イベントレポート

comet_report_bnr2
  • イベントレポート
  • |
  • コメット・ルシファー

10月放送開始「『コメット・ルシファー』
TV放送前夜祭 第1話&第2話先行上映会」イベントレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ10月4日よりTOKYO MX他にて放送がスタートしたTVアニメ『コメット・ルシファー』の第1話&第2話先行上映会が、放送前日となる10月3日、TOHOシネマズ新宿にて開催された。イベントでは第1話&第2話の先行上映、メインキャストによるトークコーナーをはじめ、エンディング主題歌「おしえてブルースカイ」を担当した大橋彩香さんによるミニライブも行われた。そこで今回は、第1話&第2話の本編上映後に実施されたトークコーナーとミニライブの模様をレポートする。

サプライズゲストも登壇したトークコーナーは爆笑の連続!

アニメスタジオ「エイトビット」が挑む初の完全オリジナルアニメーションということで、大きな注目を集めている『コメット・ルシファー』の先行上映会とあって会場には多くのファンが駆けつけた。第1話&第2話の上映後はファンお待ちかねのトークコーナーへ。ソウゴ・アマギ役の小林裕介さん、フェリア役の大橋彩香さん、オット・モトー役の諏訪彩花さんに加え、サプライズゲストとしてカオン・ランチェスター役の高橋李依さん、シリーズディレクターの中山敦史さんがステージに登壇すると客席から大きな拍手が送られた。

翌日から放送が始まることについて感想を聞かれた小林さんは「ワクワクドキドキしています。ようやく皆さんに観て頂けるということで、本当に楽しみで仕方ないといった心境です」とコメント。大橋さんは「もう明日なんですね。この作品をたくさんの人に観て欲しいです。明日が待ち切れない感じです」と語った。諏訪さんは「世界観や音楽も素敵ですし、個性的なキャラクターが元気に動いているので、早く明日になって多くの人に『コメット・ルシファー』を知って頂きたいですね」とコメント。高橋さんは「これから『コメット・ルシファー』に毎週毎週会えるということで、1週間に1度のこの時間が凄く楽しみです」と話した。一方、シリーズディレクターという仕事について聞かれた中山さんは「簡単に言うと副監督ですね。シリーズ全体をまとめるのが仕事です。では、監督と何が違うのかと言われると、私にも良く分からないんです(笑)。菊地康仁監督は企画の段階から作品に関わっているんですが、私は途中から参加しています。監督の仕事は工程が後になればなるほど作業が増えていくんですが、それを補佐するのが私の役目です」と語っていた。

スクリーンに登場人物の相関図が映し出され、キャスト陣が各キャラクターを紹介した。ソウゴについて小林さんは「(女の子の)キャッチが上手い男の子ですね(笑)。明るくて元気で前向きなキャラクターなので、演じていて楽しいです」と語った。フェリアについて大橋さんは「観るもの全てに興味を持っている明るくて元気で、とってもピュアな女の子です」と話した。オットについて諏訪さんは「ロマンの家に仕えている執事なんですけど、小さい頃から一緒にいて兄弟みたいな感じなのでタメ口なんです。地味に見えて意外と頼りになるしっかり者です」とコメント。カオンについて高橋さんは「カオンは明朗活発で清らかな少女という設定です。ソウゴに抱きついた時も赤面して思わず“キャッ”としてしまう乙女な女の子なんです」と語った。一方、今後のポイントとなるキャラクターについて聞かれた中山さんは、ソウゴの育ての親であるド・モンと、謎の生物モウラ(モ・リティカ・ツェツェス・ウラ)をあげていた。

大橋さんがエンディング主題歌「おしえてブルースカイ」を熱唱!

その後もアフレコ現場の雰囲気についてだったり、菊地康仁監督についてだったり、様々な話題で盛り上がるなど、トークコーナーは終始笑い声に包まれていた。ここで、本作のエンディング主題歌「おしえてブルースカイ」を担当した大橋彩香さんによるミニライブが行われた。大橋さんの生歌披露に客席から手拍子が送られるなど、この日一番の盛り上がりをみせた。

最後は登壇者たちが一人ずつコメント。中山さんは「肩肘張らずにお茶の間で楽しく観られるような作品になっていますので、友達や家族と一緒に“ゆる〜い気分”で観て頂ければと思います」。高橋さんは「明日から放送開始ということですが、演じている私たちも実は物語の結末をまだ知らないので、皆さんと一緒にオンエアを楽しみにしています。応援宜しくお願いします」。諏訪さんは「明日から放送開始ということで私自身もすごく楽しみです。メカや美少女も一杯出てきますし、キャラクターたちの成長や冒険を楽しんで頂ければ嬉しいです」。大橋さんは「ロボットだったり、キャラクターだったり、色んな要素が楽しめる作品で、遊園地に行って様々なアトラクションに乗っている気分というか、まさにエンターテインメントという作品になっていると思います」。小林さんは「作品にキャッチコピーを付けるとしたら、“どこか懐かしいボーイミーツガール”です。ロマン役の寺島(拓篤)さんとも僕らの年代には刺さるものがあるよねという話をしています。ぜひ放送を観て、冒険の切符を手に入れて欲しいです」。それぞれが作品への期待とファンへの熱いメッセージを送り、イベントを締めくくった。

『コメット・ルシファー vol.1』
2016年1月29日発売
Blu-ray特装限定版:¥7,800(税抜)

<放送情報>
■TOKYO MX:10月4日より毎週日曜22時30分〜
■KBS京都:10月4日より毎週日曜23時〜
■サンテレビ:10月6日より毎週火曜24時〜
■BS11:10月6日より毎週火曜24時〜

コメット・ルシファー 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE