gpmb
  • イベントレポート
  • |
  • ガールズ&パンツァー

大ヒット公開中『ガールズ&パンツァー 劇場版』超ロングラン御礼舞台挨拶レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

観客動員120万人&興行収入22億円を突破し、現在も全国の劇場にて公開中の『ガールズ&パンツァー 劇場版』の超ロングランヒットを記念した舞台挨拶が、2016年6月3日、東京・新宿バルト9にて行われた。会場には多くのファンが駆けつけ、中には100回以上劇場に足を運んだという猛者も。そこで今回は、西住みほ役の渕上舞さん、バンダイビジュアルの杉山潔プロデューサー兼大洗大使が登壇した超ロングラン御礼舞台挨拶の模様をレポートする。

アットホームな雰囲気で始まった舞台挨拶に、出演者や観客も笑顔全開!

盛大な拍手で迎えられる中、お馴染みのパンツァージャケット姿でステージに登壇した渕上さんは「今日は何度目の新宿バルト9でしょうか?」と、リピーターが多いことを踏まえた本作ならではの挨拶を披露。観客の笑いを誘う中、杉山プロデューサーも“聖地”茨城県大洗町の大使を務めていることを引き合いに「大洗大使役の杉山です」と、ボケをかまして登場するなど、アットホームな雰囲気で始まった今回の超ロングラン御礼舞台挨拶。司会進行役は、ガルパンイベントではもはやお馴染みとなったバンダイビジュアル宣伝の廣岡さんが務めた。


まずは、当日時点で観客動員120万人&興行収入21億円を突破したことについて聞かれた渕上さんは「数字が大きすぎて、どれくらいすごいことなのか正直良く分からないですが、とても誇らしい気持ちになります」と嬉しそうに話した。杉山プロデューサーも「スタート(11月21日公開)の時こんな風になるなんて全く想像していなくて、年末まで上映が続いていると良いよねと話していたくらいで、正直何が起きているのか良く分からないというのが実感です(笑)。ただ、作品が面白いと思ってもらえるものでなければ当然この結果はなかった訳ですし、そういう意味では胃が痛くなるような現場を取り仕切ってくださった監督をはじめ、スタッフの皆さんの最後の粘り腰のすごさが作品に表れたんじゃないかなと思っています」と、予想以上の盛況に驚きの表情を見せながら正直な気持ちを語っていた。

渕上さんが気になるキャラは、バレー部のキャプテン・磯辺さん!?

また、TVシリーズ・OVA・劇場版を通して印象が変わったキャラクターは?という質問に渕上さんは「バレー部のキャプテンである磯辺典子さん。熱血キャラっていう印象はずっと変わらないんですけど、すごく活躍するようになりましたよね。正直バレー部のアヒルさんチームって、歴女のカバさんチームや風紀委員のカモさんチームとかに比べると、私の中ではあまり目立ってない印象だったんです。でも、TVシリーズ、OVA、劇場版ときて、キャプテンの存在感が段々と増していって、劇場版では重要なところに必ずいるって感じでしたからね。どんどん印象が強くなっていってるので、このままいけばバレー部のアヒルさんチームが最強になるんじゃないかなって思って少し焦ります」と話していると、すかさず杉山プロデューサーが「戦車的(八九式中戦車)にそれは無理です。57ミリ砲なんで(笑)」と一刀両断し、会場は笑いに包まれた。

劇場とは違う良さがある…Blu-ray特装限定版の仕様&特典を猛アピール!

現在好評発売中のBlu-ray&DVDが映画の販促になっているのではないかと言われるほどの本作だが、その仕様と特典について杉山さんは「本編119分に対して、映像特典が224分もあるっていう仕様は押したいですね」と笑顔で話すと、会場からは温かい拍手が贈られた。また、「目玉としては劇場版の後日談である新作OVA『愛里寿・ウォー!』が入っているということですね。あと、全国20劇場で行われた舞台挨拶も全部入っておりますので、行けなかった地方の舞台挨拶では何を言っていたのかもチェックできるので面白いと思います。最後に、『DTS Headphone:X™』(※注)もご好評頂いているので、まだ試していない人にはぜひ体験して頂きたいです」と熱弁を振るった。続いて、新作OVA『愛里寿・ウォー!』について聞かれた渕上さんは「劇場版とOVAで愛里寿は印象がかなり変わりましたね。本編では表情の変化もあまりないし、ハキハキと喋るキャラでもないので、暗い子なのかなって見えちゃうと思うんですけど、OVAではすごく可愛らしい一面がたくさん観れて、愛里寿こんなに可愛いんだって、心が温かくなりました。アフレコの時からキュンキュンしていましたね。あと、みほと愛里寿の2人で歌っている特典CD・ボコのうた『おいらボコだぜ!』にも注目して欲しいです」と笑顔でアピールした。

フォトセッションを挟み、登壇者が一人ずつコメント。杉山プロデューサーは「長い間ファンの皆さんに応援して頂いて、ここまで来ることができました。良い作品を作ってくださったスタッフはもちろん、ファンの皆さんにも感謝です。作品とファン、そして舞台となった大洗の人たちの応援があってこその『ガールズ&パンツァー』だと思いますし、このトライアングルが大きく育ったということに関して、皆さんのご支援を心から感謝しています」。渕上さんは「昨年11月の公開から約半年、本作以外の作品に関わる機会も多く頂いて、始まっては終わってを繰り返す中で、今日またここに『ガールズ&パンツァー』の舞台挨拶で立っている。前々から『ガルパン』は私の実家のような存在ですというような話をさせて頂いて、いろんなところ(作品)に嫁に行くような感じで(笑)、たまに実家に帰ってくると本当にリラックスした状態でイベントなどに参加できます。今回改めてそう感じました。これからもいろいろ頑張って、また『ガルパン』に戻ってきてというサイクルができたら嬉しいなと思っています。(第25回日本映画批評家大賞での)新人賞受賞など、本当に『ガルパン』は私にどれだけのものを残してくれるんだろうと感謝してもしきれないです」。それぞれがファンへの感謝の気持ちや作品への想いを語った。そして最後は、ガルパンイベントでは恒例となった「パンツァー・フォー」の掛け声で超ロングラン御礼舞台挨拶を締め括った。

(※注)DTS Headphone:X™とは?
今までモバイルデバイス上で不可能だった、息を飲むような迫力と空間的特徴を備えた音、映画、ゲームをヘッドホンで体験できる、他に類のない新しいテクノロジーです。リスナーはまるでスタジオのミキシングチェアに座っているかのように上下左右からの音を市販のヘッドフォン、イヤフォンを装着した状態で体験できます。


<公開情報>
ガールズ&パンツァー 劇場版
全国各地の劇場にて大ヒット公開中!


<Blu-ray&DVD発売情報>
ガールズ&パンツァー 劇場版
好評発売中
Blu-ray特装限定版:¥9,800(税抜)
Blu-ray通常版:¥7,800(税抜)
DVD:¥6,800(税抜)

<イベント開催情報>
ガールズ&パンツァー 第2次ハートフル・タンク・カーニバル
【開催日】
2016年8月28日(日)開場 15:30 / 開演 16:30
【会場名】
パシフィコ横浜 国立大ホール
【料金】
S席:¥8,800 (税込)
A席:¥7,800 (税込)
B席:¥6,800 (税込)
【イベント内容】
本イベントは『ガールズ&パンツァー』の集大成イベントです。シナリオ書きおろし生サウンドドラマや、アーティストによるライブなどを予定。
【参加申し込み方法】
2016年5月27日発売の『ガールズ&パンツァー 劇場版』Blu-ray特装限定版に、本イベントの「イベントチケット優先販売申込券」を封入致します。詳細は封入チラシにある申込ページをご確認ください。
【出演者】
■CAST
渕上舞(西住みほ役)、茅野愛衣(武部沙織役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)、井口裕香(冷泉麻子役)、高橋美佳子(小山柚子役)、植田佳奈(河嶋桃役)、吉岡麻耶(近藤妙子・アンチョビ役)、桐村まり(河西忍役)、中村桜(佐々木あけび役)、仙台エリ(カエサル役)、森谷里美(エルヴィン役)、井上優佳(左衛門佐役)、大橋歩夕(おりょう役)、竹内仁美(澤梓役)、中里望(山郷あゆみ役)、多田このみ(阪口桂利奈役)、山岡ゆり(宇津木優季役)、秋奈(大野あや役)、山本希望(ナカジマ役)、石原舞(スズキ役)、葉山いくみ(ねこにゃー役)、倉田雅世(ももがー役) 他
■ARTIST
ChouCho(主題歌アーティスト)
※出演者や内容は、予告なく変更となる可能性がございます。

ガールズ&パンツァー 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「ガールズ&パンツァー」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE