イベントレポート

gp_top_151119
  • イベントレポート
  • |
  • ガールズ&パンツァー

ガールズ&パンツァー 劇場版 関係者・マスコミ試写会 レポート in 新宿バルト9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月21日に公開を控えた「ガールズ&パンツァー 劇場版」の関係者・マスコミ試写会が11月19日に新宿バルト9で行われた。ガルパン応援大使に任命されたタレントの蝶野正洋さんが登場!

ガルパン応援大使・蝶野正洋登場!!

司会進行を務める杉山潔プロデューサー兼大洗大使の案内で登壇した蝶野さんは、開口一番「ガッデム! アイアムチョーノ!」とお馴染みの雄叫びをあげて会場を盛り上げる。

そもそも、大洗の海開きのイベント繋がりで初めて『ガルパン』と出合い、今ではTVシリーズも全て視聴するぐらいハマってしまったという蝶野さん。 作品自体にも、“蝶野”というキャラクターが登場。奥様はドイツ人(作中にはドイツ戦車が多数登場)。黒のカリスマ(蝶野さんのニックネーム)=黒森峰女学院(黒を基調とした作中屈指の強豪チーム)…と、やや強引ではあるものの多くの共通点もあり、ダメ元で応援大使をお願いしたところ快く引き受けて頂いたという経緯があるとのこと。

この日の試写を観ていた蝶野さんは、「劇場版を観て、さらにハマりました。本当に素晴らしかった! 拍手をしたくなりました」と興奮冷めやらぬ様子で大絶賛!「劇場版はやっぱり迫力が違いますね! 戦車マニアになりそうです。小さい頃プラモデルを作って公園や庭で遊んだのを思い出しますね。それがリアルになった感じ」と語った。

作品の魅力について尋ねられると、「俺と同世代の大人が、何そんなに夢中になってるんだ!? というのが正直な第一印象だったけど、アクションの迫力だとか、キャラクターのコミカルさだとか、たくさんの魅力がある。この作品はその全ての要素を持っている。いいものを食べたらその味を覚えるみたいに、もう離れられなくなってしまいましたね」と語った。

そして、話題がガルパン応援大使として初めてステージに立った2015年11月15日開催の「大洗あんこう祭」に移ると、「圧倒的に野郎が多くて、お前ら何やってるんだ! と言いたくなりましたが、これはもうしょうがない(笑)やっぱり男は乗り物に弱い生き物なんですよ!」、「ファンの方々に関しては、本当に礼儀正しくしっかりとした人が多い印象がありましたね。真面目に何か打ち込んでる人にとっては息抜きみたいなものなんだなと。その辺はプロレスファンと共通するところがあるかもしれない。日頃のストレスを全て忘れて楽しめるアニメなんですね」と実際に『ガルパン』ファンと接した感想をジョークを交えつつも真摯に語ってくれた。

女性も引込む『ガルパン』の魅力

劇場版、TVシリーズ、取り組み全体に対しての印象を尋ねられると、「一言で言ったら、なんだこりゃ!? という感じです。ワケの分からないうちに引っ張りこまれている! これは女性にはわからないんじゃないかな!?」と回答。すると会場の女性からすかさず「女性にも分かる!」と声があがり、これに蝶野さんは「あ、わかる!? まぁ近頃は女性の方が攻撃的ですからね!(笑)」と、絶妙に切り返し、会場は大爆笑に包まれた!

最後は会場に足を運んでくれた関係者一同に「仕事をする活力が出る映画だと思います。だからできるだけ多くの野郎を引っ張って『ガルパン』仲間を10倍、20倍、30倍にしていきたいと思いますので、よろしくお願いします!」と気合の入ったメッセージを贈り、杉山プロデューサーがすかさず「是非、女性の方にも観ていただきたいです」とフォローをいれつつ、大盛況の内に試写会は終了となった。今後もガルパン応援大使として実写CMへの出演や12月2日発売のCD「タンソン ミニアルバム」(戦車版キャラクターソング)への参加など精力的な活動をする蝶野さんの活躍からも目が離せない!

ガールズ&パンツァー 劇場版
2015年11月21日公開

ガールズ&パンツァー 劇場版 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「ガールズ&パンツァー」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE