_kurokotopu03
  • イベントレポート
  • |
  • 劇場版 黒子のバスケ LAST GAME

完全新作映画『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』初日舞台挨拶レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シリーズ集大成となる完全新作映画『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』が、2017年3月18日(土)より全国公開された。新宿ピカデリーにて行われた初日舞台挨拶には、多田俊介監督をはじめ、小野賢章さん(黒子テツヤ役)、小野友樹さん(火神大我役)、神谷浩史さん(赤司征十郎役)、諏訪部順一さん(青峰大輝役)、小野大輔さん(緑間真太郎役)、木村良平さん(黄瀬涼太役)、鈴村健一さん(柴原敦役)、緑川光さん(ナッシュ・ゴールド・Jr.役)、稲田徹さん(ジェイソン・シルバー役)の豪華キャスト陣が登壇した。全国各地の劇場でライブビューイングも行われ、大盛り上がりとなったその模様をレポートする!

超豪華キャストの登場に会場は熱狂!

本編上映後、興奮冷めやらぬ観客の拍手に迎えられ、多田監督と豪華キャストがステージに登壇した。キャスト陣の仲の良さが伝わってくるそれぞれの挨拶が済んだところで質問コーナーがスタート。まずは、総監修も務めた原作者・藤巻忠俊先生が本作のために書き下ろした新作エピソードの印象を聞かれた多田監督は「最初は『EXTRA GAME』をそのまま映画化するんだろうなと思っていたところ、藤巻先生からいきなり(コマ割りとキャラとセリフが入っている状態の)ネームが送られてきたのが印象に残っています」と驚きのエピソードを語った。その後は、キャスト陣に本作の感想を聞いていく流れに。小野賢章さんと小野友樹さんは口を揃えて「寂しい」と語った。そこから、小野賢章さんのもとに小野友樹さんからLINEで熱いメッセージが届いた話になり、焦り出す小野友樹さん。そのLINEを見た藤巻先生が「熱いっ」とコメントしたという貴重なエピソードが明かされ、会場からは大きな笑いが起きていた。神谷さんは「観たかったものが全部ここに詰まっていて、TVシリーズをすごく一生懸命頑張って導いた“ご褒美”をもらえた感じがしました」とまとめ、最後までやってきた多幸感に溢れていた。諏訪部さんの「試合にフルタイムで出ていたのは青峰だけなので」という言葉に、客席から大きな拍手が起こると、「やっぱ最強だなと思いました」と続け、会場も大盛り上がり。小野大輔さんは「泣けました」とコメントし、Strky(スターキー)がボロ負けするシーンや、黄瀬と青峰が走っている後ろ姿に帝光中学時代が重なるシーンなどを挙げていた。その後、木村さん、鈴村さん、緑川さんと続き、最後に稲田さんは「多分あと5、6回観て頂ければ1回ぐらいJabberwock(ジャバウォック)が勝ちますよ」とコメントし、大いに会場を沸かせていた。

仲良しで笑いの絶えない質問コーナー

続いて、キャラクターの話へと移り、新キャラクターのナッシュを演じた緑川さんは「アフレコが終わる頃にはヘトヘトでした」とその苦労を語った。続いて、TVシリーズから引き続き演じた各キャラクターについて、小野友樹さんは「火神が日本に絶望していたことを考えると、あれだけ素直な感情を真っ直ぐぶつけられるような仲間に出会えたんだなって、すごくグッとくるものがありました。人としてもプレーの上でも一番成長したのかな」と溢れ出るキャラクターへの愛を言葉にした。神谷さんは「改めて『キセキの世代』を正しく率いていた頃の赤司を演じなければならないこと、なおかつ先輩である緑川さん演じるナッシュと対決するというのがすごくプレッシャーでした」とアフレコ時の気持ちを吐露。小野大輔さんは「これまで培ってきた絆と友情があって、この試合でまたそれが再確認することができた」と続け、『キセキの世代』の並々ならぬ関係性について語った。鈴村さんは「むっくんが初めてバスケしながら笑ったんですよ。バスケが好きだと認める描写があって、劇場版の中で一番成長したキャラクター」と自慢気に語ると、思わず会場から笑いが起こっていた。続いて、アフレコで印象に残っていることについて聞かれた多田監督は「敵役を演じている緑川さんは意識的に他のキャストと顔を合わせないようにしていることを知って、さすがだなと感心しました」と緑川さんの役作りへの姿勢を絶賛。一方の稲田さんは、キャストのみんなと楽しくお昼ご飯を食べたエピソードを語り、「負けたのは昼飯のせい」とコメントすると、会場全体が大きな笑いに包まれた。

6年かけて辿り着いた完結作への熱き想い

大盛り上がりだった舞台挨拶も終了の時間が近付き、最後は登壇者たちが一言ずつコメント。多田監督は「本作は3分の2が試合です。スタッフ一同本当に頑張りましたので、そこのところをぜひ観て頂きたいです」とコメント。小野大輔さんは「緑間の『これからもずっとバスケを続けていくのだろう?』というセリフと同じ気持ちです。みなさまの中で『黒子のバスケ』が生き続けて、ずっと愛してくださると嬉しいです」と感慨深げに語った。木村さんは「昨夜、完成した作品をようやく観ることができました。そして今日、こうして1回目の舞台挨拶に立たせて頂いて、自信を持って言えます。みんなで良い物を作れました」と作品への手応えを口にした。神谷さんは「原作通りなら試合が終わったところまで、黒子と火神のファンなら二人の最後のやり取りまで、GRANRODEOのファンならエンディング曲まで、そしてエンドロール後のラストシーンまでの計4回楽しめるんじゃないかなと思っています」と4パターンの鑑賞方法を提案し、観客の笑いを誘った。小野友樹さんは「『黒子のバスケ』に関わらせて頂いて6年が経ちました。本当に幸せな形でラストを迎えられたんだなと改めて思います」と作品への高まる思いを口にした。最後は、主人公の黒子を演じた小野賢章さんが「キャストのみなさん、スタッフのみなさん、そして応援してくださったみなさんのおかげで今日を迎えられているんだなと思います。本当に『黒子のバスケ』に出会えてよかったです。何度も観て、何度も黒子たちを応援して、観終わった後に“黒バス愛”を語って頂ければと思います」と締め、舞台挨拶は幕を閉じた。

前列左から多田監督、緑川さん、小野友樹さん、小野賢章さん、神谷さん、稲田さん
後列左から小野大輔さん、木村さん、諏訪部さん、鈴村さん


<上映情報>
新宿ピカデリー他にて大ヒット上映中!

黒子のバスケ 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「黒子のバスケ」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE