marimera
  • イベントレポート
  • |
  • BRIGADOON まりんとメラン

米たにヨシトモ監督作品『BRIGADOON まりんとメラン』 オールナイト上映イベントトークコーナーレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本を代表するアニメ制作会社のひとつ、サンライズのアニメ作品を一挙に上映する夏の恒例イベント「サンライズフェスティバル2015白南風」が8月15日(土)に開幕した。今年で開催6回目を迎える本イベントの記念すべきオープニングを飾ったのは、放送15周年を迎えた米たにヨシトモ監督による名作『BRIGADOON まりんとメラン』だ。本作は、みなしごの少女・まりんと紺碧の生体兵器・メランの種を超えた愛と絆を描いたSFハートフルファンタジー。そこで今回は、テアトル新宿にて開催されたオールナイト上映イベントの前に行われたトークコーナーの模様をレポートする。

放送から約15年…制作当時の思い出話に花が咲く!?

ステージには、スペシャルゲストとして米たにヨシトモ監督をはじめ、浅葱まりん役のKAORIさん、如月萌役の齋藤彩夏さん、ロロ役の新谷真弓さんらキャスト陣、司会進行役として本作の設定制作を担当していた兵頭一歩さんが登壇。会場に駆けつけた多くのファンを前に、作品への思いなどを語り合った。

キャラクター設定のボードを見ながらのトークでは、制作当時の様々な思い出話などで大いに盛り上がっていた。本作のキャスティングについては、そのほとんどが米たに監督の希望通りに決まったことが明かされた。また、豪華なキャスティングをされていた本作ではスケジュールの都合で、アフレコの別録りが続き、週に4、5回は音響スタジオに通っていたことも打ち明けた。それを受け、キャスト陣がアフレコ現場での思い出話を次々に披露。当時まだ12歳だったという齋藤さんは「スタジオに来るのがとても楽しみだった」と話し、米たに監督は「アフレコに遊びに来ている感じだったけど、みんなが癒された」と語り、笑いを誘っていた。さらに、話題がメラン・ブルー役の大塚芳忠さんに及ぶと、新谷さんが「アフレコの時に、米たに監督が大塚さんに17歳の少年のつもりで演じてください」とお願いしていて、大塚さんがビックリされていたという裏話を暴露。これには他の登壇者たちはもちろん、観客からも大きな笑い声が起きていた。

登壇者たちのエンジンも掛かり始め、ぶっちゃけトーク連発!?

話はキャラクター原案を担当された水玉螢之丞さんへ。それまでアニメの仕事などをやっていなかった水玉先生にキャラクター原案を依頼することになった経緯などが米たに監督から語られ、水玉先生のキャラクターに対する細かいメモ書きが作品の世界観を構築するにおいて、とても重要だったことなどが説明された。そのまま話題は作品に参加したスタッフのことへと移り、兵頭さんから「本作は絵コンテや作画監督の担当されている方々が、今ふりかえっても豪華スタッフ陣なんですよね」と振られた米たに監督は、「プロデューサーが頑張ってくれたり、自分で声を掛けて集まってもらった」とスタッフの人選についての舞台裏などを明かした。

トークコーナーも後半を迎え緊張もほぐれてきたのか、登壇者たちのトークもエンジン全開。作品に関するディープな話では、「あの時のセリフの真意は?」など、ぶっちゃけトークも飛び出した。また、シリーズ後半は、まりんにとって辛い展開が続いていくのだが、それについて聞かれたKAORIさんは「私自身がネガティブな方なので、ハマリ役だった」とコメント。また、KAORIさんは「作品にも現場にも愛が溢れていて、だからこそまりんと一緒に乗り越えられたと思う」と作品への思いを語った。

続いて音楽の話となり、兵頭さんから「主題歌を南米の民族音楽のような音楽にしようと考えていて、新宿の路上などで演奏されている方に実際に声を掛けたと伺ったんですが…」と聞かれた米たに監督は、「実はそうなんです。その方に主題歌をやって欲しいとお願いしたんですけど、リアルな外国人で日本語が通じなかったんです」という爆笑エピソードを披露した。

待ちに待ったBlu-ray BOX化の情報にファンの反応は?

トークコーナー終盤にはサプライズ情報として、本作のBlu-ray BOX化が発表され、観客から大きな歓声があがっていた。サンライズ初のフルデジタル作品でありながら、当時WOWOWでの有料放送ということもあり“幻の作品”と呼ばれてきた『BRIGADOON まりんとメラン』。この会場に集まったファンはもちろん、多くの人たちの熱意が通じた待望のBlu-ray BOX化となった。すでにアップコンされたテスト映像を観ている監督は「とても綺麗になっていて驚いた。良くやった」との感想を漏らしていた。

最後は登壇者たちが1人ずつコメント。KAORIさんは「15年も経ってイベントが行われ、Blu-ray BOXまで発売されるなんて本当に夢みたいです。応援してくれている皆さんのおかげです。ありがとうございました」。齋藤さんは「今日、皆さんにお会いして、愛が溢れている作品だなと改めて感じました。長い間、作品を愛してくれる人が沢山いることに感動しています」。新谷さんは「内容的にはすごく攻めた作品だったと思います。拘り抜いた作品だからこそ、皆さんの心に残っている作品になっているのかなと。Blu-ray BOXになることが決まって私もすごく嬉しいです」。米たに監督は「本作はサンライズ初のフルデジタル作品だったんですが、予算のことだったり、パソコンのことだったり、本当に乗り越えなくてはならないことが沢山あったんです。そういう意味では、今日(こんにち)のデジタル作品の鍵となった作品だと思います」。それぞれがファンへ熱いメッセージを送り、トークコーナーは終了となった。

発売は2016年1月29日、「Amazon」と「BANDAI VISUAL CLUB」での限定販売となるので、ぜひチェックしておこう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE