kurobas_report_bnr1
  • イベントレポート
  • |
  • 黒子のバスケ

大人気TVアニメ『黒子のバスケ』オフィシャルイベント第2弾「KUROBAS CUP 2015」レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気アニメ『黒子のバスケ』のオフィシャルイベント「KUROBAS CUP 2015」が、9月20日、千葉・幕張メッセ イベントホールにて開催され、昼の部と夜の部の2公演が行われた。今回は、夜の部の模様をレポートします!

豪華キャスト出演! 早くも沸き起こる大歓声の嵐!

イベント出演者は小野賢章さん(黒子テツヤ役)、小野友樹さん(火神大我役)、細谷佳正さん(日向順平役)、野島裕史さん(伊月俊役)、浜田賢二さん(木吉鉄平役)、江口拓也さん(小金井慎二役)、井上剛さん(土田聡史役)、木村良平さん(黄瀬涼太役)、小野大輔さん(緑間真太郎役)、諏訪部順一さん(青峰大輝役)、鈴村健一さん(紫原敦役)、神谷浩史さん(赤司征十郎役)、保志総一朗さん(笠松幸男役)、鈴木達央さん(高尾和成役)、島﨑信長さん(桜井良役)、谷山紀章さん(氷室辰也役)、羽多野渉さん(実渕玲央役)、増田俊樹さん(葉山小太郎役)さん、逢坂良太さん(黛千尋役)、そして主題歌を担当しているGRANRODEOとOLDCODEXが登場し、主題歌&キャラクターソングのライブに加え、ピクチャードラマの生アフレコやキャストトークと盛り沢山の内容となった。

オープニングを飾ったのはOLDCODEX。「Lantana」、「WALK」、「カタルリズム」の3曲を熱唱した。さらに、「KUROBAS CUP始まるぞー!」という掛け声で観客を煽り、「KUROBAS CUP 2015」の開会を宣言。いきなり会場を盛り上げたところで、出演者たちが次々とスクリーンに映し出され、一人ずつステージに登場すると観客から熱い声援が飛んでいた。

ファン大熱狂のライブコーナーではキャスト陣が大ハッスル!

そのままキャラクターソングのライブコーナーへ。最初に登場したのは、黒子役の小野賢章さんと火神役の小野友樹さん。盛り上がること間違いなしの青春ナンバー「SHOUT!!」を熱唱した。様々なカラーのペンライトの光に会場が埋め尽くされる中、次に登場した日向役の細谷佳正さんと伊月役の野島裕史さんは「Challenger Spirit」を、青峰役の諏訪部順一さんと黄瀬役の木村良平さんは「Let me burn!!」を、紫原役の鈴村健一さんは「LAZY LAZY」を、氷室役の谷山紀章さんは「Any time, any place」を、笠松役の保志総一朗さんは「ロッカールームから明日を叫べ」を、桜井役の島﨑信長さんは「あやまりキノコの憂鬱」を披露した。

ピクチャードラマ『ウォールアートを描こう!』の生アフレココーナーでは、スクリーンにイラストを映し出してドラマが展開した。ピクチャードラマの内容は、誠凛バスケ部がよく使う公園のストバスコートの壁一面にみんなで絵を描くことになり、他校のメンバーたちも応援に駆けつけるというストーリー。アニメEDの差し替えパートで描かれていたファンには馴染み深いイラストと、普段はなかなか絡むことのないキャラクター同士の絶妙な掛け合いに、ファンからは歓声が上がっていた。また、ピクチャードラマには犬のテツヤ2号も登場し、伊月の他にテツヤ2号の声も担当している野島裕史さんが2号の声を出すと、会場のあちらこちらから「可愛い」という歓声も。

トークコーナーにはサプライズゲストとして福山さんも登場!

笑いと歓声に溢れたピクチャードラマの後は、再びキャラクターソングのライブコーナーへ。まずは小金井役の江口拓也さんと土田役の井上剛さんが「エンノシタ☆レギュラー」を披露し、曲の途中で誠凛キャストがステージに登場するなど、一際大きな歓声が上がっていた。次に登場した緑間役の小野大輔さんと高尾役の鈴木達央さんは「Way to Victory」を、黒子役の小野賢章さんと火神役の小野友樹さんは「そしてこれから、何度でも」を熱唱。ショートドラマ「赤司&黛」を挟んだのち、小野賢章さんが第3期2クール帝光編のオープニング主題歌「ZERO」を歌い上げた。火神役の小野友樹さんと氷室役の谷山紀章さんが「Blue Sky Memories」を披露した後、ステージには帝光中キャストが集結。黒子役の小野賢章さん、黄瀬役の木村良平さん、緑間役の小野大輔さん、青峰役の諏訪部順一さん、紫原役の鈴村健一さん、赤司役の神谷浩史さんの6人で「REGAL GENERATION」を熱唱し、ファンを沸かせていた。

キャストトークコーナーでは、サプライズゲストとして登場した霧崎第一高校・花宮真役の福山潤さんが加わり、会場を大いに盛り上げた。花宮の印象を出演者たちにアンケートした結果、ほぼ3つの印象(“ゲスの極み”“マユゲ”“福山潤”)になったことが判明。この結果を受けて、福山さんは「俺までゲスになった気分なんだけど…」と語り、出演者をはじめ観客たちを笑わせていた。また、ここまでの演目を振り返る中、「KUROBAS CUP」初出演となったキャストたちがイベントに参加した感想などを語り、トークコーナーは終了となった。

出演者と観客が一体となって作り出したイベントも遂にクライマックスへ!

12月24日発売の『黒子のバスケ 3rd SEASON』Blu-ray&DVDに収録されるOVA第75.5Q「最高のプレゼントです」の先行PVが上映され、ファンから大きな歓声が上がっていた。息つく間もなく、ここからはフィナーレへ向かってノンストップ! 氷室役の谷山紀章さんがKISHOWとして活動するGRANRODEOが登場すると、会場のボルテージは一気に最高潮。あいだにメドレーを入れつつ、「メモリーズ」、「Can Do」を含む全6曲を熱唱した。

熱い盛り上がりをみせたライブコーナーが終了し、楽しかったイベントも終幕へ。ここで出演者全員がステージに登場し、それぞれが会場に駆けつけたファンへ感謝のメッセージを送った。最後は「セイシュンTIP-OFF!!〜KUROBAS CUP 2015 ver.〜」を出演者全員で熱唱。サビの部分ではキャノン砲から金色のテープが打ち上げられるなど、ド派手な演出の数々に観客たちは大興奮。あまりの感動に涙を流すファンの姿も。キャストが舞台裏に引き揚げ、イベントがフィナーレを迎える中、会場が暗転、告知音が突然鳴り響き、スクリーンには「劇場版制作決定」の文字が! 予期せぬサプライズ発表に歓喜する観客たち。こうして、ファンに大きな感動と興奮を与えて「KUROBAS CUP 2015」は幕を閉じた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「黒子のバスケ」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE