BV速報

  • BV速報
  • |
  • アウトレイジ 最終章

超豪華オールキャストが集結!!『アウトレイジ 最終章』 ジャパンプレミア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月7日公開に先立ち、一般のお客様への初お披露目となるジャパンプレミアを9月25日に行いました。本作の監督・主演を務めました北野武(ビートたけし)を筆頭に、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田時男、岸部一徳と、超豪華オールキャストが勢揃いいたしました!

先日行われたベネチア国際映画祭のクロージングで世界初上映をして以来、ついに日本で初披露となる“最終章”の幕開けを、いまかいまかと待ちわびる観客の熱気が帯びる中、壇上のステージを覆った大きな幕がゆっくりと開き、総勢13名の豪華キャストが一列に並び姿を現す。大きな拍手で迎えられると、まずは、【花菱会】の面々からの一言挨拶。

若頭・西野役、西田敏行

「ようこそおいでくださいましてありがとうございます。今日ここにいる皆さんは抽選で当たってきた、“タダ”で映画を見れるラッキーな方たちということですから、他の見ていない人に宣伝する“義務”が生じるわけです(笑)僕自身、体調崩したりした時期が4ヶ月間あって、退院した頃にこのお話をいただいて。今日ここにいる塩見さんとお互いにリハビリをやりながら、(撮影)初日は二人とも支えられながら迎えたわけですが、北野監督のお気遣いもあって、また花菱会を盛りたてることが出来ました」

新会長・野村役、大杉漣

「中年の域を超えた俳優が戦うといった、緊張感のはらんだ撮影でした。9年ぶりの北野組で10本目になるんですけど、ようやく『アウトレイジ』シリーズに出演することが出来ました。ものすごくいい作品だと思います!」

若頭補佐・中田役、塩見三省

「北野監督と前作に続いて仕事ができたこと、私にとって最高の時間でした。『アウトレイジ 最終章』、グッとくる映画です!よろしくお願いします!」

会長付き若頭補佐・森島役、岸部一徳

「監督とは今回で3本目になるのですが、最終章に出ることが出来ました。『座頭市』ではあっさりたけしさんに殺される役でしたが、今回はどうなってるか、楽しみにしてください」

北野監督作品初出演の、直参幹部・花田役、ピエール瀧

「はじめて北野組に参加することができて嬉しかったです。私もまだ一度しか作品を観たことがないのに、今日ここにいるみなさんがこの後映画を観るとなると、もう(回数が)並ばれてしまいます(笑)。『いいなコノヤロー、良かったなバカヤロー!』(笑)。ほんとに『バカヤロー』『コノヤロー』成分をたくさん補充できると思います。顔面には自信があったのですが、この諸先輩方たちの中では・・・。ほんとに『顔面世界遺産』なんて言わせていただきましたが、僕はという感じでした(笑)よろしくお願いします」

続いて、MCから「花菱会の“配下に成り下がった”暴力団組織【山王会】の方々をご紹介致します」と、紹介がされると会場から失笑が起こりながら、山王会のメンバーを演じたキャストの一言挨拶に。

会長・白山役、名高達男

「前作までは関東を代表するすごい組織だったんですけど、だんだんセコクなってきて、山王会の先輩方に面目が立たないというか・・・。そんな山王会がこの後どうなっていくのか、今日は楽しみにしてください」

若頭・五味役、光石研

「名高さんと前作に続いてやれて本当に嬉しく思ってます」

木村組組長・吉岡役、池内博之

「出演は役者人生において、本当に幸せでした。現場は高い緊張感で、木村組組長でありながら怯えながらやってました」

警視庁マル暴の繁田刑事役、松重豊

「この錚々たるメンバーの中で、僕だけが公務員です(笑)。一緒に写真に映ってはいけない人たちです(笑)。前作に続いてこの世界でやれてよかったです」

国際的フィクサー【張グループ】張会長役、金田時男

「ど素人の私がこの映画に参加できて、二度人生を経験している気持ちです。撮影中は監督から演技の指示はなかったので、ワンシーンワンシーンが不安でしょうがなかったです。前作では大友の役を妻にやってもらってセリフの練習をしていましたが、今回はセリフが多くて家でも練習をしました」

友人であり、本職は実業家という金田について、北野監督は「『僕を映画に使ってほしい』と言われ、どうしようかと思いましたけどね(笑)。前作『アウトレイジ ビヨンド』の時はセリフも二つくらいしかなくて、撮影が伸びたことで一年半に渡って『大変だったな大友』というセリフを、奥さんが近くに寄ってくるたびに言い続けてたみたいで(笑)。実際プロの役者さんと混じってもいい演技でしたし、おかげさまでいい映画になりました」と、感謝の思いを語った。

張会長の側近・李役、白竜

「28年前『その男、凶暴につき』で出演させていただき、その後監督はベネチアで金獅子賞をとって、北野組でやれて本当によかったなと。『アウトレイジ ビヨンド』、そして最終章にも出させていただき感動しています。ありがとうございました」

大友と行動を共にする、市川役、大森南朋

「『アウトレイジ』が制作されると聞いて、なんとかチャンスはないものかと思っていたんですが、加瀬亮くんがでていて嫉妬。ビヨンドでは桐谷健太、新井浩文が出ていてまた嫉妬が芽生えまして、恨みつらみみたいなものがあって、今回またアプローチをさせていただいて夢が叶って、最高の状態でできたと思っています」

主人公・大友を演じ、メガホンをとった北野武監督

「今回で最終章にしたのは、深作欣二さんの『仁義無き戦い』みたいに一度死んだ人がまた出てくるわけにはいかないので(笑)。ありがたいことに僕の作品は日本を代表する役者さんがみんな出演してくれて台本さえ渡せばOKという感じで。西田さんのアドリブには困りましたけど(笑)。役者さんに任せっきりでいいという感じでした。できたらすすめてください。損はしないと思います」と、客席へメッセージを送り、大盛況のまま舞台挨拶を終えました。

『アウトレイジ 最終章』2017年10月7日(土)公開

前作から5年...、『アウトレイジ』シリーズが遂に終結。
全ての因縁に決着をつける究極のフィナーレは“全員暴走”!
史上最大スケールの“全面戦争勃発”!

『アウトレイジ 最終章』
2017年10月7日(土)全国ロードショー

レーティング:R15+

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野

『アウトレイジ』シリーズは、北野 武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。
2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した超人気シリーズです。
そんな『アウトレイジ』シリーズが、ついに前作から5年の月日を経て最終章を迎えます。


▼『アウトレイジ 最終章』公式サイト
http://outrage-movie.jp/

▼『アウトレイジ 最終章』公式Facebook
https://www.facebook.com/outragemoviejp

▼『アウトレイジ 最終章』公式Twitter
@outrage_movie

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「北野武監督作品」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE