origin1102_report_bnr
  • イベントレポート
  • |
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア』 初日舞台挨拶レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』待望の第2話『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア』が10月31日(土)よりイベント上映がスタートし、新宿ピカデリー で初日舞台挨拶が開催された。

写真左から関俊彦さん(シャア・アズナブル役)、潘めぐみさん(セイラ・マス役)、池田秀一さん(エドワウ・マス役)、安彦良和さん(漫画原作、総監督)

エドワウとシャア───瓜二つの容姿を持つ2人を演じて

上映が終わり、満員の観客から大きな拍手で迎えられた4人のゲストがステージに登場。
ゲストから観客への挨拶が行われる中、シャアを演じた関さんは「役名を紹介されるだけで緊張する事はいまだかつてありません」とコメント。のっけから今作の核心をつく言葉に観客は早くも引き込まれた。

エドワウ(キャスバル)と瞳の色を除いて瓜二つの容姿を持つシャア・アズナブル役の関さんは、「原作コミックを存じ上げなくて、、作品の資料を読んだ時に“本物のシャア”と書いてあって、、「何かのジョークかな?」と思ったという。「作品を知っていくうちに、こんな設定良く思いつくなぁと「ファーストガンダム」の一ファンとして興味津々で演じさせていただきました。エドワウ=キャスバル=赤い彗星のシャア=池田さんなので、とにかくその存在感にいかに肩を並べる事ができるのか、いかにエドワウと正反対の性質を出せるかと思いながらがんばりました」と今も緊張を隠せない様子。

それを聞いた池田さんからの「敬愛する関さんが本物のシャアをやってくれるといいなぁと思ってました」という言葉に、たまらなくなった関さんが「やめてくださいよぉ」と恐縮すると、「違うシリーズで仮面被ってなかったけ?」と池田さんが続けて、観客は大爆笑。
ファンにはたまらないやり取りで大いに盛り上がった。

アルテイシアがセイラに変わり、物語が動いていく

続いて、セイラ・マス役の潘さんは、、「台本の役名がセイラになっていて、それだけで震えが止まりませんでした」と振り返る。
「アルテイシアは、政治や大人の世界から置き去りにされてしまう存在なんです。今回いろいろな別れがある中で、キャスバル兄さんにまで置き去りにされる最後の別れのシーンにアルテイシアの哀しみを集約させて頂きました。」
そして今回、長い髪をばっさりカットした潘さんは、「役に合わせて髪を切れる機会がどこかであればと思っていたのですが、アルテイシアからセイラになるんだという気持ちで長年つきあってきた髪と別れを告げました」とセイラとしての役作りに気合いを見せた。

第2話、みんなの関心はひとつ

総監督の安彦さんから「みんなの関心は池田さんの声にあったと思いますが、第一声を聞いて、大丈夫そうだと思いました。」この言葉に、池田さんも「久しぶりにスタジオで緊張しました。始めてマイクの前にたったような緊張感で。良い仕事させていただきました」と続けた。
「僕も音響監督もOKだったんですが、池田さんの希望で再チャレンジして頂きました。今日観て頂いたのは再チャレンジして頂いた物です。皆さんも納得していただけるのでは?」安彦さんのコメントに観客が池田さんに大きな拍手を送った。

潘さんも心をこめたという第2話のラストシーンについて安彦さんは、「このシーンはガンダムファンには有名なシーンです。最後はこのシーンだと決めていました。失笑を買うようでは絶対ダメだと思い、漫画原作を描く時も含め、このシーンには魂を入れました。」ここでまたしても拍手。「普段あまりこだわらない人間ですが、今回はあちこちでこだわらせてもらいました」

そして第3話の見所を監督がズバリ

そして2016年春上映となる第3話についても語られた。
前日の10月30日にニッポン放送でオンエアされた「オールナイトニッポンGOLD 機動戦士ガンダム スペシャル」に触れた安彦さんは「その番組で、アムロ役の古谷徹さんが『どうして人間は戦争するのか?が、ガンダムのテーマなんですよね』とおっしゃってたんです。さすがアムロ分かってる。まさしくそれがテーマなんだと、僕も改めて痛感したんです。戦争の悲惨さは分かっている。だけどしてしまう。そして、これからも戦争はある。だけど変わらなきゃいけないんだよなと。そういうことをおっしゃったんですよね、古谷さん!」と前作でお忍び鑑賞し、今回も2階席で鑑賞していた古谷さんに呼びかけると、古谷さんから「はい!」という返事。
「戦争に向かっていく流れは、3話からはっきり現れていきます。」熱い口調で締めくくった。

このあとフォトセッションを挟み、最後にゲストから会場のファンへメッセージが送られた。

関さん:何回でも見てみたい。もう一回登場人物に会いたいと思わせる作品に仕上がっています。これからも応援してください。

潘さん:今回はセイラ・マスとして登場しますが、キャスバル兄さんの前ではアルテイシアなんだなと。キャスバル兄さんがシャアになる瞬間を何度でも見ていただきたいです。

池田:漫画原作を読んでどうしてもエドワウをやりたいとわがままを言いまして、エドワウからシャアに流れる気持ちを演じたいと思いまして挑戦しました。来春、シャア・アズナブルに変貌していきます。この先もよろしくお願いします。

安彦:この先、いろんな意味でだんだんガンダムらしくなっていきます。その過程をこれからも見守ってください。


機動戦士ガンダム THE ORIGIN II
Blu-ray Collector's Edition【BVC限定】 2015.11.7 ON SALE

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 【BVC限定】Blu-ray Collector's Edition 特設サイト

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「機動戦士ガンダムシリーズ」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE