kakekomi_event_bnr
  • イベントレポート
  • |
  • 駆込み女と駆出し男

「駆込み女と駆出し男」プレミア試写会レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸時代の離婚事情をユーモアと涙を交えて描いた映画『駆込み女と駆出し男』(5月16日公開)のプレミア試写会が、4月27日、東京国際フォーラムにて開催。主演の大泉洋さんをはじめ、戸田恵梨香さん、内山理名さん、陽月華さん、神野三鈴さん、武田真治さん、橋本じゅんさんらキャスト陣と、原田眞人監督の総勢8名が舞台挨拶に出席した。

左から、橋本じゅんさん、神野三鈴さん、内山理名さん、大泉洋さん、戸田恵梨香さん、武田真治さん、陽月華さん、原田眞人監督

豪華キャスト陣が艶やかな和装姿で登場!人力車も!?

映画のテーマ曲が流れる中、キャストと監督が華やかな晴れ着や袴姿で登場。明らかに主演とヒロインが登壇していない状況に、「あれ、誰か足りないな…」とつぶやくMC。そこに「ちょっと待ったーー!」の声が響きわたると、大泉洋さん&戸田恵梨香さんが人力車に乗って現れ、大歓声が沸き起こった。
「バカがやって参りました。バカが人力車に乗ってやって参りました」と大泉さんが声をあげながら、二人を乗せた人力車が舞台上を一周し、「(配給の)松竹がやれって言うんです。失礼します。」と、開始早々大泉さんのぼやき節が炸裂。さらに、この日の華やかな和装に対し「このような格好で参りましたが、映画とは一切関係がございません!どうみてもバカ殿様にしか見えない」と自虐混じりに挨拶し、会場が笑いで包まれる中、舞台挨拶が始まった。

大泉さん、戸田さんが人力車に乗って登場

撮影を振り返り、大泉さんは「自由に楽しく演じさせてもらいました」とコメント。ムードメーカーだったのでは?という質問には「現場には樹木希林という、とてつもないムードをもった人がいて…」と話し、「ブラックな話が多くて、ここでは話せない」と明かした。
一方、時代劇初挑戦の戸田さんは「自分の役柄が(当時の)所作をあまり必要としなかったので、その点は苦労しなかった。ただ撮影が2~4月頃で、お寺での素足は寒くてたまらなかった」と話した。

続いて内山さんは「長い映画ですがポップなので、共感してもらえると思います」とコメントし、通常路線に戻したが、神野さんが「恵梨香の母です」とボケると、「なんでそんな嘘をつく」大泉さんがすかさずツッコミ、笑いを誘う。
そんな中でも武田さんは「原田組は2度目ですが、今回の役所はDVを働く男役で、前回に続いて原田組では悪役に徹しています」ときっちりコメントした。
しかし、「ホントは堤真一くんが来るところですが、ボクが来てしまいました」と橋本さんが自嘲気味にコメントし、会場はまたしても爆笑に包まれた。

新手のセクハラ⁉ 撮影時の暴露話に大泉タジタジ

そのほか共演者たちに撮影中のエピソードを聞く中、主演の大泉さんとの撮影で印象に残ってることは?と聞かれた陽月華さんは「薙刀の稽古のシーンのために、素振りをしながらかけ声の練習をしていたんです。そしたら大泉さんが『僕の腕を使うかい?』と言って来て…」と暴露。登壇者たちからは「それは新手のセクハラじゃないですか!」と批判が上がり、大泉さんは「そんな話しちゃうんだ。バカじゃないの、ほんと!あるでしょう、もっとなんか!」とタジタジになりながら必至に弁明。会場からどっと笑いが起き、この日一番の盛り上がりをみせた。

そしてトークセッションの最後に、原田監督は「黒澤明監督の『赤ひげ』以来の本格派の時代劇を目指し、それ以上の新しい感覚を入れようと頑張りました。“時代劇のルネッサンス”と言えるものが出来たんじゃないかと思っています。」と、初めて挑んだ時代劇に強い手応えを示した。

ラストは客席一緒にフォトセッションが行われ、大泉さんの「駆込み」のかけ声に合わせ観客が「成就~!」と叫ぶと紙テープが発射され、大盛況のうちにイベントが締めくくられた。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE