イベントレポート

mainyamato
  • イベントレポート
  • |
  • 宇宙戦艦ヤマト2202 愛のトークショー

豪華スタッフ&キャストがお届け!AnimeJapan 2017『宇宙戦艦ヤマト2202 愛のトークショー』イベントレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全七章のうち第一章「嚆矢篇」の劇場上映がスタートし、Blu-ray&DVD第1巻が発売されたばかりの『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(以下『2202』)のトークイベントが、2017年3月26日(日)、東京ビッグサイトで開催された国内最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2017」のオープンステージにて行われた。イベントには古代進役の小野大輔さんに加え、監督の羽原信義さん、シリーズ構成の福井晴敏さんがゲストとして登壇し、本作の魅力について熱く語り合った。

豪華な生オーディオコメンタリーを実施!

まずは、公式サイトで配信中の「内田彩の4分でわかる宇宙戦艦ヤマト2199【完全版】〜road to 2202〜」を上映。前作のおさらいとして、岬百合亜役の内田彩さんの軽快なナレーションで『宇宙戦艦ヤマト2199』(以下『2199』)の物語をダイジェストで紹介。映像を一緒に観ていた小野さんは「戦闘する映像と、彩ちゃんのナレーションのポップなイメージが合わない(笑)」と語り、観客からも笑い声が起きていた。映像が終わり、福井さんが「こういうイベントを結構やらせてもらっているんですけど、未だかつてないくらい女子率が高いんです」とコメント。さらに、「今まで『宇宙戦艦ヤマト』の“ヤ”の字も知らない人は、どのくらいいらっしゃいますか?」と会場へ投げかけると数人の手が挙がったものの、思ったより少なかったようで、羽原監督は「良かった〜(笑)」と安堵の表情を浮かべていた。

続いて、第一章「嚆矢篇」の冒頭映像12分を上映しながら、登壇者による生オーディオコメンタリーが行われた。これまで『宇宙戦艦ヤマト』シリーズを観たことがない人にも理解しやすいように、『2199』に登場したガミラスを「前の敵」、『2202』に登場するガトランティスを「新たな敵」と言い換えるなど、専門用語を封印しての解説に挑戦。四苦八苦しながらも、ヤマト初心者にも楽しんでもらえるよう、様々な用語や設定を説明するゲスト陣の様子に会場は笑いに包まれた。

古代が雪と婚約したのは吊り橋効果の影響!?

その後のキャラクター紹介では、自身が演じる古代について小野さんは「艦長代理として、沖田艦長から受け継いだ想いを胸に秘めています。あと、何気にウジウジ野郎ですから(笑)。頼れる人がいないと何もできないのかなって思っていましたけど、『2199』の旅を終えてから、艦長としての覚悟ができたみたいな感じがして前作よりも好きになりました」と語った。そんな中、羽原さんが「雪との関係もいろいろあるかもしれないですから」と恋人である森雪に触れると、福井さんが「あの旅から3年も経っているのに、なぜ二人は結婚しないんですかね。『2199』の最後であんなに盛り上がったのに…」と疑問を投げかけた。それに対し、羽原監督は「でも、第2話では二人のラブラブシーンもありますし、婚約もしています」とコメント。一方、小野さんは「この前、キャストみんなで話していたんですけど、『古代が雪と婚約したのって、ちょっと吊り橋効果もあったんじゃない!?』みたいな(笑)」と、二人の関係について収録現場でも話題となったエピソードを明かし、会場を沸かした。また、神谷浩史さん演じる新キャラクターのキーマンについて福井さんは「実はキーマンってガミラス語だと“高橋”とか、よくある名前かもしれない」と語り、再び会場の笑いを誘った。

ここで、『2202』に関する3つのキーワードが公開される。1つ目は「愛のスタッフたち」。これについて羽原監督は「僕らの年代が揃っていますから、どれだけ『ヤマト』が好きか、お互いに自慢しながら作っているような感じです」とスタッフ陣の作品に対する熱の入り方を明らかにした。続いて、2つ目は「愛のキャストたち」。小野さんは「みんな『ヤマト』を好きという気持ちは変わらないんですけど、すごく昔から好きな方もいらっしゃれば、ここから入ってくる方もいらっしゃるんです。ベテランから若手まで、今の『ヤマト』が好きだからこそ、(島大介役の)鈴村健一さんが“島にも彼女ができないかな”とかを本気で言えるんですよね」と、キャスト陣の“ヤマト愛”について語った。最後の3つ目は「愛のファンたち」。愛あるファンの応援を受け、第一章は全国15館での上映にも関わらず、動員数8万人、興行収入1億円という異例の大ヒットを記録した。この結果に会場からは大きな拍手が送られた。

ヤマトの魂を受け継いで前に進んでいきたい!

イベントの最後は登壇者が一言ずつコメント。羽原監督は「作品タイトルのごとく、本当にヤマト愛に満ちたスタッフ陣で制作しておりました。ぜひ最後までお付き合い頂けますと嬉しいです」。福井さんは「第二章の上映開始が6月24日、本当に大丈夫なのか不安もありますが、スタッフ全員が熱を入れて制作しておりますので、引き続き、応援宜しくお願い致します」。小野さんは「ヤマトの魂を僕たちが受け継いで進んでいきたいと思っています。それにはみなさんの力が必要です。みんなで一緒にこの艦に乗りましょう。沖田艦長の言葉を借りて最後に言わせて頂きたいと思います。『みんな、ヤマトに乗れ!』」と、沖田艦長の名台詞でトークショーを締めくくった。


左から、小林 治さん、羽原信義さん、小野大輔さん、福井晴敏さん


<上映情報>
全七章 劇場上映決定!!
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第二章「発進篇」
2017年6月24日(土)より全国20館にて2週間限定劇場上映!

<Blu-ray&DVD発売情報>
宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 特別限定版Blu-ray第1巻
【BVC限定/初回限定生産】
好評発売中
特別限定版Blu-ray:¥10,000(税込)
※上記の商品写真は【BVC限定/初回限定生産】のBlu-ray第1巻です。

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 特別限定版Blu-ray第2巻
【初回限定生産】
上映劇場にて2017年6月24日より最速先行発売
バンダイビジュアルクラブにて2017年7月1日発売
特別限定版Blu-ray:¥11,000(税込)

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち Blu-ray&DVD第1巻
好評発売中
Blu-ray:¥7,800(税抜)
DVD:¥6,800(税抜)
※上記の商品写真は通常のBlu-ray第1巻です。

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち Blu-ray&DVD第2巻
2017年7月28日発売
Blu-ray:¥8,800(税抜)
DVD:¥7,800(税抜)

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち【BVC限定】特設サイト

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE