gangsta_top
  • イベントレポート
  • |
  • GANGSTA.

死に損ない共のトラジック・アクション!『GANGSTA.』Blu-ray&DVD発売再開記念上映会イベントレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コースケ原作(新潮社「月刊コミック@バンチ」連載)の人気コミックがTVアニメ化され、2015年7月〜9月まで放送された『GANGSTA.』のBlu-ray&DVD発売再開を記念した上映イベントが、2017年3月28日(火)、新宿バルト9にて開催された。本編3話分の上映と共に実施された、ウォリック・アルカンジェロ役の諏訪部順一さん、ニコラス・ブラウン役の津田健次郎さんによるトークショーの模様をレポートする。

本編上映後、爆笑エピソード満載のトークショーがスタート!

今回のイベントでは、Act.08「EVENING DRESS」、Act.09「SIBLINGS」、Act.10「LAND OF CONFUSION」の3話が上映された。トークショーでは、大きな拍手の中、諏訪部さんと津田さんがステージに登壇。それぞれの挨拶が済んだところで、バンダイビジュアルの遠藤プロデューサーも加わり、トークショーがスタート。久し振りの『GANGSTA.』のイベントということで、簡単に作品を振り返りながらトークは進行。まず、パッケージが第2巻から第3巻の発売まで約1年半の期間が空いたという話題に。津田さんが「1年半あれば世界一周できますね」と答えると、諏訪部さんも「恋が始まって、終わるよね。2、3回くらいパートナーが代わっていてもおかしくない…あくまで個人の感想ですけどね(笑)」と語り、会場は笑い声に包まれた。

今まで語られることのなかったオーディションの舞台裏が明らかに!

その後は今まであまり語られていないオーディションの話題へ。諏訪部さんが「僕はウォリックとニコラスの両方を受けて、結果ウォリックに決まったんですけど、ホント良かったです」と、ウォリック役に決まったことを素直に喜ぶと、すかさず津田さんが「どういうこと?」と返し、「だって大変そうじゃないですか」と、ニコラスの役作りの難しさについて諏訪部さんが語ると、客席も大きく頷いた。一方の津田さんは「記憶が定かではないんですけど、ニコラスはちゃんと受けました」と回答。そこで遠藤プロデューサーが「元々オーディションではウォリックのみの方、ニコラスのみの方、ウォリックとニコラスの両方を受けた方がいらしたんです。その途中、監督や音響監督との話の流れで、急遽全員にウォリックとニコラスの両方をやってもらうことになったんです。その途中からの無茶振りをされたのが諏訪部さんです」と、オーディションの舞台裏を明かした。すると諏訪部さんが「僕は面白半分で両方やらされたってことですね(笑)。でも、そういうことって実はよくあるんです。現場で声を聴いて、別のキャラクターもお願いしますみたいな。むしろ、それで別のキャラに決まることも結構あるんですよ」と“声優あるある”を語り、会場を盛り上げた。そんな中、思い出に残っているエピソードとして諏訪部さんが「オーディションを受ける人の一覧表が会場の壁に貼ってあって、そこには錚々たる“セクシー”&“ダンディー”な声の持ち主が揃っていたんです。それを見た瞬間、これは無理だって思っていたら自分に決まったので嬉しかったですね。その甲斐あって、今では“セクシー”や“ダンディー”を欲しいがままにしているんですけどね」と語り、客席からは大きな拍手と笑い声が起きていた。

また、オーディション時の印象深いエピソードについて、遠藤プロデューサーは「ニコラスを作中で一番声の低いキャラクターにしたい、という監督の意図もあり、ニコラス役として多くの方が最初の段階から候補の中に津田さんのお名前を挙げていたんです。そして実際に演じて頂いて印象に残ったのが津田さんだったんです」と、ニコラス役が津田さんに決まった経緯を語った。一方、ウォリック役の諏訪部さんについては「オーディションでは第1話のバリーに凄むシーンを演じて頂いたんですけど、そこで諏訪部さんだけがバリーの耳元で囁くように演じられたんです。そこの距離感の演技を入れたことが決め手でしたね」とキャスティングの裏話を明かし、諏訪部さんは「危なかった〜。普通に演じていたら、ここに僕はいなかった訳ですね」と笑顔で語っていた。

諏訪部さん&津田さん出演の全話オーディオコメンタリーは必聴!

続いては、Blu-ray&DVD各巻に収録されている音声特典のオーディオコメンタリーの話題へ。なんと諏訪部さんと津田さんは全12話すべてに参加。感想を聞かれた二人は「これだけ出ていると、もう喋ることがなくなるよね」と声を合わせた。さらに、二人とも出番がなかったAct.11「ABSENCE」のオーディオコメンタリーについて津田さんが「あれは衝撃でしたね。二人とも出番がないなんて…」と話し、諏訪部さんも「この話数は俺たちが居なくてもよかったよね」と語りつつも、オーディオコメンタリーの収録での楽しかった思い出話に花を咲かせていた。

最後は、登壇者たちが一人ずつコメント。遠藤プロデューサーは「これからもBlu-ray&DVD第4巻から第6巻まで発売していきますので、みなさん応援宜しくお願い致します」。津田さんは「また『GANGSTA.』でイベントができれば本当に嬉しいですし、引き続き応援して頂ければと思います」。諏訪部さんは「ウォリックは非常に演じ甲斐のあるキャラクターで、気持ちを込めて演じた作品である『GANGSTA.』のパッケージのリリースが再開されることを本当に嬉しく思っています。これからも頑張って“セクシー”をやっていきたいと思いますので、応援宜しくお願い致します」。それぞれが会場のファンへ感謝のメッセージを送り、この日の上映イベントは幕を閉じた。

<Blu-ray&DVD発売情報>
GANGSTA. ④〜⑥
Blu-ray特装限定版:各¥6,800(税抜)
DVD特装限定版:各¥5,800(税抜)

GANGSTA. ①〜③
Blu-ray特装限定版:各¥6,800(税抜)
DVD特装限定版:各¥5,800(税抜)

GANGSTA. Blu-ray BOX
2017年6月23日発売
¥28,000(税抜)

GANGSTA. 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE