ニュース | 超時空要塞マクロス

2月24・25日開催「ワルキューレ 3rd LIVE 『ワルキューレは裏切らない』 at 横浜アリーナ」 オフィシャルレポート到着!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SANKYO presentsマクロスΔ 戦術音楽ユニットワルキューレ 3rd LIVE『ワルキューレは裏切らない』 at 横浜アリーナ」2月25日(日)オフィシャルレポート到着!

2018 年 2 月 9 日から公開されている『劇場版マクロス Δ 激情のワルキューレ』、そしてニューシングル「ワルキューレは裏切らない」のリリースを経て、約 1 年ぶりに横浜アリーナのステージにワルキューレ(美雲 ΔJUNNA、フレイア Δ 鈴木みのり、カナメ Δ 安野希世乃、レイナ Δ 東山奈央、マキナ Δ ⻄田望見)が帰ってきた。しかも 2nd ライブと同じく2DAYS での開催。最終日となる 25 日は、日本各地・香港・台湾・韓国の映画館でライブビューイングも行われた。

会場の横浜アリーナには、立ち見も含めて多くのファンが詰めかけ、ライブの開始を待っている。ウィンダミア王国のハインツ王子の風の歌が響き渡ると、横浜でのヴァール発生危険率が上昇。それを沈静化させるべく戦術音楽ユニット・ワルキューレがステージに降り立った。ワルキューレのメンバーがバルキリーに乗り込むカッコいい新規オープニング映像が巨大スクリーンに映し出されると、会場のボルテージが上昇。“Welcome to Walküre World”というハ ーモニーから 5 人のシルエットがステージに現れ「恋!ハレイション THE WAR」を歌い始めると、大きな歓声と“デカルチャー”の大合唱が巻き起こる。その熱狂のまま、軽快な自己紹介ナンバー「ようこそ!ワルキューレ・ワールドへ」で、会場はさらなる一体感に包まれた。

最初の MC で、ワルキューレの 2017 年の活動を振り返ったあとは幻惑的な新曲「チェンジ!!!!!」へ。主メロを歌っていたかと思えば、いつの間にかコーラスに変わっているという目まぐるしいボーカルワークの歌を、これまた目まぐるしくフォーメーションが変わるダンスをしながら歌う。しかも振り付けは劇場版での迫力のライブシーンを再現しているというのだから圧巻だ。5 人が最高のパフォーマンスを繰り広げたあとは「Absolute 5」へ。この曲にある“ひとりでも欠けたら 意味を失ってしまうから”という歌詞が、ここまで走り続けてきた 5 人の想いや絆を表していると言えるだろう。

ステージの後ろ一面に星空が広がり、まるで宇宙にいるかのような雰囲気の中で歌われた「風は予告なく吹く」では、フレイアΔ鈴木みのりと美雲ΔJUNNA が魂を震わす歌声を響かせる。そして 6 曲目「NEO STREAM」の途中からは 5 人それぞれが移動用マルチドローン(=トロッコ)に乗り込み客席を自由に行き来すると、「LOVE! THUNDER GLOW」では美雲とフレイアが、「ジリティック♡BEGINNER」ではレイナとマキナが観客の近くまで行って歌を届ける。

ライブ中盤、大きな花火の爆発音と共に、カナメΔ安野希世乃、レイナΔ東山奈央、マキナΔ⻄田望見の 3 人が「涙目爆発音」を熱唱すると、今度はペンライトで作り上げた雪が降りしきる中、「God Bless You」をフレイア Δ 鈴木みのりが歌う。平均寿命が 30 年というウィンダミア人であるフレイアのことを思うととても切ない歌詞なのだが、誰かを愛せる幸せを噛みしめるように優しい表情で歌っていたのが印象的だった。

再び移動用マルチドローンで会場狭しと移動して熱唱した「Walküre Attack!」のあとは、「AXIA〜ダイスキでダイキライ〜」をカナメ Δ 安野希世乃が歌う。バックのスクリーンで流れた Δ 小隊のエースパイロット・メッサーと、ウィンダミアの“白騎士”・キースとの一騎打ちの名シーンは、アニメ映像とのシンクロが、より大きな興奮を生む。そして「GIRAFFE BLUES」は殉職したメッサーに、フレイア、美雲、最後にカナメが追悼の歌を捧げる。物語とのリンク感を大事にしたワルキューレらしいライブ演出だった。

ムーディーな「愛・おぼえていますか」のインスト演奏のあと、衣装チェンジをしてからの後半は、さらに大きな仕掛けが待ち構えていた。「ワルキューレがとまらない」を歌っていると、突如ステージが動き出す。メンバーがパフォーマンスをしたまま、そのステージは、観客席のはるか上空を移動していく。空間を立体的に使った演出はマクロスシリーズならでは。マクロス作品の劇中で繰り広げられるライブは、観客が上空を見上げて熱狂しているシーンが非常に多い。それが現実でも再現されるという驚き。会場の後方まで到達したステージ上で歌われたのは美雲だけでなく、フレイアが 2 コーラス目のメインを取る「いけないボーダーライン〜Album Ver.〜」。そして、会場のど真ん中でパフォーマンスした「一度だけの恋なら」、圧倒的な 5 人のハーモニーが光る「絶対零度 θ ノヴァティック」。「破滅の純情」では、ステージの真下にいる観客に手を振るなど余裕すら感じられた。

会場を熱狂させる歌の力を見せつけたのあとは、新曲を 2 曲続けて披露。「Absolute 5」の作詞・作曲コンビが作った「ワルキューレは裏切らない」は、強烈なインパクトを誇る 1 曲。ワルキューレがなぜ歌でヴァールを沈静化できるのか、なぜこんなにもファンを熱狂させるのか。それはファンやメンバーの信じる気持ちに応えて歌い続けてきたからだと感じた。そんなワルキューレの新たなパワーナンバーを叩きつけると、続くは劇場版でもエンディングを飾った「Dancinʼ in the Moonlight」。美しいハーモニーあり、ラップあり、複雑なボーラスワークありの賑やかなダンスナンバー。思えばライブのスタートからメンバーが笑顔で楽しんでいる姿が印象的だった。深まった 5 人の絆、そしてそれぞれの成⻑がそうさせたのだろう。それだけに、この曲でライブを笑顔で締めくくることが、今のワルキューレらしく感じた。

アンコールでは両日共にゲストが登場! 1 日目はシェリル・ノーム starring May'n が「ダイアモンド クレバス」を美雲 ΔJUNNA と一緒に、さらに「僕らの戦場」をワルキューレと共に歌い、会場を興奮の坩堝に巻き込んだが、2 日目はランカ・リー=中島愛が登場。「星間飛行」をフレイア Δ 鈴木みのりと歌うと、もう 1 曲「アナタノオト」をソロで披露、さらにワルキューレの 5 人と「不確定性☆COSMIC MOVEMENT」をコラボ。時空を超えた奇跡の共演に、観客も酔いしれた。

ダブルアンコールでは、メンバーがワルキューレへの思い、このライブへの思い、そしてファンへの感謝の気持ちを言葉にして届けると、最後はムービングステージ&トロッコを総動員しながら、お馴染みの「ルンがピカッと光ったら」で、横浜アリーナを突き抜けて銀河に届くほどの大合唱が響かせ、みんなで「ゴリゴリアタック!」と言って、最高に楽しい3rdライブを締めくくった。

「2nd ライブがすごく良かったので、それを越えられるのかドキドキでした。でも、(2nd より)もっといいライブができたんじゃないかと思います。TV シリーズでは少しだけ心残りがあったマキナに、劇場版でもう一度命を吹き込むことができて、今度は、本当にマキナになれたんじゃないかと思います。私にまたマキナを演じさせてくれたのは、みなさんの応援のおかげです。もう一度わがままを言うなら、またワルキューレでライブがしたいです。これからもマクロスシリーズの応援をよろしくお願いします!」(⻄田望見)

「メンバーのみんなに本当に感謝しています。最後のリハで、JUNNA ちゃんが果てるまで歌いますと言っていたのに心を動かされて、私は果てるまで動こう!と思って、足が子鹿になるまで踊ったつもりです。劇場版を見て、キャラクターも私たちもユニットとして真の意味で一つになれたからこそ、これからワルキューレ・ワールドは始まっていくんだなと思いました。チームとしても個人としても成⻑して、また皆さんにお会いしたい気持ちでいっぱいです!また会える日を信じて、その日まで応援よろしくお願いします」(東山奈央)

「この場所に戻ってこれるなんて想像してなかったので、ライブをすると聞いたときは本当に嬉しかったです。プレッシャーもあったけど、それ以上に楽しみのほうが大きかったので、2日間無事にやって来れて良かったと思っています。このライブの目標が、『ワルキューレは裏切らない』の歌詞にあるように“果てるまで”歌うことでした。それが届けられていたらと思います。劇場版の美雲を見て、歌を歌う意味を教えられたと感じました。この 5 人だったからこそ最高のワルキューレでいられたと思います。これからもこの声が果てるまで、美雲として歌い続けたいと思います」(JUNNA)

「人生でこんなに楽しいことってあるんだってくらい、幸せで楽しかったです。去年の横アリは、これでワルキューレが止まってしまうんじゃないかと思ってやっていました。でも劇場版があって、ここに戻ってくることができて、本当にフレイアの言う通り“飛べば飛べる、やればできる”だなって。フレイアの言うことは本当なんだなって。自分で言うのも何ですが、ワルキューレはフレイアの言葉を証明したんじゃないかと思います。私はフレイアの気持ちと共にあ り続けます。どこまでもフレイアと共に歌い続けます。もう一度ここに立たせてくれて、本当に本当にありがとうございます」(鈴木みのり)

「劇場版を見たときに、『マクロスΔ』はマクロスシリーズの歴史に名前を連ねることができたと実感することができました。私たちと一緒に、ワルキューレと『マクロスΔ』と一緒にデルタの世代を走ってくださってありがとうございます! この 5 人のワルキューレで、ワルキューレの歌を歌うことが本当に好きなんだと思いました。歌は命そのものだから、またステージの上で皆さんにお会いできたらと思います。その日まで応援よろしくいたします!」(安野希世乃)

【2018 年 2 月 25 日(日)セットリスト】
01. 恋!ハレイション THE WAR
02. ようこそ!ワルキューレ・ワールドへ
03. チェンジ!!!!!
04. Absolute5
05. 風は予告なく吹く
06. NEO STREAM
07. LOVE! THUNDER GLOW
08. ジリティック・BEGINNER (“・”は、ハートマーク)
09. 涙目爆発音
10. God Bless You
11. Walkure Attack!
12. AXIA〜ダイスキでダイキライ〜
13. GIRAFFE BLUES
14. 愛・おぼえていますか(Instrumental)
15. ワルキューレがとまらない
16. いけないボーダーライン〜Album ver.〜
17. 一度だけの恋なら
18. 絶対零度 θ ノヴァティック
19. 破滅の純情
20. ワルキューレは裏切らない
21. Dancinʼ in the Moonlight

-encore-
22.星間飛行
23.アナタノオト
24.不確定性☆COSMIC MOVEMENT
25.ルンがピカッと光ったら

『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』ボーカルトラック集『ワルキューレは裏切らない』好評発売中

「劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ」の主題歌、挿入歌を集めた“全 A 面シングル”。
12cm シングル / VTCL-35269
1,500円(税込)

01. ワルキューレは裏切らない
作詞 : 喜介 作曲・編曲:渡辺拓也 ストリングス編曲 : 倉内達矢

02. チェンジ!!!!!
作詞 : 岩里祐穂 作曲・編曲:Rasmus Faber

03. Dancing in the Moonlight
作詞:北川勝利・acane_madder 作曲:北川勝利 編曲:北川勝利・acane_madder
ストリングス編曲 : 宮川 弾

<ボーナストラック>
04. ワルキューレがとまらない〜without Freyja〜
作詞 : 唐沢美帆・加藤裕介 作曲・編曲:加藤裕介
ほか、各曲の Instrumental も収録

発売:フライングドッグ
販売:JVC ケンウッド・ビクターエンタテインメント
詳しくは、フライングドッグ公式ホームページ http://www.jvcmusic.co.jp/flyingdog/ にて

 

マクロス公式ホームページ macros.jp (PC、スマートフォンのみ)

『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』

劇場版概要

【タイトル】
劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ

【公開日】
2018年2月9日(金)よりTOHO シネマズ 新宿、TOHO シネマズ 上野ほかにて大ヒット上映中!
※2018年2月17日(土)よりディノスシネマズ札幌劇場&ディノスシネマズ旭川にて上映開始!
※上映劇場:マクロス公式ホームページ macros.jpをご確認ください

 


▼マクロス 公式サイト
http://macross.jp/
▼マクロス 公式Twitter
@macrossD

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.