イベントレポート

  • イベントレポート
  • |
  • 劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ

河森正治監督&豪華キャスト陣が登壇!『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』舞台挨拶レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年にTV放送され好評を博した『マクロスΔ』に新作カットを加え、再構築して完成した『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』が、2018年2月9日(金)より全国公開! その公開を記念した舞台挨拶が、2月10日(土)、TOHOシネマズ新宿にて開催された。イベントでは本編上映前に、原作も担当する河森正治監督、ハヤテ・インメルマン役の内田雄馬さん、フレイア・ヴィオン役の鈴木みのりさん、美雲・ギンヌメール歌唱担当のJUNNAさん、レイナ・プラウラー役の東山奈央さん、マキナ・中島役の西田望見さんが登壇し、舞台挨拶が行われた。待望の劇場版の公開に作品への愛が詰まったイベントの模様をお届けする。

6人目のワルキューレ!? 大盛り上がりの舞台挨拶がスタート!

大きなスクリーンと登壇したキャスト陣を前に約500人のファンで賑わう劇場内は熱気に包まれていた。最初の挨拶では、ハヤテの決め台詞「いい感じだ!」や「歌は元気」「歌は神秘」「歌は愛」と言ったワルキューレの決め台詞に会場が沸く中、6人目のワルキューレとして紹介された河森監督は「歌は激情(劇場)!」と挨拶し、会場からも大きな歓声が上がっていた。そして、この日はカナメ・バッカニア役の安野希世乃さんが不在であることから、(ワルキューレではない)内田さんに代役が振られると、「歌は…趣味!」と爆笑のオチをつけ、最初から大盛り上がりで舞台挨拶がスタート!

劇場版制作決定を知ったキャスト陣の反応は…?

まず最初に、劇場版の制作が決まった経緯を聞かれた河森監督は、「元々TVシリーズが放送されている時から絶対に大スクリーンでやりたいなと思っていたんです。だけど、諸事情で決まらず、諦めかけた頃にワルキューレの2ndライブがあり、お客様の盛り上がりを見て制作を決意しました。時間がかかりましたけど、実現できて本当に良かったと思っています」と喜びを滲ませながら語ってくれた。一方、キャスト陣に制作決定を聞いた時の様子を伺うと、東山さんは「2ndライブの時に、本当に今日が最後だと思って『おぼえていますか〜』(「愛、おぼえていますか?」より)って歌いながらみんなでわんわん泣いていたので、聞いたときは本当に嬉しかったです」と振り返った。また、JUNNAさんはアミューズメント施設で遊んでいた時に電話で聞いたと語り、「一緒にいた友達には解禁前で言えないけど、大きな喜びを一人で噛み締めていました」と笑顔で話した。各々が振り返りながら喜びを語った後、劇場版に向けてスイッチが入った瞬間を聞かれた内田さんは「台本を貰った時ですね。台本が来ない限り、我々は何もできないので…。いつ来るんだろうなと思っていたら、クリスマス直前に台本が届いて、2月公開だよな…あと3日後に収録!?ってなりました(笑)」と過密スケジュールであったことを明かした。

締め括りは、登壇者からファンに向けて挨拶!

フォトセッション中もマイクなしで観客と会話をしたり、終始笑顔に溢れた舞台挨拶も最後となり、登壇者全員がファンにコメントを送って幕を閉じた。

河森監督「TVシリーズから始まって、劇場版も大勢のスタッフに支えられて完成させることができました。みんなの汗と激情を込めた作品なので大きなスクリーンと大きな音で楽しんでください! これからも『マクロス』シリーズも『Δ』もワルキューレも本当に色々なことをやりたいなと思っていますので、皆さんの応援があればこれからも走っていけると思います。これからも宜しくお願いします」

西田「音も映像もかなり大迫力なものになっていますので、全身で『マクロス』を感じて、楽しんで頂ければと思います。あと、色々なところに細かいワクワクが散りばめられているので、よ〜く観て頂けると嬉しいです。観終わった後、もう一回観たくなったり、お友達に薦めたくなる作品に仕上がっていると思います。(ワルキューレのCD発売や、3rdライブが控えており)今月は『マクロス』月間なので、劇場版をきっかけに『マクロス』三昧してください!」

東山「こんなに長い期間『マクロスΔ』という作品に関わらせて頂けて、劇場にまでやって来られたのは本当にファンの皆さんのお陰だと思っております。ここにいられることが幸せです。西田さんが話していたように、今月は劇場版が公開して、CDが出て、ライブが2daysもあって、(そのライブの)ライブビューイングもあって、すごく盛り沢山で嬉しいです!」

JUNNA「こうやって沢山の方に出会えたのも、この作品に出会えたからだと思います。本当に有難うございます。それが今度は劇場に来て、皆さんに観て頂けるのは本当に嬉しいことです。そして私は、一回試写会で観て、先程のぞみる(西田)とスクリーンの後ろで少しだけ観ました。本当に何回観ても楽しめる作品になっていると思うので、たくさん観て『あ、ここでこんな台詞言っている』とか色々気付いてもらえたら嬉しいです」

鈴木「去年の横浜アリーナでのライブの時は、先程も東山さんが仰っていたように、ここで『マクロスΔ』は一区切りなのかな…と思っていたのですが、まさか約一年後に皆さんの前で劇場版の舞台挨拶ができることがとっても幸せです。何よりスタッフの皆さん、キャストの皆さん、大好きな皆さんとまたフレイヤとして作品に関われたことがとても幸せです。今回の劇場版では、色んなキャラを皆さんの好きな視点で観て、楽しんで頂けたらなと思います」

内田「TVアニメから劇場版を制作するということは、皆様の本当に熱い応援のお陰でここまで来ているんだなと実感しております。『マクロス』シリーズ並びに『マクロスΔ』という作品がそれほどまでに沢山の人に応援されているという事実が嬉しいです。今回、『激情のワルキューレ』というタイトルの通り、ワルキューレが大活躍します。僕が演じるハヤテが所属するデルタ小隊はワルキューレのためにこの空を飛んでいます。ぜひ皆さんも劇場版を応援して頂いて、一緒にワルキューレを支えて頂いて、末永く『マクロスΔ』を宜しくお願いします」

左からJUNNAさん、鈴木みのりさん、内田雄馬さん、河森正治監督、東山奈央さん、西田望見さん

<上映情報>

劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ
大ヒット上映中!

マクロス ポータルサイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「超時空要塞マクロスシリーズ」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE