イベントレポート

yamato_160913_top
  • イベントレポート
  • |
  • 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち

ヤマトファン待望の新シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』製作発表会レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本SFアニメ史の始祖にして不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』を完全リメイクし、大ヒットを記録したTVアニメシリーズ『宇宙戦艦ヤマト2199』。あれから3年の時を経て、ヤマトファン待望の新シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の劇場上映が決定! 本作のモチーフとなるのは、1978年に公開され、日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』。監督は『蒼穹のファフナー EXODUS』の羽原信義、脚本は『亡国のイージス』の原作や『機動戦士ガンダムUC』のストーリーを手掛けた福井晴敏が担当する。そんな本作の製作発表会が、2016年9月5日(月)、秋葉原UDXシアターにて開催された。そこで今回は、新ポスタービジュアル公開や大型コラボレーションなど、今後の展開や情報が盛りだくさんとなった製作発表会の模様をレポートする。

福井さんと羽原さんには涙を誘う作品にして欲しいとお願いしています

製作発表会には古代進の声を担当する小野大輔さん、森雪の声を担当する桑島法子さんの豪華キャスト陣をはじめ、製作総指揮の西﨑彰司さん、監督を務める羽原信義さん、シリーズ構成・脚本を務める福井晴敏さんが出席した。また、本作とのコラボレーションが決定したスポーツパフォーマンスブランド「アンダーアーマー」の契約選手である、リオデジャネイロオリンピックの陸上男子4×100mリレーで銀メダルを獲得したケンブリッジ飛鳥選手、同じく契約モデルのKellyさんも登壇した。

製作総指揮の西﨑さんは「脚本は私の意中の作家でもある福井さんに、そして監督を強いヤマト愛を持った羽原さんにお願いすることになり、二人には涙を誘う作品にして欲しいと依頼させて頂きました。福井さんの脚本、羽原さんの演出が非常に面白く仕上がっています。ヤマトファンのみなさんはびしょびしょになるくらい泣けると思います。ハンカチでは足りないので、ぜひバスタオルを用意してください」と語るなど、作品への期待感を滲ませていた。

▲左からKelly、ケンブリッジ飛鳥、桑島法子、小野大輔、福井晴敏、羽原信義、西﨑彰司(※敬称略)

この21世紀の時代に甦る新たな『愛の戦士たち』に注目!

シリーズ構成・脚本を務めた福井さんは「今回のヤマトの話を頂いた時、これはもう乗るしかないと思う一方で、つい最近まで『機動戦士ガンダムUC』をやっていて、世間的にはなんて節操がないんだと間違いなく思われるだろうなと。でも、これに関しては完成した作品でその本気度を感じ取ってもらうしかないと思っていますので、ぜひ期待していてください」と作品への意気込みを語った。また、「本作は1978年の『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』を現代に再構築したものです。この21世紀の時代に『愛の戦士たち』をどう甦らさせるか、僕たちも相当の覚悟を持って作品に臨んでいます。どういう結末を迎えることになろうとも、希望のない物語は作りませんので、安心してください」とも語っていた。

前作『宇宙戦艦ヤマト2199』の第9話と第19話に演出として参加していた監督の羽原信義さんは「非常に緻密に作られた世界観なので、そこを引き継いで映像としてどのように表現するか、すごくプレッシャーを感じています。ただ、中学生の頃から大好きな作品に携わることができてとても光栄ですし、当時の自分に教えてあげたいくらいの気持ちで臨んでいます。1974年から始まった『宇宙戦艦ヤマト』シリーズは様々なスタッフにバトンを引き継ぎながら続いていて、私も出渕総監督からバトンを渡される形になりました。作品にきちんと向き合って、みなさんに感動して頂ける作品を届けたいと思っていますので、ぜひ最後までお付き合い宜しくお願いします」と語り、再びヤマト作品に参加できる喜びなどを語っていた。

プレッシャーを感じているというよりはワクワクした気持ちが強い

前作から引き続き、古代進を演じる小野さんは「古代を演じさせて頂くことになって、最初のアフレコの時はとにかくプレッシャーが大きかったのを覚えています。ヤマトはアニメ史に残る不朽の名作で、そういう周りの想いも感じていましたし、それをプレッシャーとして背負ってしまっていた部分があったんです。でも、いざ収録が始まるとアフレコがすごく盛り上がったんです。そういう活き活きとした現場を経験した今は、プレッシャーのドキドキというよりはワクワクしています」と、アフレコを控える現在の心境を語っていた。同じく前作から引き続き、森雪を演じる桑島さんは「まさか自分がヤマトに出演できるなんて夢にも思わなかったですし、出演が決まった後も実感が沸いてこなかったんです。ただ、周りの反応が本当にすごくて、先輩の役者さんの中には森雪に憧れて声優になった方もいるくらいだったので、これは頑張らなければと思っていました。完成した第1話をキャストのみんなで観た時に、震えが止まらないくらい喜びが込み上げてきたのを今でも覚えています」と、森雪を演じるプレッシャーや喜びを語っていた。

リオ五輪銀メダリストのケンブリッジ飛鳥選手の登場に会場は大興奮!

今回の製作発表会では、スポーツパフォーマンスブランド「アンダーアーマー」とのコラボレーション企画の実施も発表された。アンダーアーマーを日本で展開するドームの赤倉吉典取締役が登壇し、宇宙戦艦ヤマト乗船員の山本玲とアドバイザリー契約を締結したことを明かした。また、アンダーアーマーからのスペシャルゲストとして契約選手のケンブリッジ飛鳥選手と契約モデルのKellyさんが登場。ケンブリッジ飛鳥選手は「もっともっとトレーニングを積んで作品に出演させてもらえるように頑張りたいと思います」と冗談交じりにコメントし、会場を沸かせていた。

 

イベントの最後は登壇者たちが一人ずつコメント。小野さんは「本作のモチーフとなっている『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』が公開された1978年は、実は僕が生まれた年ということもあり、何か運命的なものを感じています。昔からのヤマトファンはもちろんですが、新しい世代に向けてもこの“愛の物語”を伝えていきたいと思っています」と語り、製作発表会は幕を閉じた。

 

●『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』最新情報はコチラをチェック!

 

<上映情報>
全七章 劇場上映決定!
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 第一章
2017年2月25日(土)より全国15館にて2週間限定劇場上映
■東京:新宿ピカデリー/シネマサンシャイン池袋/MOVIX亀有
■神奈川:横浜ブルク13
■千葉:MOVIX柏の葉
■埼玉:MOVIXさいたま
■栃木:MOVIX宇都宮
■宮城:MOVIX仙台
■北海道:札幌シネマフロンティア
■大阪:大阪ステーションシティシネマ/なんばパークスシネマ
■京都:MOVIX京都
■愛知:ミッドランドスクエアシネマ/MOVIX三好
■福岡:T・ジョイ博多

<Blu-ray&DVD発売情報>
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 第1巻
特別限定版Blu-ray【BVC限定/初回限定生産】
2017年3月4日発売
Blu-ray:¥10,000(税込)

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 第1巻
2017年3月24日発売
Blu-ray:¥7,800(税抜)
DVD:¥6,800(税抜)

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 特別限定版Blu-ray 特設サイト
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE