aj2017main
  • |
  • AnimeJapan 2017

来場者数14万人超、日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2017」! バンダイナムコ映像音楽グループブース レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメのすべてが、ここにある。2014年から毎年3月下旬に行われている日本最大級の総合アニメーションイベント「AnimeJapan 2017」が、東京ビッグサイトにて2017年3月25日(土)・26日(日)の2日間にわたって開催され、前回比107%となる過去最多の総来場者数145,453人の動員を記録するなど大盛況を博した。そこで今回は、バンダイビジュアルがサンライズ・バンダイナムコピクチャーズ・バンダイナムコエンターテインメント・ランティス・バンダイナムコライツマーケティングの5社と合同で出展した「バンダイナムコ映像音楽グループブース」の模様をレポートする。

■「AnimeJapan 2017」バンダイナムコ 映像音楽グループブース
  レポート&スペシャルPV <Full Version>【※4月24日18時までの限定公開】


■「AnimeJapan 2017」バンダイナムコ 映像音楽グループブース
  レポート <Short Version>


特大スクリーンでは人気作品のスペシャル映像や新作の最新PVを上映!

本イベントには、バンダイビジュアルもサンライズ・バンダイナムコピクチャーズ・バンダイナムコエンターテインメント・ランティス・バンダイナムコライツマーケティングの5社と合同で「バンダイナムコ映像音楽グループブース」を出展。ブースの最大の見どころとなったのは、ワイド12mに及ぶ特大LEDスクリーンでの映像体験。『機動戦士ガンダム』シリーズはもちろん、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』、『ラブライブ!サンシャイン!!』などのスペシャル映像をはじめ、『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』といった2017年注目の新作に関する最新映像を上映。多くの方がスクリーンの前で足を止め、映像を食い入るように見つめていた。

ブース内の展示コーナーでは趣向を凝らした展示でファンを魅了!

ブース内では作品の魅力がたっぷり詰まった展示コーナーを実施。キャストサイン入り鉄華団シャツが展示された『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』コーナーをはじめ、シリーズ10周年の軌跡やキャスト寄せ書きサイン入りパネルが展示された『コードギアス 反逆のルルーシュ』コーナー、新番組コーナーや劇場作品コーナーなど、作品のビジュアルや展示物がブース内はもちろん、壁面や裏側までを彩った。さらに、イラストレーターの加藤直之氏による【ヤマト&アンドロメダ】のライブペインティングが実施された『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』コーナーには多くのファンが駆けつけ、大きな盛り上がりを見せていた。その他にも『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』のノルミン、『ガールズ&パンツァー』のボコといった人気マスコットキャラクターの着ぐるみが登場、多くの人がスマホ片手に記念撮影していた。さらには、『ガールズ&パンツァー』のスタンプラリーや、4月放送スタートのTVアニメ新番組『ID-0』や『アリスと蔵六』のコスプレイヤー撮影会など、盛りだくさんの内容となった。

ブースでは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の三日月・オーガス、
「ラブライブ!サンシャイン!!」のしいたけがあしらわれた手提げで最新情報を配布しました

豪華キャスト&スタッフが作品の魅力をお届けした愛のトークショー!

また、オープンステージでは全七章のうち第一章「嚆矢篇」の劇場上映がスタートし、Blu-ray&DVD第1巻が発売されたばかりの『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』のトークイベント「宇宙戦艦ヤマト2202 愛のトークショー」が、3月26日(日)に行われた。イベントには古代進役の小野大輔さんに加え、監督の羽原信義さん、シリーズ構成の福井晴敏さんがゲストとして登壇し、本作の魅力について熱く語り合った。

●「宇宙戦艦ヤマト2202 愛のトークショー」の詳細レポートはコチラをチェック!

多くのファンが会場に駆けつけ、大盛況のうちに幕を閉じたアニメの祭典「AnimeJapan 2017」。今回「バンダイナムコ映像音楽グループブース」まで足をお運び頂きましたみなさま、誠にありがとうございました。次回の「AnimeJapan 2018」は、2018年3月24(土)・25日(日)、東京ビッグサイトにて開催予定です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

その他関連記事一覧

もっと見る

その他おすすめの注目記事

ARCHIVE