• BV速報
  • |
  • この世界の片隅に

映画『この世界の片隅に』第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門 審査員賞 受賞!フランスでも絶賛の嵐!片渕監督から最新コメントが到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた珠玉のアニメーション映画。先日200万人の動員を記録し、またBlu-ray&DVDの発売を発表したばかりの『この世界の片隅に』(片渕須直監督・こうの史代原作)。

国内に続き、世界各国の劇場公開が予定されているなか、この度、本作が、第41回アヌシー国際アニメーション映画祭にて長編部門・審査員賞を受賞致しました。

つきましては、授賞式の模様と授賞式後の片渕須直監督・真木プロデューサーの受賞コメントが届きました。

映画『この世界の片隅に』第41回アヌシー国際アニメーション映画祭 長編部門 審査員賞 受賞 片渕監督、真木プロデューサーより最新受賞コメント到着!

●片渕須直監督コメント

海外では、予備知識が無いと理解できないと言われていました。
日本ローカルの舞台や時代を描いた映画なのですが、今回の受賞で人々の心がつながるのだと実感できました。
皆さんの心の中に、この映画の登場人物、主人公のすずさんは既に住み始めている、と見えた事が喜びです。

●真木プロデューサーコメント

本日は(6 月 17 日)土曜日。(12 日)月曜日にアヌシーに着いて、この日を毎日チーズを食べながら待っていました。この映画は日本で数多くの賞を頂きました。作品賞、監督賞、音楽賞、主演女優賞まで。このアヌシーで賞を頂いて、非常に大きな海外の賞が加わりました。とても光栄なことです。ありがとうございました。

■第 41 回アヌシー国際アニメーション映画祭とは?
開催期間:2017 年 6 月 12 日〜17 日/開催地:フランス(アヌシー)
1960 年にカンヌ国際映画祭からアニメーション部門が独立。アニメーション映画祭としては世界で最も長い歴史を持つ国際映画祭です。1993 年には宮崎駿監督『紅の豚』が長編部門・最優秀作品賞を受賞。その後 2007 年細田守監督『時をかける少女』(長編部門・特別賞)、2015 年原恵一監督『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』(長編部門・審査員賞)など、日本国内でも人気を誇るアニメーション作品が受賞しております。

<映画祭レポート>

現地時 6 月 12 日(月)、第 41 回アヌシー国際アニメーション映画祭が開幕。長編部門上映第 1 作目として、本作が上映されました。10:30 からと朝一番の上映会でしたが、982 名の観客でメイン会場 Bonlieu Grande Salle は埋め尽くされ満員御礼となりました。上映後記者会見が行われ、片渕須直監督は「70 年あまり前の広島・呉の街並みを再現することに挑みました。」などと語りました。翌日行われたコンファレンスでは、戦前の広島・中島本町について徹底した調査を実施し、制作に臨んだことなどを発表しました。

17 日(土)授賞式当日。2 回目のコンフェレンスが行われ、より詳細に戦前当時の女性の生活、文化などに言及されました。コンフェレンス後もサイン会が行われ長い列ができました。そして、長編コンペティション部門の授賞式。片渕須直監督ほか、世界各国から選ばれたコンペ作品(10 作品)の中から準グランプリにあたる長編部門の『審査員賞』を受賞しました。

アヌシー映画祭の後、世界各国の劇場公開が予定されています。イギリス、スペインが 6 月末。アメリカが 8 月 11 日、フランス 9 月 13 日と続きます。


授賞式壇上にて スピーチする片渕監督


授賞式壇上にて スピーチする片渕監督


(左)片渕監督 (右)真木プロデューサー

映画『この世界の片隅に』は現在もロングラン公開中。
公開 217 日目となる 6 月 15 日(木)には、公開初日からの累計動員数が 200 万人を突破。この記念すべき日に、映画館で本作をご覧いただいた皆様へ特製ポストカードがプレゼントされる予定です。またこれまで応援いただいた皆様にも参加いただける「お客さま 200 万人ありがとう企画」も実施される予定。詳細は近日発表いたしますので、ぜひお楽しみに!
海外での配給は、現在全世界 29 の国と地域で決定。【イギリス】6/28〜、【スペイン】6/30〜、【台湾】7/28〜、【アメリカ】8/11〜、【フランス】9/13〜、に公開を予定しています。
片渕須直監督は、7/1 からアメリカで開催される「アニメエキスポ」での上映に赴く予定です。のんさん(主人公・すず役)は、6/29 から台湾で開催される「台北映画祭」での上映に伺う予定です。
日本のみならず世界からも注目を集めている本作。「この映画をみてほしい」「この映画をまた観たい」という熱が、日本全国そして世界へと拡がりをみせています。引き続き、ご注目ください。

<作品データ>(2017年6月16日現在)

累計動員数:200万人突破
興行収入:25億9千万円
劇場公開館数:累計360館
文部科学省特別選定(青年向き、成人向き、家庭向き)
文部科学省選定(少年向き)
主な受賞歴:第40回日本アカデミー賞 (最優秀アニメーション作品賞、優秀音楽賞)
第90回キネマ旬報ベスト・テン (日本映画ベスト・テン第1位、日本映画監督賞)
第71回毎日映画コンクール
(日本映画優秀賞、アニメーション部門 大藤信郎賞、スタッフ部門 音楽賞)
第59回ブルーリボン賞 (監督賞)
第67回芸術推薦 映画部門文部科学省大臣賞 (片渕須直)
ほか、多数

-あなたのおうちで いつでも会える-
2017 年 9 月 15 日 Blu-ray&DVD 発売

発売・販売元:バンダイビジュアル株式会社


▼『この世界の片隅に』 公式サイト
http://konosekai.jp/
▼『この世界の片隅に』 Twitter公式アカウント
@konosekai_movie / 推奨ハッシュタグ: #この世界の片隅に
▼『この世界の片隅に』 公式フェイスブック
@konosekai.movie

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「この世界の片隅に」関連記事一覧

この世界の片隅に
もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE