インタビューココだけ | ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX

キャストコメンタリー全チーム、取材します!【第2弾:アヒルさん&カモさんチーム】 [ガールズ&パンツァー 大洗女子学園掲示板]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TVシリーズ全12話&OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」を収録した「ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX」が12月21日に発売となることを記念してスペシャル企画がスタート!コメンタリー収録後のキャスト陣を直撃し、ご自身が演じるキャラクターへのメッセージや、忘れられないガルパンエピソードなどを伺ったインタビューをお届け。第2弾はアヒルさんチームの菊地美香さん(磯辺典子役)、吉岡麻耶さん(近藤妙子役)、桐村まりさん(河西忍役)、中村桜さん(佐々木あけび役)、カモさんチームの井澤詩織さん(園みどり子<そど子>・後藤モヨ子<ごも代>・金春希美<パゾ美>役)です♪

あの時は“せーのっ!”が揃わなかったなとか(笑)、収録時のことを改めて思い出しました[吉岡]

──オーディオコメンタリーの収録で、久し振りにTVシリーズをご覧になった感想をお願い致します。

菊地 そう言えば、こういう平穏な日々もあったなということを思い出しました。6年前なのですごく懐かしい気分で、見ていてホッとしました。

吉岡 あの時は“せーのっ!”が揃わなかったなとか(笑)、収録時のことを改めて思い出しました。年数を重ねた今だからこそ、あの時と変わらず皆さんと楽しく『ガルパン』を続けていられるありがたみを感じられています。

桐村 第7話はバレー部としてできることはないかと考えて、大洗チームとして結束が高まった回だと思います。この第7話を通じてやっと大洗女子になれたなと感じました。久し振りに見られて楽しかったです。

中村 私は戦車が大好きなので、戦闘シーンを思い出すことが多いんですけど。第7話は日常回、チーム毎の結束や個人間での絆が生まれたりして、各々の成長が見え隠れします。キャラクターとしての成長なんですけど、その声を担当している人にリンクする部分がいっぱいあるなと感じています。『ガルパン』を皆で見ながら話せる機会があるのはとても嬉しいことですね。

井澤 6年前の作品と聞いてビックリするくらい、色褪せないなと思いました。アニメーションにも流行り廃りはあるので、やっぱりちょっと前のものを見ると違和感があったりするんですけど、『ガルパン』はずっと新鮮なので、何回見ても面白いなと改めて感じました。あとは、第7話の時点ではまだ本名を名乗っていないから、そど子が園みどり子って表記されてないんですよ。そういう部分も思い出深いですね。

あけびちゃんに会えてよかったなと思っています。今となっては自分の分身ですね[中村]

──ご自身が演じるキャラクターに一言お願い致します。

菊地 今まで通り変わらずこれからも熱い彼女でいて欲しいと思うので、末長く宜しくお願いします(笑)。

吉岡 キャラクターの絵を頂いた時に結構身長が高いキャラクターだなと思いました。私自身は身長が高くないので、私の身体からこの子の声は出るのだろうかという不安がまずあって(笑)。それと、チームの4人がどういう性格分けなのか分からなかったので、演じていきながら近藤妙子と一緒にキャラクターを作り上げていきました。今ではすごく演じやすいですけど、最初はどうしたらいいんだろうという気持ちの方が強かったので、共に成長できてよかったです。これからも末長く宜しくお願いします(笑)。

桐村 普段は熱い河西忍ちゃんですけど、話が進んでいくと可愛いものが好きなことが分かってきました。私自身もアヒルがすごく大好きでアヒルグッズをいっぱい集めているので、最終的に忍ちゃんは私になっているんじゃないかなって思っています(笑)。自分自身の写し鏡のように、これからも宜しくお願いします(笑)。

中村 あけびちゃんに会えてよかったなと思っています。今となっては自分の分身ですね。これからも変わらずいて欲しいのと共に、成長をまだ見ていたいなという気持ちがあります。

井澤 そど子には“もっと前に出てもいいのよ”って(笑)。ごも代には“華さんとキャラ被りしないように気を付けているのよ”って(笑)。パゾ美には“麻子さんとキャラ被りしないように気を付けているのよ”って(笑)。皆には“お母さん大変よ”って伝えたいですね(笑)。

大洗には本当に忘れられない色んな思い出があって、イベントで訪れた時に食べたお蕎麦で歯が欠けたこともありました(笑)[桐村]

──『ガルパン』についてのエピソードを教えてください。

菊地 私の弟の彼女の親御さんが『ガルパン』大好きだということを聞いて、共通の話題があってよかったねと思っていたら、好き過ぎてご両親が大洗に引っ越してしまったんです。こんな身近にガルパンファミリーがいるなんて驚きですよね。磯辺典子のパネルが置かれている鳥孝さんにもご挨拶に行ってくださって、すっかり仲良くなったそうなので、下手したらお店の方には私の両親だと思われているかもしれないです(笑)。

吉岡 『ガルパン』がこれから盛り上がっていくという時にキャプテン(菊地美香さん)が鳥孝さんに行かれたことがあって、そこでキャプテンの名セリフ“根性”と色紙に書かれたそうなんですけど、性の左側のりっしんべんを忘れて“根生”になっていて(笑)。それで私と桐村まりちゃんが大洗に遊びに行った時に、どうしてもあのサインを直してきてくれってキャプテンに頼まれまして(笑)。たらし焼きを食べさせてくださったり、町の小学生が挨拶をしてくれたり、大洗の皆さんが本当に良い方ばかりで感動している中、“すみません…、サインを直してもいいですか?”ってお伺いして(笑)。経緯を説明したら快く承諾してくださったので、サインを直してお店の方と一緒に証拠写真を撮って、それをキャプテンに送りました(笑)。私の親が転勤族だったこともあって小さい頃から故郷と思える場所がなかったので、大洗に来るとちょっとしたホーム感があっていつも楽しいなと思っています。

桐村 プライベートでよく大洗に遊びに行くんですけど、食べ物がすごく美味しいので、本当に食い倒れみたいになってしまって(笑)。魚忠(商店)さんで日本酒を呑んでいた時に、(吉岡)麻耶ちゃんのへべれけで可愛い姿を見ることができました。あとは、町を周るのにレンタサイクルを利用したんですけど、方向音痴の私の代わりに先頭を走ってくれる麻耶ちゃんは自転車に上手く乗れなくて(笑)。フラフラ揺れながら走る麻耶ちゃんの後ろを付いていく、大洗珍道中みたいな感じになっていました(笑)。大洗には本当に忘れられない色んな思い出があって、イベントで訪れた時に食べたお蕎麦で歯が欠けたこともありました(笑)。歯が欠けたままイベントに出演したことも楽しい思い出ですね(笑)。

中村 実は『ガルパン』に出演するまでは大洗という町の存在自体もよく知らなかったんですけど、今では第二の故郷のような気持ちです。他の作品でご一緒したスタッフの方にお会いしたり、同じ事務所の後輩がゲームから大洗に興味を持ってくれて私が町を案内したこともありました(笑)。暮らしたことのない町を故郷のように感じるこの不思議な感覚は面白いです。貴重な体験をさせてもらっていますね。

井澤 趣味でカメラをやっているんですけど、『ガルパン』の舞台を紹介するという海楽フェスタの企画でカメラマンデビューを果たしました。写真をお仕事に繋げられたきっかけが『ガルパン』だったので、色んな切り口から関われるんだなと思って、すごく嬉しかったです。大洗は海も空も綺麗だったので良い写真が撮れたんですけど、気合いが入りすぎて機材を揃えるのにお金を使ってしまったので…。取り返すために、ぜひお仕事を頂きたいですね(笑)。

──大洗町で開催されている企画で、商店街の各店舗に配置された等身大パネルを、訪れた人が探す「ガルパン街なかかくれんぼ」という企画があります。お店の皆さんには「娘のように思っています」と語る方もいるほどに、キャラクターたちに親しみを感じていらっしゃいます。ぜひお店の皆さんに一言お願い致します。

菊地 以前、鳥孝さんから頼まれたファンの方が唐揚げを現場まで届けてくださったことがあって、お腹がペコペコだったので皆でバスの中で食べた思い出があります(笑)。本当に我が子のように可愛がって頂けていて、私を通して『ガルパン』を大好きになった人たちにもとても温かくしてくださっています。いつもありがたいなってすごく感謝しています。

吉岡 魚忠さんは鮮魚店なので、毎日働いているせいか妙子ちゃんのパネルが足からどんどん色落ちして薄くなっていて(笑)。すごくよく働いているんだなというのを行く度に感じますし、それだけ店頭に出して頂けるのはありがたいなと思っています。それと、お店の奥には鮮魚を出してくれるちゅう心さんというお食事処があるんですけど、お魚はもちろん大洗はなにを食べても美味しいんだなと思いました。人気店なのでなかなか予約が取れないんですけど、今度はぜひ近藤妙子特権で予約を取らせてください(笑)。

桐村 森屋菓子店さんは和菓子屋さんなんですけど、アヒルさんの形のシュークリームを作ってくださっていて。元々売っていたシベリアも、劇場版に出てきたものに合わせて三角に変更してくださったそうで。お店の方になかなか顔を覚えてもらえていないので(笑)、覚えてもらえるようにこれからも何回も大洗に遊びに行きたいと思います。

中村 パネルが置かれているのが模型屋のジョイショップタグチさんで本当に嬉しいです。大洗で模型のイベントをやった時にファンの人たちとの連携プレイで塗料を調達してもらったこともあって(笑)、大洗に行く度に訪れています。葉来緑さんが描かれている『はじめての戦車道』という漫画の中で、あけびちゃんがジョイショップタグチさんに行く模型回があったので本当に嬉しかったです。ファンの方から物を預かってくださっていることも結構あって(笑)。本当に実家のような、また帰りにフラッと行きたいと思いますので、待っててね(笑)。

井澤 そど子は大進さんというお蕎麦屋さんです。いつもホワイトボードにお薦めのメニューと一緒に手描きのそど子が描かれていて、ファンの方のツイッターを通して楽しみに見ています。パゾ美はみむら時計店さんです。本当にパゾ美のことをメチャクチャ可愛がってくださっています。私の雑誌を置いてくださったりもしていて、すごく愛を感じます。若旦那さんが消防団の隊長さんだったので“頑張ってください”と伝えたいです(笑)。ごも代はスルガヤ薬局さんです。“ごも代はナース服がとても似合うと思うので、よかったらどうですか?”と提案したいです(笑)。

PROFILE

菊地美香(きくちみか)
12月16日生まれ。埼玉県出身。プロダクション尾木所属。主な出演作品は『ツバサ・クロニクル』のモコナ=ソエル=モドキ役、『舞-乙HiME』のアリカ・ユメミヤ役など。女優としても多くの作品に出演している。

PROFILE

吉岡麻耶(よしおかまや)
2月16日生まれ。東京都出身。EARLY WING所属。主な出演作品は『U.H.O.フューチャーレスキュー2061』のクーニャ・トリスタン役、『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』の三ヶ月ゆい役など。『ガールズ&パンツァー』ではアンチョビ役も担当している。

PROFILE

桐村まり(きりむらまり)
6月26日生まれ。京都府出身。futurum LLC所属。主な出演作品は『コズミックブレイク!』のリーシャ役、『鬼斬』の静御前役、『プリンセス・プリンシパル GAME OF MISSON』のディジー・デュランド役など。

PROFILE

中村桜(なかむらさくら)
11月25日生まれ。東京都出身。マウスプロモーション所属。主な出演作品は『モンスター娘のいる日常』のラクネラ役、『ハイスクール・フリート』の万里小路楓役、『七つの美徳』のサリエル役など。

PROFILE

井澤詩織(いざわしおり)
2月1日生まれ。埼玉県出身。EARLY WING所属。主な出演作品は『学戦都市アスタリスク』の沙々宮紗夜役、『ウィッチクラフトワークス』の倉石たんぽぽ役、『プラネット・ウィズ』の黒井銀子役など。

<Blu-ray&DVD情報>


ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX
2018年12月21日(金)発売!

<上映情報>
ガールズ&パンツァー 最終章 第2話
2019年6月劇場上映予定!

ガールズ&パンツァー 最終章 公式サイト

大洗町回覧板 こちらガルパン出張所

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.