レポート | AnimeJapan 2018

来場者数15万人超、日本最大級のアニメイベント!「AnimeJapan 2018」【バンダイナムコグループブース】レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメのすべてが、ここにある。2014年から毎年3月に行われている日本最大級の総合アニメーションイベントの記念すべき5周年となる「AnimeJapan 2018」が、東京ビッグサイトにて2018年3月24日(土)・25日(日)の2日間にわたって開催された。今年も、前回比105%となる過去最多の総来場者数152,331人の動員を記録し大盛況を博した。そこで今回は、バンダイビジュアル・サンライズ・バンダイナムコピクチャーズ・ランティス・バンダイナムコエンターテインメント・バンダイナムコライツマーケティングと6社合同で出展した「バンダイナムコグループブース」のエモーション&バンダイビジュアルレーベル関連作品の模様をレポートする。

特大パネルで注目作品が勢揃い!

ブースの入り口となる正面の壁には特大パネルが登場! ブースには『ガンダムビルドダイバーズ』『アイドリッシュセブン』『メガロボクス』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』劇場総集編3部作『コードギアス 反逆のルルーシュ』『ガールズ&パンツァー 最終章』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』『A.I.C.O. Incarnation』『ラブライブ!サンシャイン!!』(※壁面並び順)と、注目9作品のパネルが天井に届きそうな高さで勢揃い!

ブース内では、各作品趣向を凝らして展開!

ブース内では各作品趣向を凝らした展示が並んだ。入って直ぐの正面には3mヤマト&3mアンドロメダの同時展示が目を引く『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』コーナーが存在感を放つ。次に、漫画家・水上悟志の年表パネルを展示した『プラネット・ウィズ』コーナー、ガンダムビルドシリーズの新作として注目を集める新番組『ガンダムビルドダイバーズ』コーナー、AJ先行公開となったPVを上映する『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』コーナーがブースを彩った。

美しい映像とキャラパネルを展示した『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』コーナー、シャア・アムロになって写真を撮れるフォトパネルが用意された『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』コーナー、可愛いフィギュアを展示し人気を集めていた『ガールズ&パンツァー 最終章』コーナー、他にも『さよならの朝に約束の花をかざろう』『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』『映画 クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜』などのPVを公開する劇場作品コーナーも。

さらに今年は4Kコーナーを設置。発売が決定したばかりの『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『機動戦士ガンダムF91』『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』4K映像を上映、その映像の美しさに多くの来場者が足を止めて見入っていた。さらに進むと、多くのファンが、LED特大モニターを中心に色鮮やかに彩られたメンバーを熱心に見つめる姿が印象的だった『アイドリッシュセブン』コーナーが出現。更に「ぷちぐるラブライブ!」試遊会や、千歌と曜のフィギュアの周りにファンを多く惹きつけた『ラブライブ!サンシャイン!!』コーナーにも常に多くの人で賑わっていた。

次にドン!とスライムが置かれた『転生したらスライムだった件』コーナー、3面連動モニターによる特別映像を上映し荒廃した世界観を表現した注目の新作TVアニメ『メガロボクス』コーナーが続いた。そしてやっぱり人が溢れかえるほどの人気を誇る『コードギアス 反逆のルルーシュ』コーナー、その隣にはNetflixにて全世界独占配信中のアニメ『A.I.C.O. Incarnation』コーナーが連なる。どちらも等身大に近いパネルが印象的な空間だった。最後には、童話「桃太郎」に扮したベビーズ(+イケメンベビシッター)たちの可愛いキャラクターパネルを展示した『学園ベビーシッターズ』コーナーでほっこり!

人気作品のビジュアルや展示物がブース内はもちろん、壁面や裏側までを彩り、内容盛り沢山のものとなっていた。 その他にも『アイドリッシュセブン』の王様プリン、『ガールズ&パンツァー』のボコといった人気マスコットキャラクターの着ぐるみが登場し、多くの人がスマホ片手に記念撮影をしていた。

豪華キャスト&スタッフが作品の魅力をお届けするトークショーも実施!

また、オープンステージでは第五章「煉獄篇」の劇場上映を5月25日(金)に控える『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』のトークイベント「『宇宙戦艦ヤマト2202』愛のトークショー2018」が、3月25日(日)に行われた。イベントには古代進役の小野大輔さん、島大介役の鈴村健一さん、クラウス・キーマン役の神谷浩史さんの豪華キャストに加え、監督の羽原信義さん、シリーズ構成の福井晴敏さんがゲストとして登壇。イベントは「愛のプレゼン大会」で大きな盛り上がりを見せた。
●詳細レポートはコチラをチェック!

また、同日にはNetflixにて全世界独占配信中の作品「『A.I.C.O. Incarnation』スペシャルステージ」も行われ、橘アイコ役の小白石晴香さん、神崎雄哉役の小林裕介さん、白石真帆役の茅野愛衣さん、篠山大輔役の竹内良太さんが登壇し、本作の魅力やアフレコ現場の裏話などが語られた。

●詳細レポートはコチラをチェック!

約15万人を超えるファンが来場し、大盛況のうちに幕を閉じたアニメの祭典「AnimeJapan 2018」。今回「バンダイナムコグループブース」まで足をお運び頂いた皆さま、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。次回の「AnimeJapan 2019」は、2019年3月23(土)・24日(日)、東京ビッグサイトにて開催予定です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.