レポート | A.I.C.O. Incarnation

豪華キャスト陣が集結し、作品の魅力を語り尽くす!『A.I.C.O. Incarnation』イベントレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大ヒットを記録した『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』で劇場初監督を務め、『翠星のガルガンティア』では原案・監督として鮮烈なオリジナル作品を世に送り出した村田和也と、『交響詩篇エウレカセブン』などで高い評価を受けるアニメーション制作会社・ボンズがタッグを組んだオリジナルバイオSFアクションアニメ『A.I.C.O. Incarnation』のトークイベントが、2018年3月25日(日)、東京ビッグサイトで開催された国内最大級のアニメイベント「AnimeJapan2018」のGREENステージにて行われた。イベントには橘アイコ役の白石晴香さん、神崎雄哉役の小林裕介さん、篠山大輔役の竹内良太さん、白石真帆役の茅野愛衣さんら豪華キャスト陣がゲストとして登場し、アフレコ時の様子などについて語った。

キャスト陣がPV上映中に生アテレコに挑戦!

満員となった会場から大きな拍手と歓声があがる中、キャスト陣がステージに登場。各自挨拶を終え、ステージに用意された席に着いたところで、竹内さん以外の3人の当日の服装が偶然にもストライプだったことに触れ、それをネタに爆笑トークが繰り広げられるなど、キャスト陣の仲の良さが伺える一幕も。そんな中、まずは本インベント用に制作された「5分で分かる『A.I.C.O. Incarnation』」と題されたPVを上映。しかも、本作の魅力を凝縮した特別映像に合わせ、その場でキャスト陣がナレーションを生アテレコするという単なるPV紹介とは趣向を変えた演出に会場のファンは大喜び。普段なかなか見ることのない声優の迫真のナレーションを、観客たちは固唾を飲んで見守った。

アフレコでは作品ならではの専門用語に悪戦苦闘!?

続いて、作品の内容について語っていくキャストトークのコーナーへ。アフレコの収録について聞かれた小林さんは「僕が演じた神崎雄哉は説明セリフが多くて。例えば、プライマリーポイント、バースト、ダイバーなど色々あったんですけど、中でも一番難しかったのが“多目的手術装置アルサス”です。なかなか上手く言えなくて大変でした」と専門用語が多い本作ならではの苦労話を披露すると、他のキャストからも共感の声があがっていた。また、村田(和也)監督の強い要望により、普通の言葉でも本作独自のイントネーションに変えなくてはいけないことが多かったという。白石さんは「でも、独自のイントネーションでやり取りすることで、よりダイバーたちのプロっぽさが出てきたりもするので、そこは監督のこだわりでした」と語ると、茅野さんも「監督の頭の中で鳴っている音がコレだからコレです、という決まりがあったんです」と監督のイメージに近づけるため試行錯誤を繰り返しながら演じた様子を告白。さらに、竹内さんは「僕が演じた篠山大輔はダイバーたちのリーダー格で的確に指示を出していく役柄だったんです。なので、その言葉を言い慣れている感がないといけないので、芝居の仕方が難しかったです」とアフレコでの舞台裏を明かした。

小林さんと白石さんは“ゆっけ”と“はるはる”と呼び合う仲!?

そんな中、話題はアフレコ現場の雰囲気について。小林さんは「実は、僕と白石さんは本作の現場が“はじめまして”だったんです。僕も人見知りするし、白石さんも人見知りするしで、最初の頃はお互いにずっと台本と睨めっこの状態でしたね(笑)」とコメント。そんな二人の距離を縮めるきっかけとなったのが、茅野さんの「あだ名でも付け合ってみたら…」という一言だったそう。それについて茅野さんは「作品ではダブル主役みたいな感じなのに、全然話さないから(笑)。なので、小林くんには“ゆっけ”という可愛らしいあだ名があると以前から知っていたので、二人で“ゆっけ”と“はるはる”で呼び合ったらどう?」と提案したというエピソードを打ち明け、会場は笑い声に包まれた。
※“はるはる”の名付け親は小林さんとのこと

エンディング主題歌「未知の彼方」の収録裏話は?

その後は、白石さんが担当したエンディング主題歌「未知の彼方」の話題へ。レコーディングについて聞かれた白石さんは「白石晴香として歌わせて頂いたこと自体が初めてだったので、当日はものすごく緊張していました。歌の内容が作品にも通ずるところのある壮大なテーマだったので、歌い上げるような気持ちで練習してレコーディングに臨んだんですけど、ディレクターの方が仰っていたのは『橘アイコと白石晴香の間くらいの気持ちで歌ってください』ということでしたね」と収録の様子を明かした。

イベント当日が誕生日の小林さんはサプライズ演出に感無量!

最後は登壇者が一言ずつコメント。竹内さんは「全12話を一気観して頂くことを推奨しております。最初から最後まで息を飲む展開が続きます。篠山は茅野さん演じる白石とバディを組むので、大人ならではのバディの絆や阿吽の呼吸みたいなものを感じて頂ければと思います」。茅野さんは「実は、私も作品を一気観させて頂きまして、とても感動しました。本当に涙なしでは観られない作品だなと改めて感じましたので、ぜひ皆さんも全12話まるごとご覧ください」。小林さんは「まずは一度アイコ目線で観て頂いて、二度目は神崎視点で観て頂くと作品の見え方がまるで変わってくると思います。それぞれのキャラクターのことも理解した上で改めて観て頂くと、一つひとつの表情や行動に深みが出てきます。何度も観れば観るほど内容がどんどん入ってきますので、これほど一挙配信に向いている作品はないかなと思っています」。

最後に白石さんのコメントでイベントは終了かと思いきや、なんと3月25日が小林さんの誕生日であることが白石さんの口から明らかとなり、本作のキャラクターデザイン&総作画監督を担当した石野聡さんのイラスト付メッセージ色紙と、そのイラストが入った巨大ケーキが登場。まさかのサプライズ演出に感無量の小林さんをキャスト&観客が揃って祝福した。そして、改めて白石さんが「本作は近未来的なSFアクションの中に、人間ドラマはもちろん、最後には大きな感動も待っています。魅力満載の作品となっておりますので、ぜひご覧頂ければと思います。本日は本当にありがとうございました」と語り、イベントは幕を閉じた。

左から竹内さん、白石さん、小林さん、茅野さん

<配信情報>

A.I.C.O. Incarnation
Netflixにて全12話・全世界独占配信中!

A.I.C.O. Incarnation 公式サイト

A.I.C.O. Incarnation 公式Twitter
@Project_AICO

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.