alice-report-tenpo-bn01
  • イベントレポート
  • |
  • アリスと蔵六

豪華特典を満載したBlu-ray Boxが遂に発売!『アリスと蔵六』トーク&特典お渡し会レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第17回(2013年)文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞した泣けるSFファンタジー! そんな話題作をTVアニメ化、今年4月から6月まで全12話で放送された『アリスと蔵六』のBlu-ray Box第1巻の発売を記念して、2017年7月29日(土)、東京・秋葉原にあるAKIHABARAゲーマーズ本店にてトークショーと特典お渡し会が実施された。ゲストとして樫村紗名役の大和田仁美さん、雛霧あさひ役の藤原夏海さん、雛霧よなが役の鬼頭明里さんが登場。ファンとの貴重な交流の場となった当日の模様をお届けする。

ゲスト3名が登壇したトークショーがスタート!

会場に大きな拍手が鳴り響く中、ゲストの大和田さん、藤原さん、鬼頭さんの3名がステージに登壇。それぞれ挨拶を行い、早速トークショーがスタートした。まずは放送が終了した感想を聞かれ、大和田さんは「終わってから改めて観返すと客観的に物語が見えてくるのと同時に、寂しい気持ちとか色んな感情が湧いてきました」と複雑な胸の内を言葉にした。藤原さんは本編中に出てくるホットケーキなどの美味しそうな食べ物について言及しつつ、「はあちゃん(敷島羽鳥)がお母さんに抱きしめられるところは泣きました。この作品に関われて本当に良かったです」と感慨深げなコメント。鬼頭さんは「ファンタジーとリアルな部分が混在していてバランスがすごく良い」と語り、「最終回は一人で観てめちゃくちゃ泣きました」と続けた。

藤原さんと鬼頭さんの共同生活が役作りにもたらした効果とは?

続いてのトークテーマは「役が決まった経緯」。オーディションで樫村紗名役に選ばれた大和田さんは「テスト無しの1回きりだったので、とりあえず思い切りやろうという気持ちでした。だから、決まった時は嬉しかったです」と当時の心境を語った。藤原さんと鬼頭さんも「ピッタリだった」と口を揃えて大和田さんの紗名役を絶賛。そこから、紗名が本編中に歌う鼻歌について話題は移り、メロディは全部自らで考えていたという大和田さんは「紗名は直感的なキャラクターなので、メロディを決めていっちゃうのはよくないと思って、尺だけ決めてその場の感覚で(笑)。難しかったけどすごく楽しかったです」と笑顔で語った。一方の藤原さんと鬼頭さんは、松倉友二プロデューサーから双子のように仲が良いという理由で推薦され、雛霧姉妹のキャスティングが決定。実は藤原さんと鬼頭さんは、本イベントのために昨夜話し合って決めたチェックシャツと黒のスカートの双子コーデで登場しており、仲の良さをアピール。さらに、藤原さんと鬼頭さんは本作への出演が決まるのと同じくらいのタイミングでシェアハウスを始めたという驚きの情報が明かされ、藤原さんは「一緒に居る時間が増えて、アフレコの練習なども一緒にしました」と語り、その仲の良さが収録に活かされたエピソードも披露してくれた。

それぞれのお気に入りのシーンについて

続いて、話題は「お気に入りのシーンやセリフ」へと移り、鬼頭さんは「紗名の鼻歌が毎回可愛くて、アフレコを毎週楽しみにしていました(笑)」と鼻歌への並々ならぬ想いをコメント。藤原さんは「紗名と雛霧姉妹が仲直りをしてお泊りに行く第9話がすごく好きです。昔のように素敵な時間を過ごせるようになって本当に良かったなって思いました」とキャラクターへの熱い気持ちを語った。また、双子の声が重なるシーンについて聞かれた鬼頭さんは「どっちかに寄せるのではなくて真ん中を取りにいった」と貴重な裏話を明かした。好きなシーンがいっぱいあると悩む大和田さんは「第11話の羽鳥と想いを通わせるシーン」を挙げ、「10話分の積み重ねがあったからこそのシーン。汗だくになりながら収録をやらせて頂いたので、すごく思い入れが強いですね」と語るも、最後は「でも、全部好き!(笑)」とまとめた。

私にとって『アリスと蔵六』は本当に大切な作品になりました[大和田]

そして、ここで話はBlu-ray Boxに封入されている特典の話題へ。大和田さんが樫村生花のモデルになったお店へ訪れてフラワーアレンジメントを体験した話、オーディオコメンタリーでの松風雅也さんの回しの上手さや大塚芳忠さんの素敵なコメント、ドラマCDでの楽しい収録話など話題は多岐に及んだ。最後は、ファンに向けて一言ずつメッセージを贈ることに。鬼頭さんは「今日の話を踏まえつつ、特典を楽しんで頂けたらなと思います」と語った。藤原さんは「この作品に関われて本当に嬉しかったです。引き続き『アリスと蔵六』を宜しくお願いします」とコメント。大和田さんは「私にとって『アリスと蔵六』は本当に大切な作品になりました。こうやってみなさんに届いたということが本当に幸せです」と作品への大きな愛を語り、トークショーは終了。その後、特製ポストカードがゲスト3名からそれぞれ直接ファンの方へ手渡される「特典お渡し会」が実施され、本イベントは幕を閉じた。

左から藤原夏海さん、大和田仁美さん、鬼頭明里さん


<再放送情報>
毎週土曜19時〜BS11にて放送中
※放送日時は変更になる場合がございます。


<Blu-ray発売情報>
アリスと蔵六 Blu-ray Box 第1巻&Blu-ray 第1巻
好評発売中
Blu-ray Box特装限定版:¥19,000(税抜)
Blu-ray:¥6,000(税抜)

アリスと蔵六 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「アリスと蔵六」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE