レポート | プラネット・ウィズ

好評放送中のオリジナルアクションTVアニメ!『プラネット・ウィズ』トークイベントレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在TOKYO MX他にて好評放送中のTVアニメ『プラネット・ウィズ』のトークイベント第2弾が、第8話放送直前の2018年8月25日(土)、新宿ロフトプラスワンにて開催された。ゲストとして、原作の水上悟志さん、竜造寺隆役の乃村健次さん、熊代晴海役・ED主題歌アーティストの渕上舞さん、少年画報社の須見武広さん、バンダイナムコアーツの湯川淳プロデューサー、司会としてアニメライターの小林治さんが登壇。土曜日の昼下がり、ゲストと観客、共に飲食をしながら和やかな雰囲気の中で行われたイベントの模様をレポートする。

和やかなムードの中、トークイベントがスタート!

オカルト研究会の挨拶“ルーンヤァ!”で会場全体を一つにし、乃村さんの乾杯の発声でイベントがスタート。早速、自身が演じるキャラクターについて聞かれた乃村さんは「隆は(小山)力也さんもよくやるような役なので、『こっちが俺じゃないの?』と言われました(笑)」と第1話アフレコ時のエピソードを明かし、早くも場内は大きな笑いに包まれた。晴海について渕上さんは「見た目からして大人しくて控えめな子なのかなと思ったら、柔道をやっていて、ギャップをすごく感じました」と語った。

第1話から順に各話をプレイバック!

ここからは、印象的な場面をスクリーンに映しながら、各話を振り返っていくことに。第1話、ネビュラウェポンのデザインについて水上さんは「なるべく敵意を持たれないように宇宙人が精一杯頑張って作ったものなので握手を求める手が下にいっぱいあります」とその真意を解説。

第2話、黒井宗矢のあんまんのシーンについて渕上さんは「ここは収録を何回かやり直していましたね。リテイクというよりは阿部(敦)さん自身が納得できなかったみたいです(笑)」と付け加え、客席からまたも大きな笑い声が巻き起こった。第3話、隆のバトルシーンについて乃村さんは「強かったので負けるはずがない流れですよね…、この時には」と切なそうにコメントし、この先の展開を知る観客の笑いを誘った。

また、晴海の戦闘シーンについて渕上さんは「オドオドしていて内気で可愛いのもいいんですけど、叫ぶ役をやる機会があまりないので、発散するものがある方が演じている身としてはとても楽しかったですね」と語った。第4話、晴海の目が血走るシーンがお気に入りと語る水上さんは「今、原稿でもここら辺を描いていますが、この表情を超えられませんでした」とアニメの作画を絶賛。さらに、トークテーマはここから渕上さんが担当するED主題歌に移っていく。渕上さんがED主題には色々な人のアイデアが盛り込まれていますと語ると、何度もリテイクをお願いした水上さんは「その節はすみません」と渕上さんに謝りつつ、「終わりの始まりのように、とにかくテンション高く終わって欲しかった」とその狙いを明かした。振り返りが第4話まで終わったところで第1部は終了。

水上さんのネーム構成は驚きの組み立て方!?

小休憩を挟み、第2部がスタート。第5話、竜造寺岳蔵役の清川元夢さんについて乃村さんは「若い頃のシーンも清川さんがやられていたので、ご本人は『大丈夫? 若く聞こえます?』と仰っていましたけど(笑)、さすがでしたね」と語った。そして、ここからはアドリブの話題になり、乃村さんは「先生(小山さん)は隙あらばニャーじゃないセリフを言おうとしてました(笑)。でもそうすると、スタッフから『喋りすぎです。それはニャーではありません。もう一度お願いします』って冷静に言われて(笑)」と明かし、場内の笑いをさらった。さらに、水上さんが「第4話のラスト、二日酔いのところで『やっぱやめときゃよかった』って先生がボソッと言っているのを聞いて、このアドリブは採用してくれと思っていたら、音響監督の岩浪(美和)さんに切られていましたね(笑)」と爆笑エピソードを続けた。

第6話、宗矢と隆の対決シーンについて水上さんが「ネームを描いている時はカァッとなっているのであんまりよく覚えてないです。こうやってテンションで乗り切るしか尺に収まらない」と答えると、湯川プロデューサーは「水上先生は天才ですね。時代性を超えたものを見せてもらった気がしました」と熱く続けた。

第7話、中盤にしてキャラクターの過去が明かされる構成について水上さんは「描きながら考えていましたね。何となくこういう方が興味を惹くかなというセリフを入れていって、そこから逆算で全体の物語を組み立てていきました」と驚きの事実を明かし、客席のファン、そしてゲスト陣からも驚きの声が。貴重なエピソードが次々と飛び出した第7話までの振り返りが終わり、イベントもそろそろ幕引きの時間に。

第8話以降も目が離せない怒涛の展開に!

最後は、ファンに向けてゲストが一人ずつメッセージを届けていく。湯川プロデューサーは「第7話以降も最終話まで面白さが途切れずに続くので、ぜひBlu-ray BOXを予約して頂ければと思います。よろしくお願いします」。須見さんは「漫画担当として、アニメもすごく面白く観させて頂いています。ぜひ最後までご覧ください。よろしくお願いします」。乃村さんは「本当に最後の最後まで展開が読めない作品です。昭和のアニメのような、心の中から熱くなれる作品なので、ぜひ最後まで観てください。僕も観ます。今後も楽しんで観てください」。渕上さんは「こうやって直接私自身の感想を皆さんにお伝えできるのも良い機会だなと思いました。登壇されているゲストの皆さんとお話する機会はなかなかないので、色んなものを私の中に補充できたとても素晴らしい時間でした。これから気が休まる暇がないくらい怒涛の展開が続いていきますので、最後までご覧頂けたら嬉しいです」。最後は、水上さんが「TVアニメのネームは連載形式で楽しく描いたので、頑張って皆さんも付いてきてくださるとありがたいなと。ストーリーをビッシリと描いたので、今まで楽しめたならこの先も飽きずに観ることができると思います。最後までよろしくお願いします」とまとめた。会場にいるファン全員が第8話以降の展開に大きな期待を膨らませたところで、約2時間に渡って盛り上がったトークイベントは幕を閉じた。

<放送情報>

■TOKYO MX:毎週日曜22時30分〜
■MBS:毎週火曜27時30分〜
■BS11:毎週火曜24時〜
■AT-X:毎週金曜22時〜(※リピート放送:毎週月曜14時〜/毎週木曜6時〜)

<Blu-ray BOX発売情報>

Blu-ray BOX 特装限定版 第1巻
2018年11月22日発売
価格:¥19,000(税抜)
品番:BCXA-1400

Blu-ray BOX 特装限定版 第2巻
2018年12月21日発売
価格:¥19,000(税抜)
品番:BCXA-1401

プラネット・ウィズ BVC特設ページ

最終話先行上映会 開催決定! 詳細はこちらから!!

プラネット・ウィズ 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.