sarusuberi_shonichi_bnr
  • イベントレポート
  • |
  • 百日紅(さるすべり)〜Miss HOKUSAI〜

原恵一監督最新作『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』初日舞台挨拶レポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人から子供まで楽しめる『クレヨンしんちゃん』シリーズや『河童のクゥと夏休み』など、オトナが泣けるアニメーション作家として評価の高い原 恵一監督の最新作『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』が、5月9日(土)に公開を迎え、東京・テアトル新宿で初日舞台挨拶が行われた。漫画家で江戸風俗研究家でもある杉浦日向子さんの代表作「百日紅」を原作とした本作は、女性浮世絵師のお栄と父であり師匠である葛飾北斎を中心に、自由闊達に生きる江戸の人々を描いた浮世エンターテインメントだ。

左から、立川談春さん、濱田 岳さん、清水詩音さん、杏さん、松重 豊さん、原 恵一監督

女性キャスト陣は艶やかな着物姿で登壇!

舞台挨拶には、声優を務めた杏さん(お栄役)、松重 豊さん(葛飾北斎役)、濱田 岳さん(池田善次郎役)、立川談春さん(萬字堂役)、清水詩音さん(お猶役)という豪華キャスト陣に加え、原 恵一監督が登壇した。杏さんと清水詩音さんは艶やかな着物姿でステージを彩った。

杉浦さんの大ファンだという原監督は、初日を迎えた気持ちを聞かれ「原作者の杉浦日向子さんはもちろん、自分に対しても誠実に作った作品です。だからと言って、堅苦しくなくエンターテインメントとして楽しめる作品に仕上がっていますので、早く皆さんに観てもらいたい」とコメント。

原監督と同じく、初日を迎えた気持ちを聞かれた杏さんは「大好きな杉浦さんの作品に、憧れていたアニメーションで関わらせて頂けることが光栄でした。仕事の依頼が来てからこれまでの一年間、色々ありましたが、気がつけばあっという間でした。この日を迎えることが待ち遠しかったです。願わくばこの後、お客さんと一緒に映画を観たいと思ってしまうくらい良い作品です」と感想を語った。

アフレコ収録の裏話で会場は大盛り上がり!

原監督作品のファンだという松重さんは「子供が観ていた『クレヨンしんちゃん』を親の私が観て、どっぷりハマって凄い監督だと思っていました。なので、今回の葛飾北斎役という演じがいのあるオファーを頂いた時は本当に光栄でした。気合を入れて準備してアフレコに臨んだのですが、2日を予定していた収録が3時間で終わってしまいました(笑)。僅かな時間でしたが、自分がこの作品にかけた愛情は並大抵のものではありません」と作品に対する意気込みを語った。

原監督作品に2作品連続の出演となる濱田さんは「声優に挑戦するのは初めての経験でしたので、嬉しかったのと同時に、とても緊張しました。先にアフレコを録られていた松重さんにどんな感じだったかメールをくださいと言ったら“3時間で終わった”と自慢なのか、プレッシャーをかけられました。なので、負けないぞと思って収録に臨みました」と当時を振り返った。

原監督からオファーを受けた時のことを振り返った立川さんは「原監督から電話だと聞いて何事かと思いました。原監督と言えばジャイアンツの原辰徳監督だと思うじゃないですか?」と“原監督”違いを明かし、会場は笑いに包まれた。また、アフレコについて聞かれ「大きなスクリーンに向かって喋るんですけど、自分の後ろに大勢のスタッフがいるんです。客が後ろにいて落語することなんてないので、これが妙なプレッシャーでした」と、落語家ならではの視点でトークを盛り上げた。

男性陣が軽妙なトークで笑いをとる中、12歳の清水さんは「私が演じたお猶は目が見えない役なので、見て話す言葉にならないように、お猶の気持ちを想像して演じることを気をつけました。原監督にアドバイスを頂きながら、どうしたらお猶に近づけるのかを考えて、自然に演じることが難しかったです」と、共演者がビックリしてしまうほど、しっかりとした感想を述べた。

最後に、杏さんが「私が生まれた年は、江戸時代に生まれた最後の方が亡くなった年でもあります。ここで江戸時代が途切れないためにも、観て感じて伸ばすことが、現代を生きる私たちの使命であり楽しみでもあるのかなと思います。知らないけれど知っている、江戸の景色、心意気が沢山詰まっています。ぜひそれを感じて欲しい」とコメント。原監督も「素晴らしいスタッフと素晴らしいキャストのおかげで、自信を持って皆さんに観て頂くことのできる作品ができました。“できたと思います”とは言いません。“できました”と断言します」と力強い言葉で作品への思いを伝え、初日舞台挨拶を締めくくった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE