた『ダブデカ』。今後の展開の舵を握るかもしれない(!?)キリル&アップルを演じる天﨑滉平さん、永塚拓馬さんの登場です! 役柄では軽妙なやり取りも見どころ。公私共に中の良いお2人のバディ感にあふれた対談となりました!

「天﨑さんが全身全霊でキリルを演じている姿にリスペクトを感じました」(永塚)
「一生懸命さが伝わっていたなら、すごく嬉しいです」(天﨑)

──まず[ダブデカNavi]初登場の永塚さんに、『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』(以降『ダブデカ』)の第一印象をお伺いします。

永塚 オーディションの際、設定資料を拝見したのが作品との出会いでした。設定だけを読んだときは、「大都市リスヴァレッタ」が舞台であるとか、「違法薬物」であるとか、とても重厚なSF作品なのかな?と思ったのですが、お話はとてもコミカルで楽しめる作風で。コミカルだからこそクールさや粋な部分が際立っているアニメだなと思いました。

──演じるアップル・ビーバーという人物の印象は当初いかがでしたか?

永塚 実は、収録の少し前に天﨑さんから「アップルっていうちょっとマニアックな天才科学者らしいよ」と教えてもらっていて…。
天﨑 (笑)。
永塚 天才だけどマニアックな科学者…これはヤバそうなキャラだぞ、と(笑)。
天﨑 混乱させちゃったかも(笑)。
永塚 でも、実はとても純粋なキャラクターなんです。アップルは意外と身長が高いので最初は低い声で役作りをしていたんですが、実際の収録では少年らしさを残して少し高めの声にして今のアップルになりました。最初はとても緊張して収録に臨んだのですが、みなさんが温かく迎えてくださったこともあり、楽しみながらアップルを演じられました。
天﨑 緊張していたの? 僕はいつもどおりの永塚だと思っていました。ちょうど3話のアフレコの頃に三上(哲)さんが「二人で座長だから頑張らなきゃね」と話してくださって。スタッフ・キャストのみなさんやゲストの方々とも楽しくコミュニケーションを取っていこうという思いがあった中で永塚が参加してくれて、その後もデリック役の小山剛志さん、ミラ役の藤原祐規さんと徐々にみんなが集まって、一体感が築きあげられた気がしています。

──『ダブデカ』の現場を通じて、お互い意外な一面はありましたか?

永塚 天﨑さんの全身全霊でキリルを演じられている姿とその熱が、収録ブース全体に伝わることで、『ダブデカ』の現場の雰囲気が作られているんだなと思いました。とても身近な先輩である天﨑さんが、座長として役に真摯に向き合っている姿に改めてリスペクトを感じました。
天﨑 一生懸命さが伝わっていたのならすごく嬉しいです。実は、最初は主役だということで気負いが強くて、役に対する責任は変わるはずがないのに「主人公として何ができるんだろう?」とひとりで悩んで孤独になっていたんです。『ダブデカ』の現場を通して、みなさんに支えられていることを本当に強く感じることができたことで、勝手に感じていた“主役の気負い”が消えたと思っています。

「永塚には“僕と一緒に居て楽しいのかな?”っていう片思い感が…」(天﨑)
「天﨑さんは怖くない人だ!って確信しました(笑)」(永塚)

──キリルとアップル、それぞれの役柄の印象は?

永塚 キリルってビジュアルだけを見るとダグのライバルっぽいなと思うんです。猪突猛進なダグに対して「クールな天才ライバル」みたいな。だけど、実際にはキリルが猪突猛進キャラなんですよね。見た目は女の子のようなのに、直情的でかわいさもある。あまり見たことのない主人公像がフックとして効いていて、彼をみていると飽きないです(笑)。
天﨑 アップルは新しく入ってきたキリルに先輩風を吹かせたいタイプですが、キリルは誰に対してもフラットだから、アップルの上から目線がまったく通用しない(笑)。そうした面も含めて、とてもかわいげのあるキャラですね。
永塚 そんな中で10話は、アップルが12、3歳頃に話題になった論文を書いたのが実はキリルだったという衝撃の展開でした。
天﨑 ホントだよね。9話の収録後にスタッフさんから「実はキリルは地頭が良かったという展開になる」って初めて聞いたんです。それから10話の収録まではかなり動揺していました(笑)。もし、キリルが頭の良さをひけらかすようなキャラだったら、演じ方がわからなくなってたと思うんだけど…。
永塚 キリルって自分が頭の良いことに気づけない。頭の良さにさえ思いが至らないところが本当にキリルらしいですよね(笑)。
天﨑 そう(笑)。だから動揺せずに、これまでどおりの純情なキリルで大丈夫なんだって安心して演じることができました。

──これまでの10話を経て、お互いの役柄の共通点はありましたか?

永塚キリルと天﨑さんの共通点としては…天﨑さんは自分の才能に気づいていない所があると思います。キリルは才能にあふれているけど、気づかないまま猪突猛進している感じ。天﨑さんも同じで自分の才能を自覚していない感じで、そこはキリルっぽいなって思います。
天﨑 ここは太字でお願いします。

──太字にしました!

天﨑 あ、そこじゃないです!
永塚 声質はもちろんですがトークスキルも天﨑さんにしかないものを持っていて。それに人を惹きつけるオーラもすごくある。自分では全く感じていらっしゃらないようなのですが…。
天﨑 そ、そうだったのか…。永塚とはそろそろ長い付き合いになりますが、そんなことを言われたのは初めてで。
永塚 ふだんからこんなこと言わないですよ!
天﨑素直に嬉しいですね。ここは赤字でお願いします。

──赤字にしました!

天﨑そこを赤字にしたら、僕がすごく照れているみたいじゃないですか!
一同 (笑)。

──では、永塚さんとアップルの共通点は?

天﨑 僕の個人的な感想ですが、見た目とのギャップはアップルに通じるものがあるんです。一見クールで、ちょっと人を寄せ付けないようなオーラ…でも実際に永塚と会って話すとすごく愛されキャラだということがわかるんです。 実は、出会って間もない頃は永塚に対して「僕と一緒にいて楽しいのかな?」っていう“片思い感”みたいなものを抱いていたんです。でもここ1年で共演する機会が増えて、急激に打ち解けられたな、と思っていて。
永塚 僕もそうかもしれないです。人見知りな性格なので壁を作っているように見られがちですし。ここ1年で天﨑さんは「怖くない人だ」っていうことがだんだんわかって、『ダブデカ』の共演でそれが確信にかわりました(笑)。
天﨑 お互い距離を感じていたんだね(笑)。

「みなさんの想像を気持ちよく裏切る『ダブデカ』ならではの展開をお見逃しなく!」(天﨑)
「予想外のクライマックスは、オーバードライブしてしまうほどの興奮があります!」(永塚)

──10話まで放送が進んだところで、好きなキャラクターを教えてください。

永塚 僕の推しはトラヴィスです。公私混同も甚だしい上司なのですが、セリフのひとつひとつがとにかく面白くて。
天﨑 僕は実際にトラヴィスみたいな上司がいたらいいな、って思うんです。あの抜けている感じがあるからこそ、個性の強いメンバーをまとめあげる力や、結束力のあるファミリー感を作り出せたと思うので。素敵な上司だし、いい部署だなあって思います。あとはやっぱりソフィーちゃんが注目キャラですね。トラヴィスとのやり取りで「しぃ~らなぁ~い(知らなーい)」(ソフィー風に)って言う感じで話が落ち着くところとか最高に好きです。ちなみに、前回も言いましたが、ソフィー役の遠藤綾さんは滑舌は悪くありません! ナチュラルにあの“舌ったらずさ”が表現できるところはもはや職人技です!

──では最後にクライマックスに向けての見どころを教えてください

永塚 詳しいことは言えませんが、アップルが大変な目に遭います。温室育ちの天才科学者というイメージが強いですが、終盤にSEVEN-Oの一員としてのプライドも垣間見られると思いますので、そこもぜひお見逃しなく!
天﨑 キリルとしては、軍部に誘われた後の動向から目が離せなくなります。もともと一介の警察官だったキリルが、ひょんなことからダグと出会ってSEVEN-Oに入って。これまでの時間の中で育んできたみんなとの関係性と“キリルの選択”にぜひ注目してください。
永塚 これまでちりばめられていた伏線がどう回収されていくのか…。予想外のクライマックスは、ドーパミンとアドレナリンをぶわーっとたくさん出しまくって観ていただけるはずなので、オーバードライブするくらいの興奮があると思います!
天﨑 (笑)そうだね。みなさんが思い巡らせているような想像が、気持ちよく裏切られる展開がたくさん起こる『ダブデカ』ならではのクライマックスが待っています。楽しみにしていてください!

PROFILE

天﨑 滉平(あまさき こうへい)
大阪府出身。アイムエンタープライズ所属。主な出演作は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』タカキ・ウノ役、『アイドルマスター SideM』東雲荘一郎役、『ハイスコアガール』矢口春雄役など。

PROFILE

永塚 拓馬(ながつか たくま)
神奈川県出身。アイムエンタープライズ所属。主な出演作は『アイドルマスター SideM』冬美旬役、『僕のヒーローアカデミア』口田甲司役、『KING OF PRISM』西園寺レオ役など。

<放送情報>


TOKYO MX 毎週日曜日22:30〜
BS11 毎週火曜日24:00〜
MBS 毎週火曜日26:30〜
バンダイチャンネル 他にて配信中

<Blu-ray&DVD情報>


『 DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』Blu-ray&DVD 第1巻
2018年11月22日発売!

(全3巻)
第2巻 2019.1.29 on sale
第3巻 2019.3.26 on sale
Blu-ray 各10,000円(税抜) DVD 各9,000円(税抜)
発売・販売:バンダイナムコアーツ

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル 公式サイト

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル BVC特集サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.