インタビューココだけ | ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX

キャストコメンタリー全チーム、取材します!【第5弾:レオポンさんチーム】 [ガールズ&パンツァー 大洗女子学園掲示板]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TVシリーズ全12話&OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」を収録した「ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX」が12月21日に発売となることを記念してスペシャル企画がスタート!コメンタリー収録後のキャスト陣を直撃し、ご自身が演じるキャラクターへのメッセージや、忘れられないガルパンエピソードなどを伺ったインタビューをお届け。第5弾はレオポンさんチームの山本希望さん(ナカジマ役)、石原舞さん(スズキ役)、金元寿子さん(ホシノ役)、喜多村英梨さん(ツチヤ役)です♪

可愛い絵と戦車の格好良い動きがマッチングした作品だなと、見入ってしまいました[山本]

──オーディオコメンタリーの収録で、久し振りにTVシリーズをご覧になった感想をお願い致します。

山本 可愛い絵と戦車の格好良い動きがマッチングした作品だなと、見入ってしまいました。『ガルパン』が愛される理由が分かりますね。絵にしても音にしても作り手の皆さんの本気と愛を感じる作品なので、何度観ても心に来るものがありますね。

石原 本当に戦車の描写が緻密です。TVシリーズのアフレコ当時は戦車についてそこまで詳しくなかったんですけど、ファンの方もすごく熱く戦車のことについて教えてくださるので、ちょっとずつ詳しくなりました。今改めて観ると違った発見もあったりして、本当に何度観ても楽しめる作品だなと思いました。

金元 改めて観るとすごく懐かしいですね。そう言えば、こんな風にキャラクターたちが悪戦苦闘しながら頑張っていたなぁと思い返したりもして。今観ても新鮮味を感じるし、何度観てもいいなと思うシーンもありますし、作品全体の面白さを感じました。

喜多村 懐かしいなと思いながらも、アフレコをしていた頃の記憶が徐々に甦ってきて、その時の不平不満という名の思い出(?)を語り尽くしていたらあっという間にオーディオコメンタリーの時間が終わってしまいました(笑)。これだけキャラクターがいる作品なのにしっかりキャラ毎に個性があって、ちゃんとファンがついていますよね。社会現象化するほどに盛り上がった作品に自分も関われたことが嬉しいです。こんなに長い間続いて、様々な形で色々なコンテンツが動いていく作品に関われるチャンスはなかなかないじゃないですか。そのチャンスを与えてくれる作品だったんだなと、すごく恩恵の念を感じています。

ツチヤには“お前って意外とクリエイティブなキャラだな”と言いたいですね(笑)[喜多村]

──ご自身が演じるキャラクターに一言お願い致します。

山本 最初に台本を頂いた時は、車長だからしっかりしなきゃという気持ちで役作りをさせて頂いて、皆をまとめる気持ちで情熱的に気合いを入れてやっていこうという意志のもとスタジオに入ったんですけど。いざマイク前に立ってその声を出したら、“もっとのんびりでいいですよ”と言われてしまって(笑)。“戦車で戦うのにのんびりでいいとはどういうことだ?”と悩んで、そこからナカジマと向き合っていきました。途中参戦ということもあって作品の温度とかがまだ自分の身体に染み込んでいなかったので戸惑った部分もあったんですけど、TVシリーズからOVA、劇場版と重ねて演じさせて頂くうちに、そののんびりが段々楽しくなってきました(笑)。いつでもマイペースでいられるナカジマらしさが私は好きで、そういう部分はありながらも皆をきちんとまとめる能力があるナカジマに憧れるというか、すごく良い子だなと感じています。これからもそんなナカジマでいて欲しいですね。

石原 TVシリーズの時は、音響監督の岩浪(美和)さんからのディレクションもあって、すごくクールなキャラクターなのかなと思っていたんですけど。ドラマCDや劇場版を経て、自動車関連のことになるとはしゃいだり熱くなったりするところがあるのを知って、そういうところがすごく可愛い子だなと思って好きになりました。ただ、一つ気になっている点があって、スズキはすごく色黒なんですよ。自動車部だから外で整備をしていても気にしないで日焼けをしちゃったタイプの女の子なのかなと思っていたんですけど、アプリゲームをやっていたら水着のスズキが出てきて、おへそとかも焼けていたんですよ。いつもツナギを着て整備をしているので、もしかしたら地黒なのかなとちょっと気になっています(笑)。

金元 ホシノは整備や車が好きでやっているから楽しい部分があるけど、飄々としているところもあるので最初はどれくらいのテンション感なのかなと思っていました。段々やっていくうちに皆のことをお兄さんとして見守っているような気がして、本当は女子なんですけど(笑)。どこか男の子っぽいクールさがある子なんじゃないかなと思って今まで演じてきました。たまに少年になっているって言われてやり直すことがあるんですけど(笑)。“自動車が好きでここにいます、趣味第一!”みたいなところが男の子っぽいなと思っています。

喜多村 自動車部の中ではツチヤが一番我が強い気はしますね。セリフもお調子者という感じはあるけど、チャラい中にも格好良さがあって。ニコッとした時に目が線のように細くなるんですけど、そのやんわりした顔の中に情熱的な部分とヘラヘラした部分の両方があるので、とにかくひょうきんで明るくて活気のあるキャラクターだと思って芝居をやっていくと、意外とキリッとしたところがあるなと感じることがありました。ツチヤには“お前って意外とクリエイティブなキャラだな”と言いたいですね(笑)。自動車部の皆そうなんですけど、職人気質なところがあるので、“お前ら、プロフェッショナルだな”と。

キャラクターや作品だけじゃなく、大洗という町や戦車に対してもそうですし、ファンの方の愛が本当にすごい[金元]

──『ガルパン』についてのエピソードを教えてください。

山本 私の地元が青森県三沢市という米軍基地があるところで、アニメもあまり放送されていないアニメとは縁遠い土地なんですけど。基地があるから自衛隊として働いている方が身近にたくさんいて、『ガルパン』にすごく興味を持っている若者が多かったらしいんですよ。それがおじいちゃんおばあちゃんたちの世代にも伝わって、私が『ガルパン』に出演していることも知ってくれて、私が帰省するという情報を聞きつけた方々が自動車部のオレンジのツナギをわざわざ着て出迎えてくれたんです(笑)。地元のおじいちゃんたちが着てきてくれたのを見てすごく嬉しかったですし、『ガルパン』って本当にすごい作品なんだなと感じました。声優がどんな仕事なのかもよく分かっていないおじいちゃんおばあちゃんに“あの『ガールズ&パンツァー』に出ているのか!?”と驚かれるくらいで(笑)、すごく嬉しくてジーンとしましたね。

石原 ファンの方の裾野が広いなというのを常に感じています。自動車部なのでF1ファンの方が興味を持ってくれて、スズキのモデルになっている方からサインをもらってきてくださったり(笑)。そんなにコアなファンの方も認めるくらいの緻密な描写だからこそ付いてきてくれるし、戦車とかに元々興味のない人でもアニメきっかけで好きになれるし、やっぱり『ガルパン』はすごい作品だなと思いました。

金元 『ガルパン』ファンの方はとにかく熱くてプレゼン上手だと思います。本当に愛がすごくて、それはキャラクターや作品だけじゃなく、大洗という町や戦車に対してもそうです。皆さん本当に『ガルパン』の中の色んなところが大好きで、それがとってもいい輪、いいコミュニティになっていて、皆が楽しめる作品だなと思いました。この前イベントで台湾を訪れたんですけど、未だに上映が続いているくらい人気で。場所や年代を超えて愛されているなとずっと感じています。

喜多村 ナレーションやボイスオーバーのお仕事の現場に “『ガルパン』大好きです!”っていうものすごい熱量を持った方が確実にいらっしゃって(笑)。仕事の縁を『ガルパン』が繋いでくれるくらいの規模ですね。例えば、他の国のゲーム声優のキャスティングをされている方に“どうしても『ガルパン』に出演している方に出会いたかったんです〜!”ってスカイプ越しに言って頂けるとか(笑)。『ガルパン』に出演できたことで色んな方面の方から注目をして頂けるようになったので、観た人たちは作品からそれだけの衝撃と愛を受け取って頂いているんだなと。その規模の大きさを感じつつ、この作品のクリエイティブな部分に携われて良かったなと思っています。いつもよくして頂いて本当にありがとうございます。

──大洗町で開催されている企画で、商店街の各店舗に配置された等身大パネルを、訪れた人が探す「ガルパン街なかかくれんぼ」という企画があります。お店の皆さんには「娘のように思っています」と語る方もいるほどに、キャラクターたちに親しみを感じていらっしゃいます。ぜひお店の皆さんに一言お願い致します。

山本 ブリアン大洗店さん、ナカジマを店頭に置いてくださってありがとうございます。ガルパン(ガルパンとパンをかけた商品)食べたいです(笑)。大洗は行ったことないので行った際にはぜひこのガルパンを食べさせて頂きます。今後ともナカジマをよろしくお願いいたします。

石原 単に舞台であるということだけでファンの方を呼ぼうとしている訳ではなくて、ちゃんと大洗の皆さんが作品を理解してキャラに愛情を持って考えてくださっているからこそ、小沼酒店さんのれおぽん酒(レオポンさんチームとかけたオリジナルの日本酒)みたいな発想が出てくるんだと思います。本当にその愛情が嬉しいですね。れおぽん酒をひっかけに行きます(笑)。

金元 自動車部が優勝決戦前夜に食べたカツカレーを再現したカツカレー弁当、カジマさんはとても凝ったメニューを出して頂いているんですね。私もまだ大洗に行ったことがないのでずっと行きたいと思っていたんですけど、こうしてキャラクターの一人ひとりをフィーチャーしてそれぞれのお店で愛してくださって、来たお客さんに喜んでもらえるような工夫を皆さんがしてくださっていることがすごいことだなと思います。ニュースで流れていた大洗特集のインタビューである方が「劇場版で壊れた旅館はウチです!」って堂々と言ってくださっていて(笑)。『ガルパン』がこうして人気が衰えずにずっと愛され続けているのは、大洗の方々の変わらぬ愛情と支えがあってこそ、一緒に作っているんだなと改めて思いました。いつかプライベートで行きたいと思います。

喜多村 ツチヤのパネルを置いてくださっている豊年屋機工部さんには、なんとレオポンさんチームのロゴが入ったオリジナル軍手が売られています。単なる舞台のコラボというだけでなくて、キャラのパーソナルな部分を理解してちゃんと愛を持って製品を作ってくださっているのが分かって、メチャクチャ感動しました。私もスマホ対応の軍手欲しいです(笑)。

PROFILE

山本希望(やまもとのぞみ)

8月9日生まれ。青森県出身。ヴィムス所属。主な出演作品は『アイドルマスター シンデレラガールズ』の城ヶ崎莉嘉役、『僕は友達が少ない』の楠幸村役、『妹さえいればいい。』の羽島千尋役など。

PROFILE

石原舞(いしはらまい)

5月9日生まれ。福岡県出身。ガジェットリンク所属。主な出演作品は『ウィッチクラフトワークス』の深影棗役、『アンジュ・ヴィエルジュ』のソフィーナ役など。『ガールズ&パンツァー』ではオレンジペコ役も担当している。

PROFILE

金元寿子(かねもとひさこ)

12月16日生まれ。岡山県出身。ぷろだくしょんバオバブ所属。主な出演作品は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のアトラ・ミクスタ役、『グランブルーファンタジー』のジータ役など。『ガールズ&パンツァー』ではカチューシャ役も担当している。

PROFILE

喜多村英梨(きたむらえり)

8月16日生まれ。東京都出身。EARLY WING所属。声優と並行して歌手としても活動。主な出演作品は『BLOOD+』の音無小夜役、『魔法少女まどか☆マギカ』の美樹さやか役など。『ガールズ&パンツァー』ではダージリン役も担当している。

<Blu-ray&DVD情報>


ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX
2018年12月21日(金)発売!

<上映情報>
ガールズ&パンツァー 最終章 第2話
2019年6月劇場上映予定!

ガールズ&パンツァー 最終章 公式サイト

大洗町回覧板 こちらガルパン出張所

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.