good_shonichi_bnr
  • イベントレポート
  • |
  • グッド・ストライプス

『グッド・ストライプス』初日舞台挨拶レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『グッド・ストライプス』の初日舞台挨拶が5月30日に新宿武蔵野館で開催され、主演の菊池亜希子さん、中島歩さん、岨手由貴子監督が満席の会場から温かい拍手に迎えられ、登壇。ピッタリ息の合った3人のトークに、会場は終始笑いの絶えない、楽しい初日となった。

天気が一番心配だったけど、晴れの初日で嬉しい!と菊池さん

舞台挨拶には、主演の菊池亜希子さん、中島歩さん、岨手由貴子監督が登壇し、菊池さんは「監督と以前から初日は天気がいいと良いねと言っていて、昨日は天気が悪かったので心配しましたが、青空になって良かったです。」と挨拶し、続いて中島さんは「この作品で初めて主演を務めさせて頂いたのですが、映画館の表の大きな看板を見たら、嬉しかったり、怖かったり、色んな感情が込み上げてきました。」と緊張の面持ちで挨拶。監督も「今日、満席にならなかったらどうしようかと思っていたので、沢山の方に来ていただけて本当に良かったです!」と満員御礼の初日を迎えられた喜びを伝えていた。

菊池亜希子さんが中島歩さんの素顔を告白!?

初共演したお互いの印象を聞かれた菊池さんは「中島くんはすごく面白くて。落研(落語研究会)だったんですよね」と明かし、「喋ることにいちいち洒落をきかせてくるので、それを受け止めるのが最初は楽しかったけど、途中からちょっと面倒くさくなった」と当時の様子を振り返りながら冗談っぽく称賛し、会場は笑いに包まれた。その流れから、中島さんは「なんか洒落をきかせなきゃいけない感じになっていますけど(笑)。」と少し困惑しつつ、「菊池さんは僕が不安定な状態に陥った時に、ご飯へ誘ってくれたり、“敬語じゃなくていいのよ”と言ってくれたり…」と、言うとすかさず菊池さんから「“いいのよ”とか言わない」と突っ込まれ、会場にはまた笑いが起き中島さんはタジタジに。最後には「菊池さんのリードに付いていき、伸び伸びやれた」と感謝を述べ、2人の息のあったコンビぶりが垣間見えた。

セリフに書かれていないアドリブがカップルの“リアル”を表現

本作は破局ギリギリ、交際4年のマンネリカップルを主人公にストーリーが展開する。そんなマンネリカップルをリアルに表現できたことについて、菊池さんは「リハーサルでセリフにないやりとりを何度か繰り返しやって、お互いの距離感をつかんでいった」と話し、中島さんも「監督から何を言っても緑(菊池さん)と真生(中島さん)が言っているようにしたいと言われてました」と発言すると、監督は「セリフに書かれていないアドリブや私がカットをかけずにそのままお芝居を続けて貰い、何をしても何を言っても正解になるくらい作り込んでいこうね。と話しました」と中島さんの話に説明を加え、中島さんは「結構、アドリブシーンも使ってましたよね」と嬉しそうに返していた。

菊池亜希子さんへの信頼度はバツグン!

監督は2人の印象を聞かれ、「リハーサル前にお二人と話す機会があったので、まず菊池さんに緑のようなキャラクターはわかりますか?と聞くと“私の中にもそういう部分があるのでの分かります”と言ってくれて菊池さんにお願いして良かったとすごく思いました。」と信頼していたことを明かした。続いて、「中島君は、真生というキャラクターは自分の人生はまぁこんなものかな、と思っているくらいの感覚の人物なんだけど分かる?と聞くと、“全然分かんないです!僕は希望に満ち溢れているので!”と言われ…。でも、そんな中島君のあっけらかんとして憎めないところが、真生というキャラクターには必要だったので、良かったなと思っています。」と2人を絶賛した。

実は運動神経が抜群の菊池さんと6年間学級委員だった中島さん

付き合って4年のマンネリカップルが妊娠発覚で結婚を決意し、そこからお互いのルーツを探っていく、“結婚”から始まるふたりの物語が描かれている。そんな作品と関連しそれぞれの意外なルーツを聞かれると、監督は「本作にもでてきた緑がラジオ番組をやっているシーンや学生時代に変な格好をしていたのは私自身のことで、黒歴史ですね。(笑)でもそれが今生かされていると思います。」と告白、中島さんは「中・高学級委員を6年間務めたという偉大なる経歴があります。」と告白し笑いを誘っていた。最後に菊池さんは「文化系のイメージをお持ちの方が多いと思うんですが、実は運動神経が良いんです!小学校の時は学年代表のリレーの選手でした!誰にも信じて貰えないんですが…。」とひとりひとりの意外なルーツを暴露し合い、さらに親交を深めていた。
最後の一言では、菊池さんは「いつもは舞台挨拶などでは緊張してお客さんの顔を見れないのですが、今日は見終わった皆さんの表情が見たくてすごい見ています!この物語はたまたま緑と真生の話ですが、皆さんにも別々の物語があると思うと抱きしめたくなります。沢山の方が見てくださって、それぞれ自分の物語を思い出して貰えると嬉しいです。今日はありがとうございました!」と締めくくり、舞台挨拶は温かい雰囲気の中、大盛り上がりで終了した。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE