レポート | ガールズ&パンツァー

あんこうチーム7年連続参加! 11月18(日)開催第22回大洗あんこう祭『ガールズ&パンツァー』キャストトークショー レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月18(日)に開催された茨城県大洗町のイベント「大洗あんこう祭」。そのイベントステージで催された、西住みほ役の渕上舞さん、武部沙織役の茅野愛衣さん、五十鈴華役の尾崎真実さん、秋山優花里役の中上育実さん、冷泉麻子役の井口裕香さんらキャスト陣に加えて、主題歌アーティストのChouChoさん、佐咲紗花さんが登壇した「ガールズ&パンツァー キャストトークショー」の模様をレポートする。

7年連続のあんこう祭への参加を喜ぶあんこうチームメンバー

観客の歓声と大きな拍手に迎えられ、ステージには渕上舞さん(西住みほ役)、茅野愛衣さん(武部沙織役)、尾崎真実さん(五十鈴華役)、中上育実さん(秋山優花里役)、井口裕香さん(冷泉麻子役)が登壇。イベント冒頭で、あんこう祭でのあんこうチーム集結を7年連続で果たすことができて喜ぶメンバー達。そして恒例の中上さんによるパノラマ撮影は挨拶の最中に勃発。

挨拶の後は『ガルパン』応援大使および大洗大使の蝶野正洋さんによる大洗町PRコーナーへ。大洗町公式キャラクターのアライッペ、そして毎度おなじみ『ガルパン』キャラクターのボコを引き連れた蝶野さんがステージに登場し、大洗サンビーチの砂浜が鏡面状になる「リフレクションビーチ」の紹介などを行った。

いよいよキャスト陣によるトークショー開始。まずは『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』の感想を聞かれると、
尾崎さんは「新キャラクターの登場は意外でしたね」、
井口さんは「あんこうチームの意外な一面や、桃ちゃん先輩のお茶目な一面が垣間見られて楽しかったです」、
渕上さんは「今までにない騙し、騙されみたいな戦い方で、あんこうチームとしてはモヤモヤした終わり方でした」、
中上さんは「一番モヤモヤしてるのは優花里だと思いますよ(笑)」
茅野さんは「すごく良いところで終わったので、早く続きが見たくなりました」とそれぞれが感じたことを言葉にした。

『最終章 第2話』の最新情報が発表されるもキャスト陣は動揺!?

続いて、当日解禁となった『最終章 第2話』の公開日とキービジュアルが発表され、観客のボルテージも最高潮に。会場は歓声と拍手が起こりますが、渕上さんがキービジュアルにあんこうチームがいないことに気付くと、「まさか大洗女子が敗北?」「主役交代で来年のあんこう祭から呼ばれなくなる」「だったら(BC生徒の)兼ね役で出たい」と、あれこれ考え始めるあんこうチーム。はたして、あんこうチームの運命は? そこで『最終章 第2話』の内容を知らされていない皆さんに、自身が演じるキャラクターにどのような活躍をしてほしいか伺うことに。

井口さんは「BCとの戦いは5分くらいで決着が付いて、麻子とおばあとの穏やかな日常にスポットを当ててほしいです。同時上映のスピンオフ『麻子とおばあのドキドキ戦車』でも良いので(笑)」、中上さんは「優花里にはまた潜入調査をしてほしいです。どうせなら制服だけでなくカツラも被って、今度は失敗せずにリベンジしたいですね。あと生徒会としての活躍も見たいです」、尾崎さんは「新生徒会としての活躍も見たいですね。あと『最終章 第2話』も(華の)ハサミさばきに期待しています。今度は何を切ってくれるのか楽しみです」、茅野さんは「沙織としてはウサギさんチームとの掛け合いが見たいです。最近ご無沙汰な気がするので寂しいです」、渕上さんは「やはり大洗には勝ってほしいので、また「○○○○作戦です!」って良い作戦を思い付いて、畳みかけるように大勝利を掴んでほしいです。それと遠くに行ったお姉ちゃんに悩みを相談するとか、黒森峰チームとの絡みも見たいですね」と、さまざまな期待を膨ませている様子だった。

ChouCho&佐咲紗花による圧巻のLiveパフォーマンス!

キャスト陣のコメント後、『最終章 第2話』ではBC自由学園との決着が付くこと、黒森峰やプラウダなど他校の活躍も描かれることが発表。そして、さらなる登壇ゲストとして『ガルパン』各作品の主題歌を担当したChouChoさんと佐咲紗花さんが登壇。ChouChoさんが大洗を訪れるのは2015年以来、佐咲さんは昨年以来で、お二人揃っての登壇は2013年以来の5年ぶり。お二人のデュエットによる新曲「Still a long way to go」は12月21日発売「ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX」のテーマソング。イベント当日がライブ初披露ということで、歌い終えたお二人に感想を伺うと、ChouChoさんは「こんなにたくさんの人の前で、そして、こんなに綺麗な青空の下で歌えて気持ち良かったです」、佐咲さんは「この曲が皆さんの体に染み渡っていただいて、この人数で肩を組みながら歌っていただける日を楽しみにしています。ぜひ、たくさん聴いて愛してください」と、二人の歌声に魅了された観客にメッセージを送った。

楽しい時間は瞬く間に過ぎ、別れが惜しまれる中でゲストから、会場に訪れたファンに一人ずつメッセージを届けることに。
佐咲さんは「ステージはあっという間でしたが、この後の握手会で曲を聴いた感想を直接言っていただけると嬉しいです。そして『最終章 第2話』を一緒に楽しみに待ちながら、『Grand symphony』もたくさん愛してください」

ChouChoさんは「『ガルパン』には良い曲がたくさんありますが、今回初披露させて頂いた『Still a long way to go』も愛情を込めて作りました。これまでの曲と同様に愛していただけると嬉しいです」

井口さんは「あんこうチームは7回目の出演でしたが、毎回たくさんの方に来ていただいて嬉しく思います。最新の情報も盛り沢山で皆さんの頭も一杯だと思いますが、来年の6月15日を楽しみにしていただきつつ、色々な『ガルパン』の行事を楽しんでください」

中上さんは「今年は去年よりも(客席からの)“圧”が凄い気がしました。本当に皆さん毎年来てくださってありがとうございます。大洗は凄く良いところなので、来年もここで皆さんとお会いしたいです。公開日の6月15日は優花里の誕生日の後なので、それまで盛り上がりつつ『ガルパン』を応援してください」

尾崎さんは「7年続けて一人も欠けずにこのメンバーで参加できて、さらに今年はChouChoさんと佐咲さん、そして司会の鳥居さんを迎えた新メンバーで皆さんにお会いできたことを嬉しく思います。華の誕生日の12月16日にアクアワールドさんでお話しをさせていただくので、ぜひ皆さんも一緒に誕生日を祝ってください」

茅野さんは「(初参加から)7年も経ったことに驚きましたが、このまま10年、20年と続けられる気がします。今回のあんこう祭も楽しみで、大洗には昨日から来ていました。ですから町全体で盛り上がっているのが分かりましたし、『ガルパン』が永遠に楽しんでもらえる作品になったことを感じました」

渕上さんは「今日はお天気に恵まれて何よりでした。あんこう祭の後も華さんのお誕生日などのお祭りもあるし、『最終章 第2話』公開後は色々なところにご挨拶に行くと思います。『ガルパン』として皆様にお会いできる機会もまだまだあるので、今後とも長いお付き合いになれるようよろしくお願いします」

そして最後に渕上さんによる「パンツァー・フォー!」の掛け声で記念写真。今年のあんこう祭イベントも大盛況で終了し、幕を閉じた。

▲毎年恒例、渕上さんの開会宣言であんこう祭が開幕!ステージプログラムとして行われる伝統行事「あんこう吊し切り」。肴屋本店の大里明さんによる解体作業が披露され、今年は大洗まいわい市場の常盤良彦さんと杉山潔プロデューサーも登壇。杉山プロデューサーのコメントに、突っ込む常盤さんとのコンビネーション技で会場を盛り上げました。

▲大洗マリンタワー前芝生広場の他、曲がり松商店街、永町商店街、髭釜商店街、大洗シーサイドステーション駐車場、大洗第4埠頭でもイベントを開催。第4埠頭では多数の企業ブースがガルパングッズを販売。▼

▲第4埠頭「ガルパンミニミニホビーショー」会場に展示された日照プラント工業製作のレプリカ戦車。ルノーFT、CV33、九七式中戦車、IV号戦車の他、黒森峰の校章を付けたヴィーゼル空挺戦車や、プラウダのアエロサン(スノーモビル)などが並んだ。

<Blu-ray&DVD情報>


ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX
2018年12月21日(金)発売!

<上映情報>
ガールズ&パンツァー 最終章 第2話
2019年6月15日(土)劇場上映!

ガールズ&パンツァー 最終章 公式サイト

大洗町回覧板 こちらガルパン出張所

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.