インタビューココだけ | ガールズ&パンツァー 最終章

地元の水戸を愛してやまない、水戸ホーリーホックの窓口。渡邉欽也[ガールズ&パンツァー 大洗女子学園掲示板]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ガールズ&パンツァー』の舞台・大洗で、より作品を身近に感じている方々に、作品と出会ったきっかけやエピソード、作品への思いなどを聞いていく『大洗町めぐり~大洗の今、そしてこれから~』。第10回は水戸ホーリーホック 営業チーム渡邉欽也さんにお話を伺いました。

『ガルパン』の魅力は地域との一体化、戦車、スポ根……いや、好きになったら理由なんかどうでも良いんですよ。

──渡邉さんは水戸ホーリーホックでどのような活動をされているのでしょう?

クラブの運営費を集めることです。ウチの最も大きなスポンサーはケーズデンキさんですが、他にも色々な企業さんに声をおかけして、「一緒に夢を追い続けましょう!」と出資をお願いして回るのが主な仕事ですね。自分もチームと一緒に足を使って走り続けています。

──渡邉さんが『ガールズ&パンツァー』と出会った経緯をお聞かせください。

ウチはホームタウンが水戸市を始め9市町村あって、自分はそれらの市町村を回る仕事をしているんですよ。そして、その一つである大洗町に行った時に存在を知りました。その後、ウチのサポーターでみほちゃんのフィギュアを作った方がいて、そのフィギュアをクックファンの常盤良彦さんに持ってきてくれたんですよ。フィギュアのみほちゃんはウチのユニフォームを着ていて、しかも背中には当時在籍していた尾本選手(現ブラウブリッツ秋田)の背番号「4」まで入っていました。それがきっかけで常盤さんと茨城交通の任田(正史)社長とクックファンで食事をし、『ガルパン』に協力させていただくことになりました。それが2013年ですね。

──実際に作品をご覧になった印象はいかがでしょう?

代表の沼田(邦郎)がDVDを2セット買ってくれて全社員で観ました。今年72歳になるウチの顧問まで一緒に観てくれたんですよ(笑)。最初はタイトルを見て「女の子とパンツ?」なんて勘違いしていましたが、まったく健全な内容だし戦車まで出てくるとは思いませんでした。

──タイトルを聞いて、そのように誤解される方も多かったようですね。

そしてDVDを観た代表と私は、すっかりハマってしまったんですよ。あの作品っていわゆるスポ根(スポーツ根性物)で、弱いチームが強くなろうと頑張ってゆく姿にウチと通じるものを感じたんです。我々もJ2で優勝してJ1に行き、そしてJ1で優勝するという目標がありますからね。サポーターの方がフィギュアを作り、それが縁で出会った作品と自分達が合致したことに感動し、そして楽しくなりました(笑)。

──好きなチームと戦車は何でしょう?

あんこうチームとIV号戦車以外ありえません。そしてチームの中でも五十鈴華さんは特別ですね。水戸出身ということでウチとのコラボ企画ではイメージガールのメインを務めていただいています。その水戸で生まれ育ったという設定は僕にとって大きいんですよ。

──水戸が大好きなんですね。

もう大好きですね(笑)。生まれも育ちも水戸です。小学・中学・高校もすべて水戸。この水戸をもっと全国的に広めていきたい。あと『ガルパン』の舞台である大洗もホームタウンの一つですし、僕自身も「自分の町」として勝手に誇らせてもらっています。

──茨城県で『ガルパン』劇場公開イベントを開催する場合、よく水戸駅前のCOMBOX310(ユナイテッド・シネマ水戸)で行うんですよ。そのイベント毎に水戸駅さんにも色々と協力・対応していただいているので、公式側としても大洗=水戸と言えるほど重要な拠点になっていますね。

なるほど。

──お好きなエピソードは何でしょう?

実は初めて第1話を見た時はわかり難い部分が多く、作品世界に入り込めたのは第4話になってからだったんですよ。肴屋本店さんが壊されるシーンとか、大洗の知っている場所が出てきてグイグイと引き込まれました。

──ところで水戸ホーリーホックのホームスタジアム・ケーズデンキスタジアム水戸には、戦車と一緒にサッカーを観戦する「エキサイティング戦車シート」という席があるそうですね。その発想はどこから生まれたのでしょう?

我々とバンダイナムコアーツの『ガルパン』前宣伝担当の廣岡祐次さんとの話し合いで出た案ですが、言い出しっぺが誰だったのかは覚えていないんですよ。最初はゴールポストの裏に戦車を置いたので、選手が後ろを向くと戦車がある異様な光景でした。今は観客が戦車の周りで体育座りをしてサッカーを観戦するという、これもまた凄い画になっていますね(笑)。大洗町にある日照プラント工業照沼専務には大感謝してます。

──スタジアムでパシフィックレーシングチームさんのレーシングカーを走らせたこともあったそうですね。

あれはタータン(トラックに張るゴム)の改修工事が決まっていたのでOKしてもらえましたが、水戸市さんの寛容な心があってこそです。あのタイミングでなければ実現しなかったですね。最初は1回だけの予定でしたが試合前とハーフタイムで2回も走らせちゃいました(笑)。あとゴールの度に大型映像装置に「一輌撃破」と表示したり、(みほ役の)渕上舞さんなど、様々な声優さんによる選手紹介もやらせていただきました。実は未公開の表示もあるんですが、まだそれは秘密です(笑)。僕らスタッフはホーリーホックを他に類を見ないクラブにしたいんですよ。ですから今お話ししたような企画を実現させてくれた関係者の方々と、それを受け入れて盛り上がってくださるサポーターの皆様には常に感謝しています。

──大洗で催されたイベントにも参加されましたが、大洗の町やファンの印象はいかがでした?

2014年の「あんこう祭」に参加したのが最初で、今は「海楽フェスタ」にも出させてもらっています。2015年はウチがJ2に残れるかどうかの残留争いがあって(ホーム最終戦でJ2残留決定)J2残留が決まった翌日が「あんこう祭」だったんですよ。会場で多くの人から「ホーリーホック、頑張ったね!」「残留、良かったね」と声をかけていただき、その年の「あんこう祭」は僕らの心に一生残る思い出となりました。本当に嬉しかったです。

──『ガルパン』を通じて水戸ホーリーホックを知った方もいるのではありませんか?

大勢いらっしゃると思います。僕が話を聞いたことがある中で、昔はほとんど外に出ずアニメばかり見ていたというような子がいるんですよ。でも『ガルパン』とウチのコラボでサッカーに興味を持ってくれて、試合だけでなくイベントにも来てくれるようになりました。今のところ皆勤賞です(笑)。また長谷川凌君のファンということでゲートフラッグも作ってくれました。今では積極的に外に出るようになったそうで、ちょっと大袈裟かも知れませんけど、そのように誰かの人生に貢献できるようなムーブメントを起こしたいですね。

──『ガルパン』きっかけで別のチームから水戸ホーリーホックに乗り換えたファンはいるのでしょうか?

それはないですね、ただ「いつもは地元を応援しているけど、茨城に来た時は水戸を応援していますよ」と言ってくださる方も多くいらっしゃいました。本当にありがたいです。あとロアッソ熊本さんとの試合では「熊本VS茨城で姉妹対決だ!」なんて盛り上がってくださる方もいらっしゃいます(笑)。

──『ガルパン』が多くの人に愛されているのはなぜだと思いますか?

アニメそのものの魅力に加え、地域と一体化している点は大きいと思います。大洗町に行くとすぐ溶け込めますからね。あと戦車が精巧に動くので戦車好きの方が好きになるのも分かるし、戦車のことを知らなくても戦闘シーンは見ていて飽きないんですよ。そしてスポーツをやってきた身として個人的に共感できる部分も多いです。でもサッカークラブに入っていなくても絶対に好きになっていたと思います。自分の地元がアニメで描かれていたわけですし、そういう意味では「俺って地元が大好きなんだなぁ」と再確認させてくれた作品でもあります。ここまで喋ってから言うのも何ですが、好きになったら理由なんかどうでも良いんですよ(笑)。

──今後の抱負、もしくは予定されている事があればお教えください。

やはりチームとしてはJ1昇格を果たすことですね。応援いただいているスポンサー各社さんと一緒に上を目指し、『ガールズ&パンツァー』さんとの連携も継続していきたいです。大洗町に行くとホーリーホックの話になったり、スタジアムで『ガルパン』の会話になったり、それらの話題が日本全国で出るように頑張ります。

──最後に次の取材相手のご紹介をお願いします。

大洗にある「渡来人」さんに繋ぎます。僕の行きつけのラーメン屋さんで、ウチが勝った翌日は味付け玉子をサービスしてくれるんですよ。つけ麺が美味しくて人気メニューにはスイーツもあるんですよ。お勧めは「なめらかプリン」です。大洗に行かれる人はぜひお立ち寄りください。

PROFILE

渡邉欽也(わたなべ・きんや)
1976年10月5日、水戸生まれの水戸育ち。2011年まで政治家の秘書を務めていたが、東日本大震災の勃発により地域と根差した復旧活動を考えるようになる。その一方、長寿ドラマ『水戸黄門』が最終回を迎えることから、「水戸」の知名度を消さないために水戸ホーリーホックに転職。2013年に営業チーム配属となり現在に至る。『ガールズ&パンツァー』以外で好きなアニメは『キャプテン翼』。

<Blu-ray&DVD情報>


ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX
2018年12月21日(金)発売!

<上映情報>
ガールズ&パンツァー 最終章 第2話
2019年6月劇場上映予定!

ガールズ&パンツァー 最終章 公式サイト

水戸ホーリーホック 公式サイト

大洗町回覧板 こちらガルパン出張所

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.