ニュース | 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』

11月30日全国ロードショー『機動戦士ガンダムNT』主要キャスト4名登壇!初日舞台挨拶開催決定!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『機動戦士ガンダム』の宇宙世紀シリーズ最新作にして、大ヒットシリーズ『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が、11月30日より全国90劇場でロードショーされます。

その公開初日となる11月30日に、主要キャスト&スタッフ登壇の初日舞台挨拶の開催が決定致しました。

また、『機動戦士ガンダムNT』の公開に先駆け、『NT』のストーリーにもつながる3作品「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「機動戦士ガンダムF91」「機動戦士ガンダムUC ep.7 虹の彼方に」を上映するオールナイト上映の開催も決定致しました。

主要キャスト&スタッフ登壇 初日舞台挨拶 開催決定!

【日程】
11月30日(金)

【会場】
丸の内ピカデリー
(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン9F)

【登壇者】
榎木淳弥(ヨナ・バシュタ役)、村中知(ミシェル・ルオ役)、松浦愛弓(リタ・ベルナル役)、梅原裕一郎(ゾルタン・アッカネン役)、吉沢俊一(監督)、福井晴敏(脚本)、小形尚弘(プロデューサー)
※登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。

【上映回】
16:50の回 上映後舞台挨拶 / 20:05の回 上映前舞台挨拶

【料金】
2,000円均一 ※別途手数料が発生する場合がございます。

【チケット発売情報】
<ローソンチケット・プレリクエスト先行(抽選)>
※事前にローソンチケット無料会員登録が必要となります。
・エントリー期間:11月6日(火)18:00〜11月12日(月)23:59
・当落発表・発券期間:11月16日(金)15:00~公演前まで
・受付方法:WEB/モバイルにて (PC/モバイル/スマホ) ≪URL:https://l-tike.com/gundam-nt
・決済方法:WEB予約 →クレジット決済 ・引取方法:店頭引取(全国のローソン・ミニストップ)
・申込枚数制限:お1人様4枚まで

<劇場一般発売(先着)>
※但し、限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。
・インターネット販売:11月19日(月)24:00〜【=11月20日(火)0:00〜】
劇場ホームページにて先行販売開始 丸の内ピカデリー( https://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/ )
・劇場窓口販売:11月20日(火)劇場OPENより販売 問い合わせ先:03-3201-2881(丸の内ピカデリー)
※11月20日(火)劇場OPEN時点で残席がある場合のみ販売
※劇場HP販売で完売の場合は販売ございません。
※尚、今後丸の内ピカデリーでの本作品の上映はございません。

【丸の内ピカデリー アクセス】

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「機動戦士ガンダムF91」「機動戦士ガンダムUC ep.7 虹の彼方に」オールナイト上映 11月16日(金)開催決定!

11月30日(金)に初日を迎える『機動戦士ガンダムNT』の公開に先駆け、オールナイト上映イベントの実施が決定しました。『NT』のストーリーにもつながる3作品「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「機動戦士ガンダムF91」「機動戦士ガンダムUC ep.7 虹の彼方に」を上映いたします。
『NT』公開を前に、本上映会に参加すれば予習もばっちり!奮ってお申込み下さい。

日時
11月16日(金) 22:40〜28:45(17日4:45)終了予定

場所
新宿ピカデリー(https://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/)
(東京都新宿区新宿3丁目15-15)

価格
3,500円均一
※SMT Membersクーポン・招待券・株主券・割引券利用不可

上映内容
「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「機動戦士ガンダムUC ep.7 虹の彼方に」「機動戦士ガンダムF91」

両イベント共に、詳細は公式サイトをご確認下さい。http://gundam-nt.net/

【新宿ピカデリー アクセス】

あらすじ

U.C.0097――。
『ラプラスの箱』が、『ラプラス事変』と呼ばれた争乱の結果として世に示されて一年が経過した。だが、ニュータイプの存在とその権利に言及した『箱』=『宇宙世紀憲章』の存在が明かされても、世界の枠組みに大きな変化はなかった。一方、『ラプラス事変』において、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』は一時的に瓦解し、活動は停滞。また、争乱における主役となった“ユニコーンガンダム”と呼ばれる2機のモビルスーツは、人智の及ばぬ能力を発揮したことで危険視され、秘密裏に封印されていた。しかし、2年前に消息不明となり、歴史から抹消されていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を見せる。“フェネクス”と称されるその機体を巡り、再び動き出す人々。フェネクス争奪戦には、地球連邦軍や『袖付き』だけでなく、アナハイム・エレクトロニクス社とも関連の深い大企業、ルオ商会も介入する。
新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」を投入した彼らの真の目的とは......。

キャスト

ヨナ・バシュタ:榎木淳弥/ミシェル・ルオ:村中 知/リタ・ベルナル:松浦愛弓/ゾルタン・アッカネン:梅原裕一郎/ミネバ・ラオ・ザビ:藤村 歩/ブリック・テクラート:古川 慎/マーサ・ビスト・カーバイン:塩田朋子/モナハン・バハロ:てらそままさき/イアゴ・ハーカナ:中井和哉/アバーエフ:山路和弘/フランソン:星野貴紀/アマージャ:佐藤せつじ/タマン:駒田 航/デラオ:荒井勇樹/パベル:島田岳洋/マウリ:玉野井直樹/ヨナ(8歳):中村文徳/ミシェル(8歳):横溝菜帆

スタッフ

企画・制作:サンライズ/原作:矢立 肇、富野由悠季/監督:吉沢俊一/脚本:福井晴敏/メインキャラクター原案:高橋久美子/キャラクターデザイン:金 世俊/メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司/色彩設計:すずきたかこ/CGディレクター:藤江智洋/モニターデザイン:佐山善則/美術監督:丸山由紀子、峯田佳実/特殊効果ディレクター:谷口久美子/撮影監督:脇 顯太朗/編集:今井大介/音響監督:木村絵理子/音楽:澤野弘之/アニメーション制作:サンライズ/配給:松竹

キャラクター

ヨナ・バシュタ

25歳。地球連邦宇宙軍所属。階級は少尉。『不死鳥狩り』作戦の増援として送り込まれたナラティブガンダムのパイロット。ミシェルとリタの幼なじみ。少年期にオーストラリアで被災した過去を持つ。

ミシェル・ルオ

25歳。ルオ商会特別顧問。略筮法での占いに長け、政財界から絶大な信頼を得る。『不死鳥狩り』作戦を展開するクラップ級宇宙巡洋艦ダマスカスに、増援のナラティブガンダムを伴って乗り込んでくる。

リタ・ベルナル

地球連邦宇宙軍所属。階級は少尉。消息不明となったユニコーンガンダム3号機フェネクスのパイロット。少女期にオーストラリアで被災し、奇蹟の子供達と呼ばれた過去を持つ。

ゾルタン・アッカネン

27歳。フェネクス捕獲を目論むジオン共和国軍の大尉。シナンジュ・スタインのパイロット。ネオ・ジオン残党軍『袖付き』の首魁フル・フロンタルと同様に、シャアの再来のひとりとして開発された強化人間。

ミネバ・ラオ・ザビ

ザビ家の遺児。航宙戦艦メガラニカ内のビスト邸を居所としている。

メカ

ナラティブガンダム

主人公ヨナ・バシュタが搭乗するアナハイム・エレクトロニクス社製MS。RX-93 νガンダムの前にサイコフレーム試験機として開発された経緯をもつ。特徴として各部の装甲が外されており、機体の内部フレームがむき出しになっている。試験機という出自から素体自体の武装は頭部バルカンのみで、『不死鳥狩り』作戦にはルオ商会の力を借り、複数の武装を換装して運用する。

ナラティブガンダム A装備

ナラティブガンダム B装備

シナンジュ・スタイン

『UC計画』においてサイコフレームの強度・追従性のテスト機として開発された試作MS。開発コードはスタイン01。U.C.0094、地球連邦宇宙軍所属のクラップ級巡洋艦ウンカイで輸送中に強奪されたとされている。

ユニコーンガンダム3号機フェネクス

試験用試験用に先行納入されたフル・サイコフレームの素体をもとに、白い1号機と黒い2号機の製造データを反映して組み上げた金色のユニコーンガンダム3号機。U.C.0095、暴走事故を起こし、行方不明となっている。

UC NexT 0100とは

U.C.0093、シャア・アズナブルとアムロ・レイの因縁に決着が付けられた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』をひとつのターニングポイントとして、宇宙世紀“次の100年”を魅力的に描くためにサンライズが中心となって立ち上げられた一大プロジェクトです。U.C.0096『機動戦士ガンダムUC』、そしてU.C.0097『機動戦士ガンダムNT』――。『UC NexT 0100』の出発点となるこれら2作品を皮切りに、これまでアニメーションとしては『機動戦士ガンダムF91』(U.C.0123)、『機動戦士Vガンダム』(U.C.0153)以外では描かれてこなかった宇宙世紀の歴史を、アニメはもちろん、コミックや小説、ゲームなど様々なメディアを用いて改めて開拓、展開していく内容です。2018年11月30日に公開される『NT』を先駆けとして、2019年にはU.C.0090年代後半を描いた作品、さらにはその先のU.C.0100年代を描いた作品を準備中です。『機動戦士ガンダム』の放送から40周年となる2019年を来年に控え、SFロボットアニメを牽引してきた『ガンダム』シリーズの未来を照らしていきます。


▼『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』 公式サイト
http://gundam-nt.net/
▼『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』 公式Twitter
@g_narrative / 推奨ハッシュタグ: #ガンダムNT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© BANDAI NAMCO Arts Inc. All Rights Reserved.