レポート | ラブライブ!サンシャイン!!

遂に実現した初の東京ドーム公演!『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 4th LoveLive! 〜Sailing to the Sunshine〜』レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡県沼津市の海辺の町・内浦を舞台としたオールメディア展開するスクールアイドルプロジェクト『ラブライブ!サンシャイン!!』のスクールアイドルグループ「Aqours」。これまで数多くのライブツアーを重ね、着実に力をつけてきた彼女たちの4th LIVE公演が、2018年11月17日(土)・18日(日)の2日間、東京ドームにて開催された。V-STORAGEでは、2日目に行われたライブの模様をレポートする。

ファン待望の4th LIVEがいよいよスタート!

開演を今か今かと待ちわびるファンの熱気と独特の緊張感が漂う会場内に、オーケストラ“浦の星交響楽団”が入場すると温かい拍手が贈られた。音合わせの最中もファンのテンションは上がり続け、会場が暗くなりペンライトの光が色鮮やかに会場を照らす中、指揮を担当する加藤達也さん(『ラブライブ!サンシャイン!!』音楽)が入場すると歓声が上がった。オーケストラが奏でる「Main theme of Lovelive! Sunshine!」に合わせてオープニングムービーが流れ、Aqoursのメンバーがスクリーンに一人ずつ映し出されると、地響きのような歓声が巻き起こると共にカラフルなペンライトが一斉にメンバーカラーを点灯し、会場に足を運んだ6万人近くものファンのボルテージは急上昇。いよいよAqours 4th LIVE公演が幕を開けた!

ファンの声援が会場に響き渡る中、客席の中央にあるセンターステージからAqoursの9人が登場。息の合ったダンスで1stシングルのリード曲であり、ライブでも定番曲の「君のこころは輝いてるかい?」を熱唱。続いて、客席の方を向いてコの字に並び「Step! ZERO to ONE」を披露。そして、メインステージへと移動し、松浦果南がセンターを務める「HAPPY PARTY TRAIN」で、ひと際大きな歓声が上がりエメラルドグリーンの光が一面に広がった。オープニングから立て続けに3曲を披露し、メンバーひとりひとりからライブビューイングを含む全会場に向けて挨拶。恋心を歌った名曲「少女以上の恋がしたい」と、「青空 Jumping Heart」の2曲を歌い上げ、会場内の盛り上がりは最高潮に達した。

みんなで起こした奇跡を実感! Aqoursの軌跡を辿る演出の連続!!

そんな中、オーケストラの美しい生演奏と、スクリーンに映し出されたTVアニメ映像で、結成当初から失敗や挫折を繰り返しながら奇跡を起こし続けたAqoursの軌跡を辿っていく。TVアニメ1期第3話「ファーストステップ」での2年生チームによる初ライブ映像が流れた後、劇中と同じメンバーカラーの衣装を着た2年生チームがメインステージに登場して「ダイスキだったらダイジョウブ!」を熱唱。

続いて、センターステージに衣装チェンジした1年生チームが登場して「Waku-Waku-Week!」を元気に歌い上げた。

続いて、3年生チームがバックステージに登場。レトロな水玉ワンピースの衣装にチェンジし、バックステージからセンターステージに移動すると1年生チームとペアダンスを踊りながら「G線上のシンデレラ」を最高学年らしく大人可愛いステージを披露した。

各学年チームの楽曲が終わると、桜内梨子役の逢田梨香子さんがメインステージ上に登場したピアノの前に。会場がサクラピンク一色に埋め尽くされる中、TVアニメ1期の第11話「友情ヨーソロー」で梨子以外の8人で歌った「想いよひとつになれ」を初めて9人全員でお披露目。歌う前にステージ中央で円陣を組み、会場からも熱い歓声と拍手が贈られた。

Aqoursからの少し早いクリスマスプレゼントにファン熱狂!

続いて、Aqoursから少し早いクリスマスプレゼントが! 「聖なる日の祈り」では、ランタンを持ったメンバーが一列になってバックステージまで行進しながらダンスを披露。「ジングルベルがとまらない」では、バックステージからクリスマス仕様のトロッコに乗ったメンバーがサンタクロースの如く幸せを配り、ファンは色とりどりのペンライトを振って声援を贈っていた。その後、みかん畑をトロッコで駆け抜ける映像が流れた後、着物をイメージした衣装に着替えたAqoursがメインステージに登場。会場が赤いペンライトで染め上げられた幻想的な光景の中、しなやかなダンスで「MY舞☆TONIGHT」を披露。続いて、9人がメインステージ横いっぱいに広がって、「待ってて愛のうた」へ。会場が手拍子で一体となった。その後、メインステージへと移動して「未熟DREAMER」を熱唱。3年生チームがライトアップされたり、火花が噴射されたりとド派手な演出で観客を楽しませた。

サプライズの連続!? 迫力満点のAqours Ship&スペシャルゲストが登場!

オーケストラの生演奏とアニメ映像でAqoursの軌跡を振り返った後、大きなAqours Shipがメインステージに登場! メインステージからバックステージに航海しながら「WATER BLUE NEW WORLD」を歌唱。続いて、オーケストラ“浦の星交響楽団”と「キセキヒカル」をセッション。歌い終えると、大きな拍手を観客に促し、それを“浦の星交響楽団”に捧げ、楽団は退場。初の試みとなる生演奏の演出は観客の心を掴み、より思い出に残るライブ作りの一役を担っていた。

Aqours Shipから降りたメンバーから、スペシャルゲストを紹介。曲が流れ始めると会場から大きな歓声が上がり、Saint Snowのメンバーである田野アサミさん(鹿角聖良役)、佐藤日向さん(鹿角理亞役)が登場し、「Awaken the power」をSaint Aqours Snowで熱唱。曲が終わると、Saint Snowの二人はAqoursとファンに東京ドームという舞台に立てたことに対する感謝の気持ちを伝え、笑顔で会場を後にした。

東京ドーム全体が幸せな空気に包まれる中、ライブも遂にクライマックス!

スペシャルゲスト登場の余韻で興奮冷めやらぬ会場に、Aqoursから「No.10」が贈られる。トロッコに乗りながら10人目のメンバーであるファンのみんなと共に歌唱、東京ドーム全体が一つになるのを感じられる一曲となった。そして最後の楽曲になることを伝え、再びトロッコに乗り込んで「勇気はどこに?君の胸に!」を歌い上げると、メインステージにあるAqours Shipに乗ってステージを後にした。すると、すぐさま会場にはアンコールの声が響き渡り、歓声に応えるようにメンバーがメインステージに再登場! アンコール1曲目は「未来の僕らは知ってるよ」。白を基調としたドレスのような衣装に身を包んだメンバーはセンターステージへ移動。アンコール2曲目は「WONDERFUL STORIES」。高海千歌の台詞を伊波杏樹さんが気持ちを込めて伝え、感動的なナンバーとなった。その後、『ラブライブ!サンシャイン!!』に関する最新情報が告知された。劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!』の情報や、アジアツアー、5thライブの開催決定などが発表され、会場のボルテージが高まった。最後にメンバー一人ずつファンに向けて感謝の言葉を伝えた。そして、約4時間に渡るライブの締め括りは本ライブのテーマソング「Thank you,FRIENDS!!」。煌びやかなテープが舞い散る中、メインステージ、センターステージ、バックステージまでメンバーが駆け回りながら手を振り、ファンに“ありがとう”の言葉と想いを届けた。大きな感動と愛に包まれ4th LIVEは幕を閉じた…かのように思われたが、会場がひとつとなって“Aqours”コールが響き続ける。ファンの熱い気持ちに応えるようにAqoursが再度ステージに登場。東京ドーム全体を見渡し、喜びと感謝を伝える。会場からは拍手と共に「ありがとう」の声があちこちから聞こえ、メンバーが嬉し涙を流しながら客席に向かってお礼を精一杯叫ぶと、会場からはこの日一番の大歓声が沸き起こった。そして、“Aqours”を称える声援や拍手が鳴り響く中、マイクを介さず「本日は、本当に、本当に、本当にありがとうございました!」と力いっぱい叫び、最後までファンに“ありがとう”の想いを伝えて終幕となった。

<セットリスト>
01.君のこころは輝いてるかい?(Aqours)
02.Step! ZERO to ONE(Aqours)
03.HAPPY PARTY TRAIN(Aqours)
― MC1 ―
04.少女以上の恋がしたい(Aqours)
05.青空Jumping Heart(Aqours)
― 生演奏&本編映像① ―
06.ダイスキだったらダイジョウブ!(伊波杏樹・桜内梨子・斉藤朱夏)
07.Waku-Waku-Week!(小林愛香・高槻かなこ・降幡 愛)
08.G線上のシンデレラ(諏訪ななか・小宮有紗・鈴木愛奈)
09.想いよひとつになれ(Aqours)
― MC2 ―
10.聖なる日の祈り(Aqours)
11.ジングルベルがとまらない(Aqours)
― 生演奏&本編映像② ―
12.MY舞☆TONIGHT(Aqours)
13.待ってて愛のうた(Aqours)
14.未熟DREAMER(Aqours)
― 生演奏&本編映像③ ―
15.WATER BLUE NEW WORLD(Aqours)
16.キセキヒカル(Aqours)
― MC3 ―
17.Awaken the power(Saint Aqours Snow)
― MC4 ―
18.No.10(Aqours)
19.勇気はどこに?君の胸に!(Aqours)

EN01.未来の僕らは知ってるよ(Aqours)
EN02.WONDERFUL STORIES(Aqours)
― MC5 ―
EN03.Thank you, FRIENDS!!(Aqours)
※オーケストラ演奏:浦の星交響楽団/コンダクター:加藤達也

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours Hop! Step! Jump! Project! 11月18日発表PV

ラブライブ!サンシャイン!! 公式サイト

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.