インタビューココだけ | クレヨンしんちゃん

『しんちゃん通信』 スペシャルインタビュー「ネネちゃん役 林 玉緒」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご存知カスカベ防衛隊の紅一点、ネネちゃん登場! 『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』でも大活躍したネネちゃん役の林玉緒さんに、本作の見どころやマサオくんへの愛情、そしてお気に入りの映画作品などについて語っていただきました!

防衛隊の5人一緒に何かをやりとげるのって、すごく楽しいんですよ!

──『爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』の台本をご覧になったときの最初の感想はいかがでしたでしょうか?

劇場版でカスカベ防衛隊が活躍することって初期の頃はほとんどなかったんですけど、最近は2年おきぐらいに活躍させてもらっているんです。みんなで「最近ペースが早いわね」と言い合ってました(笑)。でも、防衛隊の5人一緒に何かをやりとげるのって、すごく楽しいんですよ!

今回はカンフーがテーマで、しかもマサオくんが活躍すると聞いていたので、「また調子に乗ってやらかすんだろうなぁ」と思いながら台本を読んだら、「うん、やってくれてる」って(笑)。マサオくんは本っ当にみんなの期待を外さないですね! 愛されキャラで大好きです! 泣いてくれないとマサオくんじゃないです(笑)。でも、最後はカッコよかったですね。やるときはやるのがマサオくんの男気なんですよ。

──かなり深いテーマを捉えた作品だったと思います。ご覧になった感想はいかがでしょうか?

ランちゃんはとてもいい子なのに、自分の「正しさ」ばかりで突っ走ってしまいましたよね。いくら正しいと思っていることでも、自分の意見だけを押し通すのはあまり良くないんです。人それぞれ、意見も価値観も違いますからね。映画の中に「ぷにぷに拳」というものが出てきましたが、柔らかい心を持つことが大事なんだな、って思いました。

ジェンカもすごく懐かしくて、私は子どもの頃にやっていたのですが、みんなでつながって踊っているとすごく楽しくなるんですよ! だから、あの場面はちょっとこみ上げるものがありましたね。

あとはやっぱりマサオくんですよね! 「僕はしんちゃんみたいな選ばれた人間じゃないんだ!」と言ってひとりだけ去ってしまうのですが、その後、4人がやってくるシーンが好きです。「どこ行ってたのよ!」とネネちゃんが怒鳴って、風間くんが「友達はやめられないよ」って言うんです。このシーンは涙が出てしまいました……。それぞれの個性は強いけど、お互いに認めあっていて、何かあったら一致団結する。カスカベ防衛隊の絆は強いんです。

──林さんのマサオくんへの愛情たっぷりのお話を聞いていて思ったのですが、ネネちゃんとマサオくんはちょっとパートナー感がありますよね。

いつも怒鳴りつけたり、指図したりしてごめんね~、って思ってます(笑)。「(ネネちゃんの声で)マサオくん!」って言って、「(マサオくんの声で)ひぃ~」って言わせちゃってますよね。

──今のマサオくんの声、そっくりでした!

長年聴いていますので(笑)。

ネネちゃんはリーダーシップをとれる女の子

──カスカベ防衛隊のチームワークの良さの秘訣は何でしょう?

(演じている声優のみなさんの)年齢があまり変わらないんです。「この人に気をつかわなきゃ」という部分が最初からなかったのは良かったですね。今でも予定が合えば、収録の後にみんなでごはんに行ったりします。楽しい時間を過ごさせて頂いております。
みんな個性的ですけど、それぞれ頑張ってきたんだなぁ、と思います。テレビを1話1話、劇場版を1本1本積み重ねながら26~27年やってきましたが、あっという間だったと感じるときがありますね。

──先程、マサオくんのことを熱く語っていただきましたが(笑)、ネネちゃんの魅力とはどのようなところだとお考えでしょうか?

ネネちゃんって自分勝手で男の子たちを足蹴にしたりしているように見えますが、実はいざというときにリーダーシップをとれる子なんです。男の子たちに「そうじゃないでしょ!」と言うことができるんですね。本当は鈍くさいですし、ダメなところもいっぱいありますが、そういうところも隠さない。優しいところもあって、まわりのことにちゃんと気づいたりする。わがままなだけじゃないところが魅力だと思います。意外と普通にいる幼稚園児なんじゃないでしょうか。たまにウサギを殴らせてもらうのは、桜田家の遺伝子ということでご容赦ください(笑)。リアルおままごとも続けていきたいですね。

──林さんがお好きな劇場版がありましたら教えていただけますか?

記念すべき第1作目『アクション仮面VSハイグレ魔王』は外せないですね。劇場版になると聞いて、みんなで喜び合ったことを思い出します。「ハイグレ! ハイグレ!」って言い合ってました(笑)。よしなが先生、園長先生も、みんな一緒に楽しくつくり上げていきました。何度も映画館に観に行ったことを覚えています。
次は『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』。付き添いのパパやママもみんな号泣した作品ですよね。みさえとひろしが出会って、結婚して、しんのすけが生まれて、成長していくシーンは号泣しました。セリフも何もなく、音楽だけのシーンなんですよね。ここを観て泣かない大人はいないと思います!(笑) 自分の両親のことや、自分が生きてきて嬉しかったことや悲しかったことを走馬灯のように思い出すんです。
最後に、カスカベ防衛隊が活躍した作品として『バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』。子どもたちだけで苦難を乗り越えながら、壺に入った焼きそばのソースを運ぶんですよね。5人で本当に楽しく収録できました。「やきそばの歌」があったんですが、みんなキーが合わないんですよ(笑)。なんとかごまかしながら頑張りました(笑)。「観た後、やきそばを食べて帰ってくれたらうれしいよね」と話していましたね。

──では、最後にファンの方にメッセージをお願いします。

今までずっとずっと応援してくださってありがとうございます。さらにさらに『クレヨンしんちゃん』が30年、35年と続いていければいいなと、出演者一同力を合わせて頑張っています。これからも愛して、応援していただければ嬉しいです。

PROFILE

林 玉緒(はやし たまお)
8月23日生まれ、神奈川県出身。ぷろだくしょん★A組所属。『どろろんぱっ!』アンジー役や、『おぼっちゃまくん』ではピエールを演じている。国内アニメの他にナレーションや、外画吹き替えなど、多方面で活躍。

<Blu-ray&DVD情報>

映画 クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~
2018年11月9日発売
Blu-ray:¥4,800(税抜)/ DVD:¥3,800(税抜)

映画 クレヨンしんちゃん 公式サイト

バンダイナムコアーツ 『クレヨンしんちゃん』Blu-ray&DVDサイト

映画 クレヨンしんちゃんシリーズ 特集サイト 「しんちゃん通信」

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.