ryuzo7_event_bnr
  • イベントレポート
  • |
  • 龍三と七人の子分たち

『龍三と七人の子分たち』完成披露試写会レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北野武監督の17作目となる待望の新作『龍三と七人(しちにん)の子分たち』の4月25日の全国公開に先立ち、舞台挨拶付き試写会が開催された。北野武監督を筆頭に、藤竜也、近藤正臣、中尾彬、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健、小野寺昭、安田顕、萬田久子と、超豪華オールキャストが登壇。元ヤクザの大暴れジジイを熱演した平均年齢73歳の超ベテラン俳優陣が勢揃いした。

上段左から、吉澤健、樋浦勉、小野寺昭、品川徹、伊藤幸純、安田顕
下段左から、萬田久子、藤竜也、北野武監督、近藤正臣、中尾彬

平均年齢73歳がツッコミの応酬

舞台挨拶がはじまり、北野武監督、藤竜也ほか豪華キャストが壇上に上がると大歓声。金無し、先無し、怖いモノ無しの元ヤクザのジジイたち8人が結成する「一龍会」の面々はステージから手を振って歓声に応じた。

主人公“龍三親分”を演じた藤竜也は「人生を深く語る難しい映画ではございません!笑いのスイッチをいれて楽しんで下さい!」と一言挨拶を終えると、龍三親分の頼れる相方“若頭のマサ”役の近藤正臣がすかさず「龍三親分ちょっとしゃべるの少ないね。(笑)」とツッコミつつ「今日は雨ですが、晴れの映画です!楽しんで下さい!」と挨拶すると、先ほどツッコミをうけた藤は「みじかい!」とツッコミ返す。
そんなやりとりを隣で見ていた中尾彬が「もういいよ(笑)」と締めると会場は大爆笑。
前作『アウトレイジ ビヨンド』に引き続き北野組への参加となり、本作では“はばかりのモキチ”を演じた中尾は「10ヶ月ぶりに会ったけど、養老院に帰ってきたような気になった(笑)。撮影中は映画の話一切なし、早く終わっちゃって困っちゃった。」と本作の撮影を振り返った。
“神風のヤス”役の小野寺昭は「ポスターを見ればわかると思いますが、僕の役は変なジジイです(笑)!」と自らが演じたキャラクターを紹介、「平均年齢72歳と言っておりましたが、年が明けて平均年齢は73歳になりました!」と話すと、会場からどっと笑いが起きる。

“早撃ちのマック”を演じた本作出演中最高齢79歳の品川徹はゆっくりと口を開き「12年前に白い巨塔で演じた役とは180度転換して想像付かない役。いつ倒れるかわからなかったけれど今日ここまで来れて良かった。監督ありがとうございました!」とコメント。
“ステッキのイチゾウ”役の樋浦勉は元気いっぱいに「青春を思い出させて頂きました!」とコメント。
“五寸釘のヒデ”役の伊藤幸純は「秋田に生まれ映画が大好きで、今回こうして出演出来て、嬉しくて、嬉しくて涙がでるほどでした」と思いを語った。“カミソリのタカ”役の吉澤健は「『その男凶暴につき』以来4半世紀ぶりに監督の作品に出演した。とにかく楽しんで下さい!」とコメント。

本作で“一龍会”と敵対する“京浜連合”のボス・西を演じた安田顕は「大先輩の方々とこうして共演させて頂いたことを大変光栄に思っています」とコメント。
また、本作では紅一点のキャバクラのママ役を務めた萬田久子は「おじいちゃんたちのかっこよさ、かわいさを堪能して下さい」とコメントを残した。

続編は『龍三と七人の幽霊たち』!?

そして、いよいよ公開を迎える本作について北野武監督は「こうやってみんなで揃うと、戦没者慰霊祭みたい(笑)、楽しい現場だったけれど、心配したこともあった、“よーいスタート”が聴こえなくて、『えっ?』って返しちゃう人がいたり、カンペが見えないって言うから大きくしたらどんどん大きくなってとんでもないでかさになったり、衣装をそのまま着て帰っちゃう人がいたり、何をとち狂ったか、衣装さんをくどいているおじいちゃんがいたり(笑)」と超ベテラン俳優を揃えた本作ならではの撮影エピソードを披露。
さらに「この映画がヒットしたら続編は『龍三と七人の幽霊たち』」とブラックジョークをかまし出演者、観客一同大笑いした。「自分の映画では暴力映画が多いですけど、たまにはお笑いの映画をと思って撮っていました、とにかく最後まで楽しんで下さい!」と最後にコメントを残し、終始大爆笑でにこやかな雰囲気で、舞台挨拶が終了した。

公式サイトWEBマガジンと連動しているナタリーでも 各ジャンルにて特集インタビューページが展開中!
映画ナタリー(三代目J Soul Brothers NAOTO)
コミックナタリー(漫画家・清野とおる「東京都北区赤羽」)
お笑いナタリー(芸人・大久保佳代子)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE