T&B_report_bnr
  • イベントレポート
  • |
  • TIGER & BUNNY

「THE SOUND OF TIGER & BUNNY」スペシャルコンサートレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特殊な能力を持った「NEXT」と呼ばれる能力者たちが、スポンサーロゴを背負って街の平和を守るという異色のヒーローの活躍を描き、2011年にTV放送され大ヒットしたアニメ『TIGER & BUNNY』。2012年9月には劇場版第1弾『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』が公開。さらに、TVシリーズのその後を描く完全新作の劇場版第2弾『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』が2014年2月に公開され、第1弾を上回る大ヒットを記録した。そんな『TIGER & BUNNY』の劇中音楽をオーケストラ&バンドによる生演奏で楽しめるスペシャルコンサート「THE SOUND OF TIGER & BUNNY」が、9月19日・20日、神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催された。今回は19日に開催されたコンサートの模様をレポートしよう!

コンサート前から会場内は熱気ムンムン!

オーケストラ&バンドの生演奏で“タイバニサウンド”を体感できるとあって、会場には多くのファンが駆けつけた。また、今回のコンサート開催を記念して制作されたオリジナルグッズを求めて、グッズ売り場には長蛇の列ができるなど、コンサートが始まる前から会場内は熱気に満ち溢れていた。

西田征史脚本による完全新作ショートアニメにファン歓喜!

コンサートでは本作の音楽を担当する池頼広さんが指揮を務め、シュテルンビルトオーケストラ&バンドによる大迫力の生演奏が披露された。コンサートは2部構成で行われ、第1部では「HEROES N.C.1978」「The Amusement Grounds」「Never Fight! Kotetsu」「Drive for Tomorrow」「The Red Moon」「Family Union」など10曲が演奏された。コンサートの合間には、西田征史脚本による完全新作ショートアニメ「Too many cooks spoil the broth.(船頭多くして船山に上る)」が上映されるなど、ファンを楽しませる演出も盛り沢山だった。

ゲストの寿さんと池さんの息のあったトークに会場は大爆笑!

約20分間の休憩を挟み行われた第2部では、カリーナ・ライル(ブルーローズ)役の声優を務める寿美菜子さんが華麗な衣装に身を包み、ゲストとしてステージに登壇。シュテルンビルトオーケストラ&バンドによる生演奏をバックに「My Song」「GO NEXT!!」を歌い上げ、観客から大きな拍手が送られていた。池さんと寿さんによるトークコーナーでは、観客全員に配布されたポストカードのイラスト(※イラストにはタクトを手にした池さんが描かれている)の話題へ。イラストを見た池さんは「微妙に僕に似ているんですけど、これ僕ですよね」とコメント。それに対し、寿さんは「お洒落で素敵だと思います」と返答。そんな中、池さんは「でも、一つだけ言わせてもらうと、残念なことにヒゲが繋がってないんです。なのでボールペンで繋げておきました」と語り、観客を笑わせていた。他にも、イベントパンフレットで使用されている写真の撮影秘話などで会場を盛り上げた。

作品世界を彩った名曲の数々がオーケストラ&バンド演奏で甦る!

池さんと寿さんの楽しいトークコーナーの後は再び演奏へ。「The Bonding」「Small Mission Clear」「the Gravity Prince」「The Rising」「The Future」「TIGER & BUNNY」など第2部では18曲が演奏された。さらに、アンコールではシュテルンビルトコーラス隊がステージに登壇し、本作の中でも人気の高い楽曲の一つ「オリオンをなぞる」を出演者と観客全員で大合唱し、コンサートは幕を閉じた。会場へ駆けつけたファンにとっては、最初から最後まで『TIGER & BUNNY』の劇中音楽を存分に堪能できるスペシャルな夜となった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

その他関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE