オーブバナー
  • BV速報
  • |
  • ウルトラマンオーブ

歴代ウルトラ戦士のパワーをかりて戦う、“風来坊”の新ウルトラマン誕生!!新TVシリーズ 『ウルトラマンオーブ』 7月9日(土)より、テレビ東京系 あさ 9時放送スタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウルトラマンシリーズは 今年放送開始50年を迎えます。1966 年7 月10 日「ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生」でテレビに初登場し、翌週7月17日に放送を開始したTVシリーズ『ウルトラマン』は、平均視聴率 36.8%、最高視聴率 42.8%を記録。以来シリーズ化を重ね、国内だけでなく世界中で愛される親子三世代キャラクターとなっています。歴代42人目となる新ヒーロー「ウルトラマンオーブ」は、今年放送開始50年を迎える「ウルトラマン」、同じく20年を迎える「ウルトラマンティガ」をはじめ、「ウルトラマンタロウ」や「ウルトラマンゼロ」など、歴代ウルトラ戦士のパワーをかりることで、特性の異なる様々な姿にタイプチェンジし、次々に現れる怪獣たちと戦います。ウルトラマンオーブとなって戦う風来坊の青年・クレナイ ガイを演じるのは、ドラマ・映画・バラエティなどで活躍中の石黒 英雄さん。メイン監督は、昨年好評を博したTVシリーズ『ウルトラマンX』に引き続き、田口 清隆が担当。さらに大きなスケールで描かれる『ウルトラマンオーブ』にどうぞご期待ください。

新TVシリーズ 『ウルトラマンオーブ』2016年7月9日(土) あさ 9時放送スタート!

放送開始日:2016年7月9日(土)
放送時間:毎週土曜日 9:00~9:30
放送局:テレビ東京系6局ネット 他
話数: 25話
製作:円谷プロダクション・テレビ東京・電通

主演
石黒 英雄

監督
  田口 清隆
アベ ユーイチ・市野 龍一・冨田 卓・武居 正能

シリーズ構成
中野 貴雄・小林 雄次


ウルトラマンオーブ スペシウムゼペリオン
「ウルトラマン」と「ウルトラマンティガ」
のパワーをかりた姿
「闇を照らして悪を撃つ!」

新ヒーロー 「ウルトラマンオーブ」 の別の姿


ウルトラマンオーブ ハリケーンスラッシュ
「ウルトラマンジャック」と「ウルトラマンゼロ」
のパワーをかりた姿


ウルトラマンオーブ バーンマイト
「ウルトラマンタロウ」と「ウルトラマンメビウス」
のパワーをかりた姿

主演俳優プロフィール: 石黒 英雄(いしぐろ ひでお) ウルトラマンオーブ/クレナイ ガイ役

1989年1月10日生まれ(27歳)
プロダクション尾木所属

主な出演作

TV 『最後のレストラン』 (2016)
TV 『ダメな私に恋してください』 (2016)
TV 『軍師官兵衛』 (2014)
TV 『平清盛』 (2012)
映画 『彼岸島』 (2010) 
映画 『激情版 エリートヤンキー三郎』(2009)
TV 『ごくせん』

コメント

幼い頃に憧れていたウルトラマンのステージに立たせていただけるとは、夢にも思っていませんでした。
ウルトラマンの世界でしか味わえない、ヒーロー・怪獣と一緒にお芝居が出来る特殊な空間にどっぷり浸かりたいと思います。(実は、子供の頃より、大人になったいまの方が、怪獣の造形の素晴らしさに興奮します。)
田口監督はじめ、愛のあるスタッフの皆様に囲まれた素晴らしい環境が有難く、身の引き締まる思いです。
ウルトラマンシリーズ放送開始 50年の節目にふさわしい最高のエンターテイメントをスタッフの皆様と作っていけたらいいなと、そして、今までとは異なる新しいヒーローの誕生を一人でも多くの方に観て頂けるよう頑張っていきたいと思っています。

メイン監督プロフィール:田口 清隆(たぐち きよたか)

1980年、北海道室蘭市生まれ。自主映画『大怪獣映画 G』が認められ、2009年NHK『テレ遊び!パフォー』の番組内企画『長髪大怪獣ゲハラ』で商業監督デビュー。この両作品で『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2009』ファンタランド大賞・市民賞を受賞。2014年 TVシリーズ『ウルトラマンギンガS』で初めてウルトラマンシリーズの監督をつとめ、2015年にはTVシリーズ『ウルトラマンX』のメイン監督、『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』の監督をつとめ好評を博した。

主な監督作品

『ウルトラマンX』、『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』、『ウルトラマンギンガS』、『ネオ・ウルトラQ』、『ウルトラゾーン』、『怪奇大作戦 ミステリー・ファイル』、『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』、『RANGER 陸上自衛隊幹部レンジャー訓練の91日』、『MM9-MONSTER MAGNITUDE-』、『長髪大怪獣ゲハラ』、『大怪獣映画 G』ほか。

コメント

昨年の『ウルトラマンX』は<王道と原点回帰>をスローガンにしつつ「とにかく面白いウルトラマン」を追求しました。今年の新作『ウルトラマンオーブ』はこの流れを汲みつつも「もっと上」ではなく「斜め上」に行ってしまえ! と舵を切りまして、<迷ったら遊べ>をスローガンにしました。“いつも通り”よりも“思いついちゃった面白い方”を選択せよ、という宣言です。
ウルトラマン放送開始50年のこの大事な年に、敢えて、それに捕われない自由な発想のウルトラマンを創造しようと色々実験しております。『ウルトラマンオーブ』、ご期待ください!

 


▼円谷プロ 公式サイト
http://m-78.jp/
▼円谷プロ 公式Facebook
https://www.facebook.com/tsuburayaproductions

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「ウルトラマン」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE