しんちゃん通信

sfmain
  • しんちゃん通信
  • |
  • クレヨンしんちゃん
  • ココだけ

『しんちゃん通信』 映画作品ちょこっとレビュー第4回 “SF編”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年で25周年を迎えた「映画 クレヨンしんちゃん」シリーズ! 本コーナー「ちょこっとレビュー」では、第1作目『映画 クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』から最新第25作目『映画 クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』までの作品の見どころや名シーンを『シリリ』にこめられた6つのテーマに沿って紹介。第4弾となる今回は、“SF”をテーマに4作品を紹介するゾ!
(文 / 大山くまお)

劇場版 第25作
『クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』

映画『クレヨンしんちゃん』とSFはかかわりが深い。映画版の野原一家は当たり前のように宇宙にまで飛び出してしまうのだ。『シリリ』は野原家に墜落したUFOから出てきた宇宙人シリリとの“第三種接近遭遇”から物語がスタートする。“第三種~”とはスティーブン・スピルバーグ監督の名作SF映画『未知との遭遇』で描かれたもの。同じくスピルバーグ監督の『E.T.』にオマージュを捧げたシーンもあるゾ。モルダダとカスリーはSFドラマ『X-ファイル』の主人公・モルダーとスカリーのパロディ。クライマックスでは野原一家が宇宙で大暴れ! 『シリリ』は紛うことなき“SF映画”なのだ。

劇場版 第3作
『クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望』

30世紀のタイムパトロール隊員、リング・スノーストームが野原家にやってきた! 彼女はしんのすけたちを連れて、異変が起こっている戦国時代へタイムスリップ! そこでは謎の支配者・雲黒斎が怪しげな配下たちを操って君臨していた。ピンチに陥った野原一家を救ったのは、少年剣士の吹雪丸! 吹雪丸としんのすけは愛馬エンジを駆り、しんのすけとともに、雲黒斎の待つ春日城へと急ぐ!
本郷みつる監督による劇場版3作。吹雪丸が活躍する本格チャンバラ時代劇の印象が強い『雲黒斎の野望』だが、実は非常にSF的要素が強い作品だ。過去の雲黒斎の振る舞いによって、現在が悪趣味な世界に変えられてしまうシーンがあるが、これは“歴史改変SF”と呼ばれるジャンルのもの。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズも歴史改変SFの傑作の一つ。ひろしが学生時代、SFクラブに入っていたことが明かされるのも本作だ。

劇場版 第15作
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』

はるか宇宙を旅するケツだけ星人(なんちゅう名前だ)が隕石を破壊するために放った円盤型爆弾の一つが地球に落下、なんとシロのお尻にくっついてしまった! 地球を吹き飛ばすほどの威力を持つ“ケツだけ爆弾”とシロをめぐり、しんのすけと野原一家、時雨院時常が指揮する宇宙監視センター・UNTI(ウンツィ)、そしてお駒夫人率いる謎の女性テロ組織「ひなげし歌劇団」の3つどもえの戦いが始まる!
ムトウユージ監督による劇場版第15作は、映画『クレヨンしんちゃん』に初めて宇宙人が登場した記念すべき作品。SFであり、ミュージカルであり、もちろんコメディーでもあるのだが、根っこにあるのは、しんのすけとシロの熱い友情物語だ。地球を救うためにシロを犠牲にするという決定を断固拒否したしんのすけが、シロと一緒に逃げるシーンは涙なくしては見られない。 

劇場版 第18作
『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』

ある日、しんのすけの前に“しんのすけの未来の花嫁”だと名乗る女性・タミコが現れる。大人になったしんのすけが、未来都市ネオトキオの支配者、金有増蔵に捕まってしまい、彼を助けるには5歳のしんのすけの力が必要だというのだ。タミコに連れられて未来にやってきた、しんのすけとかすかべ防衛隊。5歳のしんのすけは、大人のしんのすけを助け出すことができるのか!? そして、大人になったしんのすけとはどんな姿なのか!?
しぎのあきら監督による劇場版第18作は、映画『クレヨンしんちゃん』シリーズで初めて未来の世界が舞台になった作品。しんのすけたちが訪れる未来の世界は、地球に落下した隕石の影響で一日中夜が続く荒廃した街であり、本作は“ディストピアSF”(理想郷=ユートピアと反対の世界を描く作品)の一種と言える。電力をすべて取り仕切る金有によって繁栄するネオトキオの描写は、SF映画の傑作『ブレードランナー』を思わせる。大人になったしんのすけ、ひまわり、かすかべ防衛隊の面々の姿が見ものだ。

劇場版 第7作
『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』

日本の温泉を守る政府直属の秘密組織・温泉Gメンと、悪の科学者・ドクターアカマミレ率いる風呂嫌いテロ組織“YUZAME”の戦いに巻き込まれてしまった野原一家。なんと、野原家のある場所が、不思議なパワーを秘めた伝説の温泉“金の魂の湯”が出る場所だったのだ! 野原家目指し進撃するYUZAMEの巨大ロボットを、しんのすけたちは食い止めることができるのか!? そして、温泉の精・丹波とは何者なのか!?
原恵一監督による劇場版第7作は、巨大ロボットこそ登場するものの、正しくは“SF映画”というより“怪獣映画”。巨大ロボットは『ゴジラ』を意識しており、出現にあわせて『ゴジラ』のメインテーマが流れ、対する自衛隊の戦車部隊が進撃するときは「怪獣大戦争マーチ」が流れる。原監督たっての願いを作曲家の伊福部昭さんサイドが快諾して使用に至った。温泉の精・丹波を演じたのは、『007』にも出演した大俳優・丹波哲郎。

今回紹介した過去4作品の予告編はこちら!

<発売情報>

映画 クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ
2017/11/10発売
BD ¥4,800(税抜)/DVD ¥3,800(税抜)

<発売情報>

映画 クレヨンしんちゃん DVD-BOX 1993-2016
好評発売中
¥33,333(税抜)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

「クレヨンしんちゃん」関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE