イベントレポート

_tbtop04
  • イベントレポート
  • |
  • 機動戦士ガンダム サンダーボルト

第5話デジタルセル配信中!ガンダムファンの力で支える!『機動戦士ガンダム サンダーボルト』サポーターズ上映会レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

累計発行部数200万部の人気コミックをアニメ化した『機動戦士ガンダム サンダーボルト』。有料配信サービスにて人気を博した本作の第2シーズンが遂に配信開始。2017年3月24日(金)正午より配信された最新第5話の上映に加え、松尾衡監督、古川由利奈さん (ビアンカ・カーライル役)、小形尚弘プロデューサー(サンライズプロデューサー)のゲスト3名によるトークショー付きのガンダムファンクラブ限定サポーターズ上映会が、第5話配信当日の夜、新宿ピカデリーにて開催された。その貴重なイベントの模様をレポートする。

会場に集まったファンたちをサポーターズメンバーに任命!

熱烈なファンが集まった劇場に、ゲストの松尾監督、古川さん、小形プロデューサーが登場した。まずは松尾監督が「これからの上映をお楽しみに! 観終わった後にブーイングはしないでください(笑)」と冗談交じりにコメント。続いて、古川さんは「みなさんと一緒に第5話を観られることをすごく楽しみにしておりました」と笑顔で語った。最後に小形プロデューサーが「既に配信でご覧になられた方はいますでしょうか?」と観客たちに問いかけると、何人かの方が手を挙げ、「フレッシュな気持ちで観て頂ければと思います(笑)」と締めた。そして第5話の上映が始まる前に、今回の「ガンダムファンクラブ限定サポーターズ上映会」の趣旨が説明された。今回の上映会に抽選で選ばれた方々はサポーターズメンバーに任命され、各々のTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを活用して、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の魅力を発信していく役割を担うことに。趣旨説明が終わったところで、いよいよ第5話の上映がスタートした。

第5話上映後、トークショーがスタート!

第5話の上映が終了し、満足感の漂う劇場内にゲストの3名が再び登場。トークショーの前に、古川さんが『サンダーボルト』応援隊長に任命されたことが発表された。古川さんは「ついさっき知りました」と驚きながらも、この第5話上映の間に、YouTube配信の番組『さんぼるchannel』にて早速一つ目の応援活動を実施。一足先に『さんぼるchannel』を観た古川さんは「格好良い松尾監督が観られるのでお楽しみに」とコメント。そして今回の上映会のメイン、ゲスト3名によるトークショーが始まった。まず、第2シーズン制作決定の経緯について聞かれた小形プロデューサーは「みなさまが応援してくださったから第2シーズンが決まったんです」と感謝の言葉を述べた。ここで、この上映会に参加しているファンの方から事前に集めた質問コーナーに。アトラスガンダムの作画の大変さについて聞かれた松尾監督は「丸を描くのが大変なんです。円にパーツが付くと途端に難しくなるんです」とその苦労を明かした。続いて、ビアンカと自分自身の似ている部分について聞かれた古川さんは「一番は負けん気が強いところ。女だからっていう言い訳をしない強さは似ていると思います」と語った。

ゲスト3名のお気に入りシーンとは?

トークショーの合間に、松尾監督と小形プロデューサーがそれぞれ現場で撮影してきた写真を紹介するコーナーが始まった。小形プロデューサーは「うどんを嬉しそうに食べる松尾監督」を披露。思わず場内から笑い声が漏れると、松尾監督が「いい加減にしろよ(笑)」と怒る一幕も。その後も2枚目、3枚目と写真が出てくる度に会場からは笑いが起こっていた。一方の松尾監督は「アニメーションキャラクターデザインの高谷浩利さんにそっくりのペイントを施した人形」を披露。細部まで非常にこだわって再現したというエピソードから、現場の温かい雰囲気が伝わってきた。写真のコーナーが終わると、続いてゲスト3名がそれぞれ第5話のお気に入りシーンを紹介することに。古川さんは「冒頭のビアンカのシーン」をセレクトし、「思い入れがすごくあって、試行錯誤をしたシーンなので一番感動しました」とコメント。小形プロデューサーは「ミデアから飛び出るコアファイターのシーン」をセレクトし、「このシーンが今後の希望になったかな」と語った。松尾監督は「シドニークレーターの瓦礫とチューリップのシーン」と「アトラスガンダムのレールガンが壊れたシーン」の二つをセレクト。後者について松尾監督は「気付かなかったかもしれないですが、火花が出ているのは実は壊れたという描写でした」と説明、捨てられたレールガンの真相が明らかになった。そしてここでサポーターズメンバーによる情報拡散のための写真撮影が始まり、応援隊長の古川さんも率先して撮影を行っていた。

生コメンタリーも行われた贅沢すぎる時間

一通り写真撮影を終えたところで、なんと第5話をもう一度上映して生コメンタリーが行われた。ゲスト3名の生コメンタリーを聞きながら本編を鑑賞できる、ファンにとっては非常に贅沢なひと時となった。第5話再上映後、3月24日に解禁となったビアンカのキービジュアル、第6話の先行カットも披露された。松尾監督と小形プロデューサーが口を揃えて「第6話はカット数が多くて本当に大変」と語り、早くも第6話への期待が高まる展開に。サポーターズメンバーによるフォトセッションも行われ、トークショーの最後はゲスト3名のコメントで締めることに。小形プロデューサーは「家に帰ったらまずはご自分とご家族のアカウントとbotをそれぞれ10個以上作って頂いて、なんとか『サンダーボルト』を盛り上げて頂きたい」とコメントし、会場からは笑いが起こっていた。松尾監督は「ガンダムを愛してくださっている方々の前で、大きなスクリーンで作品を上映できたことは本当にありがたく、とても誇らしいことだと思っています」と感謝の気持ちを述べた。最後は、古川さんが応援隊長らしく「応援しないと私のサンダーボルト、お見舞いしちゃうぞ!」と『さんぼるchannel』の決め台詞で締め、大きな拍手が起こる中、サポーターズ上映会は幕を閉じた。

左から松尾監督、古川さん、小形プロデューサー


<配信情報>
機動戦士ガンダム サンダーボルト
第2シーズン有料配信中!
■第5話:好評配信中
■第6話:4月28日(金) 正午より
■第7話:5月31日(水) 正午より
■第8話:6月30日(金) 正午より

●デジタルセル配信(EST配信)
価格:¥800(税抜)
配信サービス:Amazonビデオ、TSUTAYA TV、ひかりTV、PlayStation™Video、bonobo、楽天ショウタイム(順不同)
●レンタル配信(TVOD配信)
価格:¥400(税抜)
配信サービス:ガンダムファンクラブ、バンダイチャンネル 他
※詳しくは取扱いの配信サービスにてご確認ください。

さんぼるchannel
YouTubeより視聴可能
詳しくはこちら

機動戦士ガンダム サンダーボルト 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「機動戦士ガンダムシリーズ」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE