GTB_report_bnr
  • イベントレポート
  • |
  • 機動戦士ガンダム サンダーボルト

ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第1話限定試写&トークショーレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学館発行の青年漫画雑誌「ビッグコミックスペリオール」で好評連載中、累計発行部数140万部の大人気コミックス『機動戦士ガンダム サンダーボルト』が、EST配信(セル配信)&TVOD配信(レンタル配信)(全4話)にてアニメ化! 宇宙世紀0079、一年戦争の末期に“サンダーボルト宙域”で繰り広げられた激戦の裏側、地球連邦軍とジオン公国軍それぞれの重厚な人間ドラマをハードボイルドな作風で描くアニメ『機動戦士ガンダム サンダーボルト』。その第1話限定試写イベントが、11月23日(月・祝)、東京・ベルサール秋葉原で開催された「ガンプラEXPOワールドツアージャパン2015」のスペシャルステージにて行われた。そこで今回は、第1話上映後に実施されたトークショーの模様をレポートする。

会場となるベルサール秋葉原には朝早くから多くのガンダムファンが集結

フルアーマー・ガンダムやサイコ・ザクといったモビルスーツの緻密なメカ描写など、ガンダムファンを虜にした大人気コミックスのアニメ化とあって会場には多くのファンが駆けつけた。トークショーにはゲストとして漫画原作の太田垣康男さん、監督の松尾衡さん、サンライズプロデューサーの小形尚弘さんほか、イオ・フレミング役の中村悠一さん、ダリル・ローレンツ役の木村良平さんがサプライズゲストとしてステージに登壇した。

写真左から松尾衡さん(監督)、中村悠一さん、木村良平さん、太田垣康男さん(漫画原作)、小形尚弘さん(プロデューサー)

音楽は自分のイメージしていたものにピッタリとハマった

作品でこだわった点について聞かれた松尾さんは「音楽を付ける作業の時に、絵がほぼほぼ完成していたんです。それによって音楽と映像を上手く合わせることができたのかなと思います。そういう意味で、音楽はこだわったポイントの一つです」とコメント。また、作品が映像化された感想を聞かれた太田垣さんは「漫画では音楽が流れることはないので、そこは読者の皆さんの想像によって補完されていた部分なんです。そういうこともあって、音楽を菊地(成孔)さんに担当して頂いて、自分のイメージしていたものにピッタリとハマった音楽を付けて頂けて嬉しかったです」と語っていた。一方、イオを演じた印象について聞かれた中村さんは「僕の勝手な解釈ではあるんですけど、ダリルが良い人物に映って、イオが悪者に見えれば良いのかなって(笑)。もちろんイオなりの正義があるんですけど、作品として観て頂く時には敵役に映ればいいなと思って演じていました」と語った。同じく、ダリルを演じた印象について聞かれた木村さんは「コミックスを読ませて頂いた時に、やっぱり注目すべきはイオとダリルという二人の人物なのかなって。そのバランスが作品の肝なんだろうなって芝居する上では思っていました。今回は『プレスコ』という、芝居に合わせて絵を後から描いてくださるというスタイルだったんですけど、ダリルの演じ方について松尾監督からもう少し若い感じで演じて欲しいと言われたことは印象に残っています」と、キャラクターを演じる苦労や演じ方のポイントなどを明かしてくれた。そんな中、小形さんからイオとダリルは二人とも主人公なんですか?と質問された太田垣さんは「二人とも主人公です。連邦とジオン、どちらかに肩入れするのではなく、両サイドから見た物語にしたかったので、バランスを取るためにもイオとダリルの二人が主人公という形にしました」とコメント。それについては松尾さんも「どちらかに主体をおいた話ではなく、扱いとしては対等のつもりです。色使いとかも含めて、なるべく同じくらいのバランスで見られるように意識しました」と語っていた。

フルアーマー・ガンダムの登場シーンでは悪者感が出ていましたね(笑)

話題はキャラクターからメカへと移り、本作に登場するモビルスーツについて聞かれた中村さんは「フルアーマー・ガンダムの登場シーンで、コミックスでは1カットで描かれている部分にザクをなぶり倒すというシーンが追加されていて、完全に悪者感が出ていましたね(笑)」と印象を語った。そのシーンについて松尾さんは「自分の中で少し長くてもいいかなって20秒くらいのカットにしていたんですけど、玄馬(宣彦)さんが勝手に6秒くらい延ばしてきたんです(笑)。尺が決まっているのに、どうしようって。その時に玄馬さんが『ガンダムは畏怖の対象にならなければ駄目なんです』とおっしゃっていて。なので、僕の絵コンテよりもガンダムが恐い感じというか、執拗になぶり倒すという演技が足されたのはそのせいなんです(笑)」と制作の舞台裏を明かしていた。

完成した第1話を観て“本当に面白い”と心の底から思えた

続いて、プレスコ収録について聞かれた中村さんは「アフレコと違って絵がないので、横にいる演者さんとの呼吸が大事になってくるので、信頼できる人がいる中で演じさせて頂けたのは有り難かったですし、一緒に収録できたからこそ生まれたものもあると思います」と語った。一方、木村さんは「さすがに全員揃ってというのは難しかったですが、掛け合う人同士は一緒に収録できたので、役者にとって良かったですし、作品にとっても大きかったのかなって思います。皆さん信頼できる方ばかりだったので、とても贅沢な時間でした」と収録についての感想を述べた。そんな二人の演技について感想を聞かれた太田垣さんは「僕の脳内で再生する時は自分の声がベースになるので、イオもダリルも少し老けていたんですけど(笑)、中村さんと木村さんが演じることによって、すごく若返ってエネルギッシュになっていたので良かったです。漫画ではアダルトを意識しているというか、落ち着いた感じのものにしたいというのはありましたが、アニメは漫画と同じような印象では面白くないですし、せっかく映像にして頂くならより魅力が増して欲しいと考えていたので、とても満足のいく完成度だったと思っています」と二人の演技を絶賛していた。

最後は登壇者たちが一人ずつコメント。
松尾さんは「こういった大きなスクリーンで観ることを想定して作ったものではありませんでしたが、楽しめて頂けたのではないかと思っています。今日は本当に有り難うございました」。
中村さんは「劇場ではありませんでしたが、この画面とこの音響で作品を楽しめる機会はなかなかないですし、今日は楽しめて頂けたんじゃないかと思っています。まだ始まったばかりですので、これから『サンダーボルト』を宜しくお願い致します」。
木村さんは「収録していた時は自分たちの芝居のことしか分からないので、こうやって完成した第1話を拝見して“本当に面白い”と心の底から思えましたし、その想いを皆さんと共有することができて本当に嬉しいです」。
太田垣さんは「作品を観終わった後にちょっと目頭が熱くなりました。自分が中学校の時に『ガンダム』と初めて出会って、その『ガンダム』の歴史の中に自分の作品が入れたということはとても誇りに思っています」。
小形さんは「作品を観て頂ければ分かる通り、まだ手描きでメカを動かしています。こういったことは今後少なくなっていくと思いますが、今も必死にアニメーターたちが頑張っておりますので期待していてください。コミックスのファンの方はもちろん、これまでのガンダム作品が好きな方にも喜んで頂けるものを作れるよう頑張ります」。
それぞれがファンへ熱いメッセージを送り、トークショーは終了となった。

<配信スケジュール>
機動戦士ガンダム サンダーボルト 第1話
12月25日(金)正午より有料配信開始!
12月11日(金)正午より、ガンダムファンクラブにて最速先行配信決定!
セル版:¥500(税抜)/第1話(約18分)+特典映像「一年戦争に挑んだ者たち〜Documentary of Thunderbolt〜 #1」(約10分)
レンタル版:¥250(税抜)/第1話(約18分)
※販売開始日程・配信期間・配信価格は配信サービスによって異なる場合があります。詳しくは取扱いの配信サービス、もしくは公式サイトにてご確認ください。

機動戦士ガンダム サンダーボルト 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「機動戦士ガンダムシリーズ」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE